あまちゃんの しーふー(西湖)日記 @ 杭州

2015年9月、ライター事務所が 中国・杭州に移転。
”あまちゃん”こと あまぎクンが異国での日々をつぶやきます。

敦煌へ (ラスト9 西千仏洞)

2017-06-13 10:03:57 | 旅行
だらだら 引っぱってしもたけど…

敦煌の旅も今日でおしまい。
いきなり コワモテのおじさん登場。

いったい ナニモノ?

誰かの SP?
ではなくって、
このおじさんは この日お世話になった
ホテルの運転手さん。

大柄でイカつく、いっけん
伊藤えん魔(おもに関西で活動する役者さん)みたいだけど。

見た目とはちがって、
穏やかで と〜っても 紳士的。
さすが、いいホテルに雇われている運転手さん だけあるね (^_^)。

ランチのあとは
西千仏洞へ。
莫高窟のまたの名が 千仏洞なので
西にある ミニ莫高窟ってとこかな。

見た目も 莫高窟そっくり。
やはり 中は撮影禁止。

莫高窟ほどメジャーじゃないので
予約も不要。
観光客が何人か集まった時点で

ガイドさんが石窟のなかを
案内してくれます。

莫高窟では パンツスーツで日本語ok の美人ガイドさんだったけど、

ここでは庶民的な中国語のおじさん。これもまたよし… 聞き取れないけどね。

肝心の洞窟の中ですが、参考までに
例えば こんな壁画。
ネットのお写真をちょいと拝借(ここから以下3枚)。

莫高窟でも思いましたが、
古代の仏像や壁画はとても興味深く。
もしボクがこれから大学へ行く機会があるとするならば、"仏教美術"なんぞを専攻するのもありだなーとおもいました。(> ほんまかい)


この石窟は 川沿いの崖につくられていて

緑が美しく、人も少ないので穴場かも。

敦煌の旅もこれでおしまい。

砂漠はめったに雨が降らないので まさに水は宝。
惜しみながら使うよう、ホテルの洗面室の蛇口にも書いてあったんだよね。

そんな敦煌にこの日、車で移動中
雨がぱらつきました。
ちょうど運転手さんと
「うちのおじちゃんは強烈な雨男なんですよ〜」と話していたばかり。

「ほら、やっぱり 降ったね」
と笑っておられました。

帰りも 西安経由(1泊)です。

さよなら敦煌。
こんな大陸の西の果てなのに
出会った人は ほぼ漢民族で、
みんな観光客へのもてなしを心得ていて
とても礼儀正しく おかげで気持ちよく
旅ができました。
(砂漠の観光地しか 訪れていないせいかもしれないけどね)

こんな土産物ひとつとっても
中国にしては 洒落てる方だと思うんだ。

それでは みなさん、
さようなら〜 🐫

【完】

*おまけ*

プレゼント企画だよ〜 パフパフ!
上の 敦煌みやげ(ノートとしおり)を
1名の方にプレゼント。
ご希望のかたは
住所、氏名、メールアドレスまたはウィチャットIDをお書きの上、下記メールアドレスまでご応募ください。
uguisu_0206@yahoo.co.jp
当選は発送を持ってかえさせていただきます。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パクり? 中国版「深夜食堂」 | トップ | 荔枝(ライチ)の安売り ほか »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。