あまちゃんの しーふー(西湖)日記 @ 杭州

2015年9月、ライター事務所が 中国・杭州に移転。
”あまちゃん”こと あまぎクンが異国での日々をつぶやきます。

明るい農村 (その5)

2017-05-05 15:53:51 | 旅行
朝おきて
部屋の窓から 外をながめると…

あれにみえるは"学校" ではないかい?


朝の散歩にくり出したとき、
あらためて見にいったら


そのとおり、小学校でした。
"好好学习 天天向上 " とあるね。
ドラマや映画でみたのと同じで
わくわくしちゃった (^o^)。

よくみると、

将軍さま? じゃなくって
毛沢東さんの写真があるね。

今はもう廃校になってるけど、
お友だちは昔、ここに通っていたらしいよ。


少し 周辺を散歩して


おうちに戻ったら


うわぁ、豪華な朝食だ。


この 芋粥がほんのり あま…くて
おいしかったよ。さつまいも、さといもに似たいもが 確認できました。


朝食後、

きのう 高橋村の歴史館に展示してあったのとほぼ同じ、(ぼけぼけでごめん!


時代物の食器棚を
お母さんにみせてもらいました。


上の棚にはなんと 残りのおかずが保存されていました。


まん中から下は 食器が並んでました。
風通しのいい 引き戸が面白いね。

ボクらは 7時半に観光地へ出発、
いったいどこへ行くのか?
よくわからないボクであります。


お父さんとお母さんが
笑顔で見送ってくれました。

*おまけショット*

中国のおうちの玄関の特徴といえば、

この真っ赤な"春联"(ちゅんりえん)。
おめでたい文字が書かれてあります。
これは弊マンションの一階のおうち。

今回、農家のお友だちの家にも

しっかり貼られてました。

観光に向かう途中に通った
商店街の散髪屋さんにも、

ちょっと雑ですが 貼ってありました。

それよりこの散髪屋、名前がいいねぇ。

头发乱了→ 頭髪乱了→ 髪が乱れた。
(なんちゅー名前や!)

つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明るい農村 (その4) | トップ | 明るい農村 (その6) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
興味しんしん (1go1ex)
2017-05-06 12:22:55
「明るい農村」の様子、興味しんしんで読んでいます。
朝からたくさんの料理で歓待してくださったんやね。
残り物はいつ食べるのかなあ。
文化大革命は評価の仕直しがされて四人組も追放されたけど、
毛沢東は神格化されたままなのかな?
Re:興味しんしん (あまちゃん)
2017-05-07 21:10:11
1go1exさん、楽しんでいただけてよかった!ありガトーショコラ ( ^ω^ )

マオさんの銅像がボクが通った浙江大学にもあったし、国民的人気があるかどうかはわからないけど、マオさんはやはり今の中国を作った人なんだろうね。
(中華民国の父は孫文さんですけどね)

ボクが訪ねた農村はわりと裕福なほうなのかも。。。
中国にはもっと過疎の貧しい農村がたくさんあるようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。