岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

『短歌』『短歌研究』 短歌年鑑 回顧と展望、歌壇展望より

2014年12月31日 | 総合誌・雑誌の記事や特集から
2014年もはや大晦日。この一年を振り返って、『短歌』と『短歌研究』の短歌年鑑を、読み直しました。今年最後の投稿です。 . . . 本文を読む

書評:『寵歌變』塚本邦雄歌集 短歌新聞社刊

2014年12月31日 | 書評(文学)
「前衛短歌」を牽引した塚本邦雄。生涯に、24冊の歌集を刊行しました。詠んだ作品の数は、計り知れません。『塚本邦雄全集』が刊行されていましが、全集を買わないでも、塚本の作品の全体像を掴める歌集があります。それが本書です。 . . . 本文を読む

書評:『初期の蝶/「近藤芳美をしのぶ会」前後』岡井隆歌集

2014年12月30日 | 書評(文学)
「現代短歌のエポックメーカー」「鬼才」「前衛短歌の旗手」などと呼ばれる岡井隆。何を考えているのかわからないところがあります。その岡井隆の歌業を俯瞰するような歌集があります。それが本書です。 . . . 本文を読む

「ブナの木通信(「星座」72号より)

2014年12月29日 | 茂吉と佐太郎の歌論
「星座」72号が発行されました。今号も選者の作品の作品批評「ブナの木通信」が掲載されました。作品批評は、斎藤茂吉と佐藤佐太郎の歌論を踏まえて、評価の基準としています。 . . . 本文を読む

2014年の作品より5首抄出

2014年12月28日 | 最近の作品(年次別)
2014年も終わろうとしています。今年を振り返って、今年の作品から、5首を抄出しました。 . . . 本文を読む

総括:2014年:短歌を巡って

2014年12月27日 | 作歌日誌
2014年もあとわずかとなりました。この辺で、今年の総括をしたいと思います。 . . . 本文を読む

「詩人の聲」:2014年12月

2014年12月25日 | 短歌の周辺
「詩人の聲」。12月は6人の「聲」を聴きました。その印象をまとめました。 . . . 本文を読む

「霧が丘短歌会」:2014年歳晩

2014年12月24日 | 霧が丘短歌会
「霧が丘短歌会」12月歌会が、12月22日に開催されました。その報告です。 . . . 本文を読む

書評:歌集『古道巡行』喜村逸郎 著 現代短歌社 刊

2014年12月21日 | 書評(文学)
「運河の会」の先輩から、歌集を贈られました。現代短歌社刊『古道巡行』です。拙著『佐藤佐太郎』で「純粋短歌論」に学ぶ者が「100人いれば100通りの新風が現れるはずだ。」と書きましたが、この歌集は主題の明確な、個性的な歌集です。 . . . 本文を読む

斎藤茂吉『赤光』の作品を巡って(歌人に問われているもの)

2014年12月19日 | 斎藤茂吉の短歌を読む
斎藤茂吉の第一歌集『赤光』。茂吉の代表歌集ですが、この歌集の作品や、詠風を巡ってしばしば、議論となります。詩人も、この歌集の作品を、評価していますが、歌人の言い様と、詩人の評価が、必ずしも一致しません。これは詩人から、歌人への問いかけ、問題提起と思います。 . . . 本文を読む

「運河の会」2014年 年末記念会

2014年12月18日 | 「星座の会」「星座α」
「運河の会」2014年年末記念会(忘年会)が、東京アルカディア市ヶ谷で、開催されました。その報告です。 . . . 本文を読む

「運河の会」かながわサロン:2014年12月

2014年12月17日 | 「星座の会」「星座α」
「運河の会」かながわサロンが、12月13日に、横浜で開催されました。その報告です。 . . . 本文を読む

今年の『現代短歌』7月、8月号より「結社の力」

2014年12月16日 | 総合誌・雑誌の記事や特集から
今年の『短歌現代』を改めて拾い読みsきていたところ、興味深い特集記事に出会いました。7月号、8月号の「結社の力」という特集です。 . . . 本文を読む

天童大プロデュース「詩人の聲」に参加します(16回目)

2014年12月15日 | 作歌日誌
天童大人プロデュース「詩人の聲」。今回で16回目の参加となります。前回は聲に変調をきたしましたので、今回はそのリベンジです。 . . . 本文を読む

「われの肖像」: 『運河』377号より巻頭詠10首

2014年12月14日 | 岩田亨の短歌自註
「運河」377号に、巻頭詠10首を出詠しました。自分を見つめて、作歌しました。 . . . 本文を読む