あまちゃんの しーふー(西湖)日記 @ 杭州

2015年9月、ライター事務所が 中国・杭州に移転。
”あまちゃん”こと あまぎクンが異国での日々をつぶやきます。

明るい農村 (10- 完)

2017-05-11 08:05:03 | 旅行
早朝に出発した 崖の上のお寺に始まり〜
夕方の叶(葉)さんち の大集落まで
目一杯 あそんで おうちに帰ると、


わぉ〜 すばらしい夕飯が待ってました。

べつの角度から。

写真 左下の じゃがいもの炒めものが
一番おいしかったな。
例によって ピリ辛のは たぺなかったよ。

見た目でダメなのは 右上 ↑ のトリちゃん

拡大すると…

中国ではおなじみの"鶏爪(じーちゅあ)"、いわゆる 鶏の足の煮込みです。
おじちゃんは 平気みたい… ボクも挑戦しないとね。

いよいよお別れが近づいてきました。


はじめて泊まった↑ 農村の おうち。

妹妹ちゃんに教えてもらって知った、
現代中国農村で 極めてポピュラーな

3階建ての かわいいおうち。

でも ボクはあとで知るのですー

ボクらが尋ねた農村は比較的 裕福な農村で、中国にはまだ多くの貧しい農村が少なからずあるということを。

これ、大学の老師からのメールで知りました。
老師説:您去的农村是比较富裕的农村,在中国还有不少贫穷的农村呢!

(物事はいろんな側面から見ないといけないね)

今回 こんなおもしろ体験を提案してくれた お友だち夫婦に感謝!
そして、
明るいお父さんとお母さんに感謝!
素敵な厨房・・・もち電子レンジはありません。

じゃあ ここにボクらが住めるか?
と問われたら、それは無理。

もう1,2泊してく? と問われても
答えは NO!

そのわけは… トイレ。
このおうち、トイレが昔ながらの和式だったんだ。
そしてすぐ横にシャワー(仕切りなし)と 洗面所。

いちばん困ったのが、このトイレ&シャワー&洗面所のドアの鍵が壊れていたこと。
安心して用を足せず、ボクは困ったのでありました。(ごめんなさい、お世話になっておきながら)

帰りに頂いた 細たけのこ。

前の日にしめたばかりの鶏ちゃん。(半身。知り合いにお裾分けして あとは野菜と煮込みポトフにしました)

このお豆さんでつくった豆ごはんはサイコーにおいちかったよ。

さいごに高橋村の村歌をうたいながら
お別れです。

ああ 高橋や わが故郷〜

親せき あ〜 朋友 あ〜♬

(完) 高橋村、再见!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明るい農村 (その9) | トップ | 中央テレビの「朗読者」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさま! (1go1ex)
2017-05-11 13:27:36
読み応えありましたよー。
中国の比較的裕福な農村の様子、面白かった!
半身の鶏肉、包丁を入れるのに勇気が要りそう。
エンドウ豆は日本のと変わらないのね。
トイレは困るねえ。
そのあたりは感覚が違うのかなあ。
Re:お疲れさま! (あまちゃん)
2017-05-12 12:06:23
1go1exさん、もったいないお言葉、ありガトーショコラ (╹◡╹)‼️

お手洗いがこれほど綺麗で便利で清潔なのは もしかしたら日本だけかもしれないなー なんて最近思います。

コメントを投稿