岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

詩における固有名詞・・・校歌の歌詞を考える

2009年08月09日 | 多摩高20期同窓会
小学校、中学校、高校、大学と四つの校歌を歌って来ました。その中でこの頃やけに高校の校歌が思い出されます。その理由はどうも歌詞にありそうです。「歌詞から見た校歌の考察」。個人的思い出話になりそうですが、お耳を拝借・・・。 . . . 本文を読む

時間は確かに動いている・・神奈川県立多摩高等学校20期、32年ぶりの同窓会

2009年07月27日 | 多摩高20期同窓会
今年、母校(神奈川県立多摩高)の同窓会に32年ぶりに参加しました。嬉しいやら、驚くやら。人間の資質というものはこういうものか、とあらためて感じました。短歌などの表現活動をするときの参考になろうかと思いました。・・・ . . . 本文を読む

神奈川県立多摩高等学校の3年間と僕の文芸

2009年07月20日 | 多摩高20期同窓会
「学校で習った事なんて、いつ活きて来るか分からないもの」。32年ぶりの同窓会でしみじみそう思いました。「それが短歌とどう関係があるか。」ですって?まずはご一読下さい・・・。 . . . 本文を読む

< グレゴリオ暦 >  最近の作品から

2009年07月16日 | 多摩高20期同窓会
 最近の私の作品をご紹介します。この中の8首は、神奈川県立多摩高等学校20期同窓会のブログでもご紹介したものです。表記は新カナに統一しました。(2009年6月選)・・・ コメントの書き込みスペースがいっぱいになりました。 . . . 本文を読む

多摩高20期同窓会によせて作品10首

2009年07月12日 | 多摩高20期同窓会
短歌は詞書や解説なしで一首独立したものとして詠まれるべきものと思っています。しかし32年ぶりの同窓会で出来た作品は、詞書をいれてさながら短編小説のようになりました。僕としても初めての試みです。同窓会のブログに投稿したものをもとにしましたが、レイアウト・漢字の表記・助詞の入れ替えなどを行いました。・・・ . . . 本文を読む