岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

今度の震災でわかったこと:メガロポリスを東北地方が支えている

2011年04月29日 | エッセイ
「東関東大震災」で東北地方との陸路が寸断されました。これが被災地支援の壁になりました。しかし逆に分かったこともあります。それは首都圏が東北地方に依存しているということです。それは・・・。 . . . 本文を読む

法隆寺夢殿を詠う・佐藤佐太郎の短歌

2011年04月28日 | 佐藤佐太郎の短歌を読む
法隆寺西院にある夢殿。六角堂で建物の珍しさに目を奪われるものですが、佐太郎はここで雨の滴の音に耳を澄まします。そんな一首を。・・・ . . . 本文を読む

心中を厭う歌・斎藤茂吉の短歌

2011年04月27日 | 斎藤茂吉の短歌を読む
斎藤茂吉は精神科医ですが、人の死に幾度も出合います。そんな茂吉の死生観の一端をうかがわせる一首です。・・・ . . . 本文を読む

僕も震災の被災者になった:今度の震災で

2011年04月26日 | エッセイ
一日中短歌のことを考えている僕ですが、そういう僕も今回の震災の「被災者」のひとりになってしまいました。勿論、公的なものではありませんが、それだけ広域災害となったということでしょう。・・・ . . . 本文を読む

短歌作品の批評:茂吉・佐太郎の論をふまえて

2011年04月25日 | 茂吉と佐太郎の歌論
このところたて続けに作品批評を書きました。「運河」誌上の約80人の作品と、「星座α」の約30人の作品。合計で700首近くについてです。両誌とも「斎藤茂吉と佐藤佐太郎の歌論と実作に学ぶ」という目標があるので、作品批評もそれにもとづいて書いたのですが。・・・ . . . 本文を読む

15年戦争は避けられなかったか

2011年04月24日 | 歴史論
「歴史に if はない」と言われます。また歴史に「たら」「れば」はないとも言われます。しかし歴史過程は「運命」によってあらかじめ定められたものではありません。戦争の問題も同じだと僕は思います。・・・ . . . 本文を読む

尾瀬を詠う・佐藤佐太郎の短歌

2011年04月20日 | 佐藤佐太郎の短歌を読む
尾瀬。福島・群馬・新潟にまたがる高層湿原で、国の天然記念物です。ハイキングコースとしては、定番なのですが。・・・ . . . 本文を読む

北上川の水のひびきを詠う・斎藤茂吉の短歌

2011年04月19日 | 斎藤茂吉の短歌を読む
北上川。岩手県のほぼ中央を南北に流れ仙台湾にそそぐ大河ですが、古代から人間の生産活動の中心でした。古くは「日高見川」と呼ばれたそうですが。・・・ . . . 本文を読む

津波の教訓は古代史のなかにあった

2011年04月18日 | 歴史論
東日本大震災の大津波。予想を超えるものと言われますが、かつて同程度の地震と津波があったのは古代史のなかにかくれていました。・・・ . . . 本文を読む

第二歌集「オリオンの剣」解題

2011年04月17日 | 岩田亨の短歌自註
「オリオンの剣」は僕の第2歌集です。その内容の構成についてご紹介しましょう。・・・ . . . 本文を読む

原子力発電所の歌:塚本邦雄の短歌

2011年04月15日 | 私が選んだ近現代短歌の一首
原子力発電所。今度の震災で「原子力災害」を引き起こしていますが、短くて数週間、長くて数か月、放射性物質を出しつ続けるという見通しが出されています。そういったことをいちはやく短歌作品に詠み込んだ短歌作家がいます。塚本邦雄です。 . . . 本文を読む

「アララギ」の歴史の中の伊藤左千夫

2011年04月14日 | 短歌史の考察
「アララギ」(根岸短歌会)といえば、正岡子規ー伊藤左千夫ー島木赤彦・斎藤茂吉・土屋文明という子弟関係が一般に言われています。しかし、歌論の上からも、実際上も伊藤左千夫は「異色」なそ存在です。それでいて、「アララギ」草創期に重要な役割を果たしています。そのあたりのことをまとめてみました。・・・ . . . 本文を読む

関東大震災の教訓:流言蜚語・テロ・戦争への道

2011年04月11日 | 歴史論
地震などの大規模災害でおそろしいのは「流言飛語」です。大正時代の関東大震災では、文字通り人間の命を左右しました。そして経済への悪影響も広がりを防げませんでした。これにも、不用意な発言や群集心理が働いていました。・・・ . . . 本文を読む

佐藤佐太郎:地震を詠う

2011年04月10日 | 佐藤佐太郎の短歌を読む
佐藤佐太郎の作品には「事件」を題材とした作品があまりありません。事件性よりも「自己凝視」を作歌の基本としたからです。そのなかに地震の歌を見つけました。それは・・・ . . . 本文を読む

関東大震災を詠う:斎藤茂吉の短歌

2011年04月09日 | 斎藤茂吉の短歌を読む
「東日本大震災」は、地震・津波・原子力災害・広域被害と、かつてない大惨事となりました。1923年(大正12年)の関東大震災に思いが及ぶのですが、斎藤茂吉はこのことを留学先で知り、作品に残しています。・・・ . . . 本文を読む