UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

仰々しくないこと・・・

2017-03-21 01:36:36 | 日記

昨日の日記でわがマザーが生前世話になりました教会の新しい礼拝堂の写真を紹介しましたが、今日は礼拝堂内部を正面から撮った写真を紹介いたします。

まずは今日の写真をクリックしてご覧くださいませ

この写真をながめていて、GGI、ヴォーリズ建築事務所の設計によるこの新しい礼拝堂、あらためてよくできているなあ、と感心いたしました。

一番グッド名だなあとGGIが思いますのは、全体から受ける感じが仰々しくないということです。

何か明確な目的あるいはや意図をもって人々を集めようとする空間は、その目的や意図を知らしめようとするためでありませうか、どうしても仰々しいつくりの空間になりがちのように思われます。とりわけ、宗教建築の場合は、神や仏など超越的な存在を象徴するために何やら飾り立て仰々しくなりがちのように思うのですが、この新しい礼拝堂、仰々しさが最低限に抑制されているところが、とてもグッドであります。

多くの場合、シンプルであること、調和がとれていること、バランスがよいことなどが美の大切な要素であろうと思われるのですが、これらの点においても、この新しい礼拝堂はなかなかグッドであると,にわか建築無責任評論家のGGIは申しあげておきます。

牧師さんが、3月の末にオープン・キャンパスならぬオープン・チャーチの日を設けて近隣の人々に礼拝堂を公開する予定だとおっしゃっていました。地域に開かれ親しまれる教会となり、この困難な時代に、人々に手を差し伸べる存在となるよう、信仰無きGGIは勝手に希望したします

グッドナイト・グッドラック!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神さまも大地震は恐い? | トップ | 謎のお店「さいころ堂」の正... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む