UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

怪談のつぎは火の玉のお話です・・・

2017-07-31 00:23:13 | 日記

昨日は怪談を記しました、あんなものどこが怪談なんだ、マザーレイクが地図上から姿を消してしまったのは、ただ仕事熱心でアホな国のお役人たちの成せる業に過ぎないではないかとおっしゃる方には、今日は怪談のかわり怪談につきものの「火の玉」の話でございます。

火の玉は人魂とも称されており、気味悪いものだと思われがちでありますが、寝苦しい夜には、火の玉を目撃したりいたしますとすこし涼しくなっていいのではないでせうか

今日の写真は夜になりますとわがガーデンの彼方に現れる、火の玉を撮ったものです。どうかクリックしてご覧になり、火の玉を眺めて涼しい夜をお過ごしくださいませ

火の玉がゆらゆら揺れ往くさまがとてもステキです。火の玉は夜が更けるとともにその数を減らしていきます。最近GGIは毎晩、夜半になってから火の玉を眺めることにしています。夜が更ける前は、火の玉は次々に現れてにぎやかなのですが、夜半をすぎますと、火の玉はポツンポツンと間をおいて静かに現れ静かに消えていきます、その消えゆく孤独なる火の玉を眺めておりますと、GGIは我が人生の来し方往く末などにちょっぴり思いを馳せたりいたします・・・

なんだ、こんな写真、自動車のテールライトを撮っただけじゃないか、こんなものどこが火の玉なんだよおと幼稚なることをおっしゃる方、あなたは詩情を解さない哀れなお方であります、さっさと地獄なんかに堕ちてくださいませ。

テールライトと言えば、シンガーソングライターの中島みゆきさんが「ヘッドライト・テールライト」という火の玉をテーマにした歌を歌っています。とてもいい歌なのですが、ヘッドライトはただ眩しいだけ、通り過ぎていくテールライトの方が、おセンチGGIには、心に染みるような気がいたします。

この歌をお聞きになりたい方は以下のサイトをどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=aTJPx7yuZK0

かようなしだいで、ここしばらくは「火の玉写真家」と自称しようかなどと思っておりましたら、以前、わが「志賀の都」の枕詞でありますところの「さざなみ」を撮るために世界で唯一の「さざなみフォトグラファー」を名乗っていたことがあるのを思い出しました。

「さざなみフォトグラファー」としての作品をかつて別のブログに掲載しております。ひと目見るだけでとても涼しくなること間違いなしの保証付きに写真でありますので、よろしければ以下のサイトをご覧になってくださいませ

http://blog.goo.ne.jp/yossarian/d/20100429

http://blog.goo.ne.jp/yossarian/d/20100428

七月がおわります、お盆が近づきます

なもあみだぶ、なもあみだぶ、なもあみだぶ・・・・

グッドナイト・グッドラック!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の夜の大怪談:マザーレイ... | トップ | 蝉しぐれ ああ蝉しぐれ 蝉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事