優吾と謙斗の日誌

我が家の主役「優吾と謙斗」兄弟の日誌。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

連休最終日は⇒新江ノ島水族館!

2007-10-09 23:46:39 | 優吾の日誌
 今日は運動会の振替休日。なんで図らずも長い連休となってるんだけど、毎回稜ちゃん宅と幼稚園休みの平日行く先の候補として上がる「子供の国」へ行く予定だったけど、3度目の今日もまたしても雨。急遽目的地変更して、江ノ島水族館へ行くことに。
まずは稜ちゃんに会うとテンションアップ。最近はお笑いコンビかって思うほど、2人にしか受けないギャクを言って二人で笑ってみたり、優吾が大笑いするからうるさいし、でチョロチョロって程じゃないんだけど席を立ったり座ったりするんで、ママ達が周囲に気を使わねばならず、つくまでに何度「シー」とか「座ってて」と注意したことか。乗り換えも多くて4度も乗換えをしつつ、1時間強の時間を2人の盛り上がりママたちの注意ですごしました。
 目的地には迷うことなくすんなり到着。ママも独身時代に行ったっきりで優吾も勿論この水族館は初。元々そんなに魚に興味があるわけでもない我が子はちょこっと混雑気味の館内を足早に見学。「こんなんじゃすぐ終わっちゃうからゆっくり見よう」って誘ってすぐにチョロチョロしようとする優吾を止めるのも大変。でも、メインの巨大水槽では優吾の大好きなダイバーの餌やりがあって、優吾はダイバーをママ達や稜ちゃんは魚(うつぼや、鮫、エイetc)を観察。巨大水槽の前はちゅら海の時と同じように自分が海に潜ってるような感覚にもなり、とっても癒されました。元々お昼近くから入ってたんだけど、お昼抜きで入館してたりしたもんだからクラゲコーナーまで行くと優吾は飽きてきたのと疲れで休憩モード。なんでショーの開園時間も近かったので、ちょっと展示を飛ばしてイルカショー会場へ。30分以上前だったのにもう座って待ってる人も多かったので、疲れておなか減ってる子供達を順番で見てお昼調達と思いきや館内のお昼は完売しちゃって、やむなくご飯食べる前にショー開始前がオヤツタイムとなってしまいました。でも、早くから並んでおいて正解。時間になると立ち見が出るくらいの人だかり。休日でもないのに・・・やっぱり私達とおんなじような日なのかな?ショーは待った割にはあんまりアクロバティック&ダイナミックって程じゃなくて、イルカの説明やら手拍子やらの時間が多かったかも。これは以前行ったアクアスタジアムの方が勝ちかも。
 ショーが終わるとふれあいコーナーへ。小さい鮫(ネコザメ)を触ったり、エビの仲間を触ったり、なでても全然逃げないようなものばかりだったけど、優吾は体験できるほうがうれしいみたいで、館内の見学よりはよっぽどはまってました。一通り見終わったので、おなかも空いてきたことだしと水族館を後に、ファミレスで遅い昼食をとりました。
 まだ完全には見きれてなかったんだけど、子供達の疲れ度合いが帰路に影響するので、食事後はすぐに電車へ。行きよりは疲れが出てきてるんでおとなしかったけど、それでもまだフラフラとゲラゲラがあって、最後のほうは注意するのもかったるくなってしまうほどでした。でも、道中寝ることなく、すべて自分の足で歩いてくれたのは助かった。母子で一日中こうやって付きっ切りになることが久しくなかったので疲れたけど、親子遠足稜ちゃん宅といけて母子ともに楽しい連休最終日となりました
ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビビリくん(at 富士急)と夕... | トップ | ママの口調と乱暴な言葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む