UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

謀議、暑気払い、デスマスク・・・

2017-07-16 01:38:56 | 日記

昨日は猛暑の名にふさわしい一日でありました

GGIは共謀罪法施行後初の謀議を行いました。前々日にあった死刑執行や同じ日に亡くなった中国のノーベル平和賞受賞者、劉暁波氏(りゅう ぎょうは、リウ・シャオポー)のことなどについて意見を交換しました。

知人の一人が、GGIがアベ君と法務大臣に送った死刑執行抗議文のこと、京都を本拠地とする某地方紙に小さく出ていたといって新聞の切り抜きをくれました。東本願寺さんも抗議声明を出したと書いてありました。GGIは「記事は小さくても有難きことであることよなあ、あの名古屋が本拠地の某地方紙も電話で問い合わせたがあったので載せているはず。それにしても全国紙はダメですねえ」と慨嘆しながら感謝の意を表しました。

劉暁波氏死去のニュースについてはGGIは15日付けの朝日新聞のコピーをみなさんに配ってから説明しました。

「この記事には《人口13億人の中国では、民主活動家や知識人、メディア関係者を除けば、ノーベル賞を受賞した劉氏の存在すら知らない人が大半だ。30代の中国紙記者は「情報統制の力を甘く見ないほうがいい」と話す》と書いてありますよ」

「それに今や経済大国となった中国に対して弱腰になっている国際社会にノルウェーのノーベル(平和賞)委員会の委員長が苦言を呈しているとも書いてありますが、でも不十分ではあるものの、最後の瞬間までドイツや米国は海外での劉氏の治療を求めるなど、努力はしていました。それにくらべて情けない限りなのは日本政府です」

「劉氏に哀悼の意を表したものの、岸田外相は《引き続き高い関心を持ち、中国の人権状況を注視したい》と述べただけだそうです。この言葉、中国で麻薬を所持していた日本人が処刑されたときの発言とまったく同じです。あのときも「重大な関心を持っている」と言ったのみでありました。要するにこのようなコメントは事態を黙認することを意味する外交的シグナルです。日本政府は何もする気はないということですね》

などと説明しておりましたら某氏が申しました。

「今日は共謀罪施行後はじめての謀議ということになりますが、これから何か変化がありますかねえ・・・ケーサツはどうしようというのでせう?」

「さあねえ、すぐにはねえ・・・でも少しづつ、情報収集をしてみようかなどと考えているかもしれませぬ・・・何しろ犯罪の発生件数は戦後最低のレベルにまで低下しているのに、その間、警察官を2万人も増員したのですから、ケーサツはヒマなのでいろいろやるのでせうと、東大の女の先生が言っていましたよ・・・」

などとあまり有益でない意見交換を行っていたのですが、あまりも暑いので、今日は少し早めに切り上げて暑気払いをしようということにあいなりました。

今日の写真は暑気払いの会場になる予定の部屋の写真です。わが迎賓館の2階にある小部屋です。よろしければクリックしてご覧くださいませ。

こんな部屋でどうして暑気払いになるかと思われるかもしれませんが、この部屋、クーラーが十分に効いて快適であるばかりでなく、席に着きますと、よく冷えたビールが出てくることになっております、そして窓の外にはわがマザーレイクであるところの湖が広がっております。これが暑気払いでなくて何でありませう・・

さっそく席に着こうとしましたら知人の一人がのたまひました。

「ダメ、ダメ、GGIさん、冷たいビールの前に短い講演会があるのです、それを聞いてから、かつ若干のマネーを支払ってから、暑気払いという仕掛けなのです」

「そうか、そういうことか、講演会の参加者を集めるために、暑気払いをしようなんてもっともらしいことを言ったんだな、まあ、よか・・・」

かようなしだいでこの小部屋の隣の部屋で講演会を聴きました。参加者は三十名弱、演題は《ボヘミアの農夫、死神との論争≫という中世ドイツの小説についてでありました。GGIにとりましてはネコに小判みたいなお話でありましたので、内容は省略いたします。

講演後にGGIはアホな質問をいたしました

「あの~、今日のお話とはまったく関係がない質問なのですが、あの~、デスマスクというヘンなものがありますよね、あれはヨーロッパ発の産物であると思うのですが、いったいなぜあのような奇妙なものが流行ったりしたのでせうか?」

「う~ん、確かではないのですが、要するに写真機といった文明の利器が未だ存在していないころの、故人の姿を確実に留めるためのものであったのでせう」

アホな質問のあと、やっと暑気払い部屋に向かい、暑気を払ったのでありました。

なもあみだぶ、なもあみだぶ、なもあみだぶ・・・

グッドナイト・グッドラック!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良き市民の日・・・ | トップ | 雨後水たまり、雷さんの息子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事