岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

旧仮名のこと:斎藤茂吉の歌論の深化を考える

2012年01月21日 | 新カナ・旧カナ
福島第一原発の原子力災害を記に「原子力村」という語が広まりました。改めて考えると短歌界にも「短歌村」と呼ぶべきものがあるように思うのですが、どうでしょう。「村」の掟は「文語と旧仮名」です。・・・ . . . 本文を読む

短歌表記についての一考察:かな遣い

2011年01月21日 | 新カナ・旧カナ
短歌の表記の仕方に、旧カナと新カナがあります。僕は選べるときには新カナを使うことにしています。昨年、「詩歌のかな遣い-< 旧カナ >の魅力」をテーマとして、岩手県の「日本現代詩歌文学館」でシンポジウムが開かれましたが、何かこうストンと胸に落ちないものがあるのですが、それは・・・。 . . . 本文を読む

新カナに「問題点」はあるのか:短歌の表記をめぐって

2010年05月13日 | 新カナ・旧カナ
「短歌には旧カナを」との意見を持つかたから、資料を頂きました。旧カナにこだわる方の根拠が列挙されていました。旧カナにこだわる理由がよく分かったのですが、戦後生まれの僕としては首をかしげたくなることも多く・・・ . . . 本文を読む