UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

雨後水たまり、雷さんの息子さん・・・・

2017-07-17 02:14:34 | 日記

昨日、午後3時半ごろから小一時間、雨が激しく降りました、雷さまがゴロゴロ大活躍でありました

雷さまの活躍ぶりを耳にしておりましたら、むかしむかしの歌、わらべ歌というのでせうか、雷さまの歌を思い出しました。GGIがまだ御幼少のころに耳にした歌です。GGIのかすかな記憶をたどっての歌詞は次のようなものです

雷さんの息子さん お太鼓たたいて ヘソとりに

東京、大阪大地震、ヘソはひとつもとれなんだ

二番の歌詞はかなり怪しいのでありますが

とれないはずだよ雷さん 大きな目をした巡査さん

はだかになったら叱られる それで一つもとれなんだ

かなり怪しげな記憶でありますので、ネットさんの助けを借りてしらべて見ましたがあまり見つかりませぬ・・・・

でも、たとえば前橋あたりで歌われていたとして以下の歌詞が紹介されています

かみなりさーまの息子さん

お太鼓叩いてへそとりに
・・・・
東京、大阪大地震
そーらひとつまたいだ

https://blogs.yahoo.co.jp/npcsk058/23431215.html

また、次のような歌詞も紹介されています

雷さまの息子さん
太鼓叩いてへそとりに
東京横浜一巡り。
へそは一つもとれなんだ、

数年前に85歳の方が(新聞に)投稿していた歌詞だそうです

http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20050128/p1

二番の歌詞まで記されている例はないようでありましたので、二番の歌詞はGGIのまったく創作かもしれませぬ・・・

雷さんの息子さんが登場しているのは共通していますが、いったい、なぜ雷さん本人ではなく、その息子さんのがヘソとりに出かけたのでせうか、よくわかりませぬ。何か独断の事情があったのでせうか、これはGGIが幼少のころから抱いている大きな疑問です・・・・

雷さまが遠くに去り、雨があがると、水たまりが現れました。できたばかりの水たまりに写る景色は涼しげでさわやかです

今日の写真は雨あがりの水たまりを撮ったものです、よろしければクリックしてご覧くださいませ。

なもあみだぶ、なもあみだぶ、なもあみだぶ・・・

グッドナイト・グッドラック!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謀議、暑気払い、デスマスク... | トップ | 「さいころ堂」の更なる正体... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む