気ままな毎日~風の吹くまま 気の向くままに~

日々の子どもの成長や大好きなモノ作りを気の向くままに更新中。
いつも見てくれる方も偶然通りかかった方も気軽にどうぞ♪

アキラとあきら〜池井戸潤

2017-06-24 17:43:01 | 読書日記
文庫本だけど分厚く、読みごたえあり。
二人のあきらが登場するが、生まれた境遇も背負ったものも違う。それぞれの生い立ちから話は進んでいくので、何の話かも途中までわからなかった。でも、二人の人生が交差したあたりから、物語がぐっと深くおもしろくなった。二人の熱い戦いは感動。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三毛猫ホームズの春〜赤川次郎

2017-06-19 22:54:09 | 読書日記
春に起きた短編4本。結婚披露宴に、新婚家庭、同窓会に、泥棒と舞台はあちこちに。
短編だからなのか、あっさりとした春風のよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三毛猫ホームズの運動会〜赤川次郎

2017-06-18 10:51:18 | 読書日記
短編5本とショートショート。警察官の集まる運動会に、逮捕した犯人が逃走して復讐に向かう。またしてもホームズが軽やかに解決。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三毛猫ホームズの怪談〜赤川次郎

2017-06-18 10:43:46 | 読書日記
化け猫とはいかないまでも、事件に猫やしきが絡んでくる。
石津さんが新しく引っ越しをし、その新居を訪ねるところで事件に出くわす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の日のぶたぶた〜矢崎存美

2017-06-18 10:37:52 | 読書日記
山崎ぶたぶたさん。なんか今まで読んだぶたぶたさんよりも控えめな感じ。
でも、優しさは変わらず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食堂つばめ〜矢崎存美

2017-06-14 23:35:04 | 読書日記
なんとも不思議なお話。気がついたら新幹線の中っぽい。どこへ向かうのか、何もわからない。でも、「大変なことがあったら食べろ。食べることを強く願え」と言われたことを思いだし、食堂車へ。そこで食べた玉子サンドが忘れられず、それがきっかけで不思議な世界を行き来できるようになる。

読みやすく、ぶたぶたさんの優しさが感じられる気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三毛猫ホームズの騎士道〜赤川次郎

2017-06-06 23:25:08 | 読書日記
舞台はドイツの古城。なぜか片山さん一行がドイツへ?
そこは場所が変わってもホームズの活躍は変わらない。命を救う場面が何度も。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校のぶたぶた〜矢崎存美

2017-06-05 22:14:39 | 読書日記
山崎ぶたぶたさん。変わらず、ぶたのぬいぐるみ。中身は優しいおじさん。
今度はスクールカウンセラーとなって、中学校へやってきました。その特異な姿で子どもたちの心を掴んでいきます。

こんなカウンセラーさんだったら、あって話してみたいなぁと思わせるぶたぶたさん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドクターぶたぶた〜矢崎存美

2017-06-03 14:29:05 | 読書日記
内視鏡手術と言えば、県内随一のエキスパートがいる。それは、山崎ぶたぶた。名前の通り、ぶたのぬいぐるみ。あまりにもシュールな状況にわらってしまう。
でも、中身は優しく気さくなおじさん。見た目がぬいぐるみなだけ。それでも、その見た目に人は戸惑いを感じてしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三毛猫ホームズの用心棒〜赤川次郎

2017-05-29 17:06:06 | 読書日記
5作品の短編集。46作目。
ホームズはどんな場面でも、よく働いている。優秀な猫。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加