あまちゃんの しーふー(西湖)日記 @ 杭州

2015年9月、ライター事務所が 中国・杭州に移転。
”あまちゃん”こと あまぎクンが異国での日々をつぶやきます。

明るい農村 (その3)

2017-05-03 17:02:29 | 旅行
お友だちの実家で
遅めの昼食を いただいたあと、

妹妹は 息子ちゃんの洗濯物をお義母さんと一緒に干してました。
(ここが農家の おうちの玄関)


(ここが玄関入ったところ。広〜い!)


男たちは 食後の一服を吸いながら
しばし 語らいの時間。
 (おやじさんと息子の語らい、いいね~)

中国のおうちはキホン ”土足”です。
農家も昔は床が土だったらしいけど、
この手のおうちは コンクリートの
打ちっぱなし みたいね。

その後、腹ごなしも兼ねて

みんなで山へ散歩に出かけます。(お父さんとお母さんは残って 夕飯の支度)


本当にいいお天気、緑もあざやか!


気軽な散歩のつもりが
山道はかなりハードで・・・

目的地まで1時間以上 歩きました。


山の上の方に 古い神社のような煉瓦造りの建物があり、中には仏さんが数体。
(中国ではこういうところは撮影NGとのことで控えました)

そこにあった お線香をあげて
軽く参拝した後、

帰途へ・・・
山を下ります。


1人だったら 心細いだろうな〜
道に迷いそう。

家に帰ると、
豪華な夕飯が用意されてました。

まん中 上のスープのなかのお魚は
ドジョウ。市場でもよくみかけます。


もちもちして一番おいしかった「肉圆」。
お味は 中華ちまきの中身と少し似ています。

(肉圆の材料はなに? と昨夜あらためて 妹妹に聞いたら、瓜粉とお肉と大根 または冬瓜 だって)


これが「肉圆」の出来上がり~ の図。
厨房にある 填め込み型の蒸し焼き鍋、
なかなか圧巻でしょ?


明るい農村の、


明るい食卓。
何より お母さんとお嫁さんである妹妹が底抜けに明るくていいや。

(つづく)

*おまけショット*


山の神社の前で。かすかに仏像さんが映っています、御免!





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明るい農村 (その2) | トップ | 明るい農村 (その4) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。