うぐいすの丘日記

趣味の家庭菜園や、草花、旅の様子をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新年のご挨拶

2017年01月03日 14時01分11秒 | Weblog
                    明けまして
                 おめでとうございます

穏やかな初春を迎えのんびりとしています。今年は喜寿を迎える歳ですが、この歳になると健康で過ごせること自体が人生そのものでしょう。昨年は人生初めての入院生活を経験し、健康であることの幸せさを痛感した年でした。「鶏口となるも牛後となるなかれ」と云いますが、それも現役の皆様に当てはまる言葉。小生に当てはまる言葉は「歳相応に生きよう、無理をしないで・・」でしょうか。ブログも無理をしないで細々と続けたいと思っています。本年もよろしくおねがいします。

多田神社の初詣

拙宅の近くには、源氏の始祖、清和源氏の発祥の地である源萬仲・頼光を祭神とする多田神社があり参拝した。


本殿。





拝殿。


随神門。


猪名川に架かる朱色の橋も鮮やかである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉吉の町と三朝温泉(5) | トップ | 春は名のみの・・箕面の滝に遊ぶ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無理をしないで (とみー)
2017-01-03 20:57:36
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします
ブログは無理をなさらず、気の向くままの更新で頑張って下さい。
今年もよろしく (うぐいすの丘)
2017-01-04 10:30:33
だんだんじり貧になって行くブログですが、ネタ探し・投稿に頑張りたいと思っています。同じところに行くのに抵抗もあり、ネタ探しに苦労するのですが、ボチボチやります。貴兄のパワーには感心しています
倉吉と三朝 (ひろしです)
2017-01-07 16:00:59
明けましておめでとうございます。
「倉吉の町と三朝温泉」を大変懐かしく拝見いたしました。
かつて現役の頃、山陰地方(島根、鳥取)を担当していた折、倉吉、三朝もコ-スの一つでした。
静かな佇まいの「蔵の町」倉吉、「打吹童子の昔話」、(天女と童子の物語で、天に帰った天女を太鼓と笛で打つ、吹き、戻ってほしいと願った物語だそうです。)
「打吹だんご」という三色のだんごも有名です。
鳥取県は市は4ヵ所のみで(鳥取、倉吉、米子、境港)倉吉だけがやや内陸寄りなわけですが、倉吉から鳥取市に移動する時は、一旦、海岸線に出て国道を東に向かうことが多いのですが、小生は、三朝温泉経由で山越えすることが多かったです。

山越えの途中に、ご指摘の三徳山三仏寺の国宝「投入堂」がありました。
断崖絶壁の窪みの中に建てられた姿は、異様というか不思議なものでした。

行き交う車も少なかったですが、山頂付近で見渡せる尾根の連なりや、かすかに見える日本海は、素晴らしいものでした。
懐かしいところを紹介して頂き、ありがとうございました。
次の更新を楽しみにしております。

初めての倉吉 (うぐいすの丘)
2017-01-10 21:34:31
三朝温泉は何度か訪ねた事があるのですが、いつも車でした。歳もとりJRで旅することが多くなり、倉吉で下車したのです。ブログネタに歩いたのですが、生憎の雨でほんんのちょっとの散策で残念でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。