TRoom of P

月曜から金曜までの毎晩絶賛放送中!の『 JET STREAM』 の放送内容を書き留め中(^^♪

世界遺産を巡る 10のワインの旅 vol.2

2016年10月19日 00時57分07秒 | JET STREAM
 2016年10月18日(火)     提供 / JAL 、SEIKO

♪ The Fool On The Hill  John Di Martino's Romantic Jazz Trio

♪ The Loving Touch  Keith Mansfield

葡萄から生まれる 命の水 ワイン
この不思議な飲み物と共に 人類は その歴史を 歩んで来た
古代エジプトでは 神への捧げ物
ローマ時代には 皇帝たちの喉を潤し
キリスト教では イエスの血と崇め 修道士たちは 岩を砕いて葡萄を植えた
さらに中世の時代 ワインは 富と権力とも 深く結びついて行く
今も 世界の人々に愛されるワイン 世界遺産にまつわる ワインの話は尽きない
そこで 今週の JET STREAM は
世界遺産を巡る ワインの旅へ 出掛けることにしよう

世界遺産を巡る 10のワインの旅

今宵は その第二夜 イタリア ピエモンテのワイン



フランスと共に 世界を代表する ワイン大国 イタリア
フランスのワインが 優雅で繊細というイメージに対し
イタリアのワインには 陽気で奔放 というイメージがある
古代ギリシャの時代から ワインの大地と呼ばれていたイタリア
イタリアには 20の州があるが そのすべての州で 個性豊かなワインが造られている
特に ピエモンテ州は トスカーナ州と並ぶ イタリア屈指の 高級ワイン産地だ
この ピエモンテ州があるのは アルプスの麓 フランスとスイスとの国境近く
ピエモンテ州に行くと 
なだらかな丘一面に モザイク模様の 美しい葡萄畑が見られる
2年前 この素晴らしい ピエモンテの葡萄畑の景観
イタリアでは 50番目の 世界遺産になっている
ここ ピエモンテ州で ワイン造りが始まったのは およそ3千年前
以来 ピエモンテの赤ワインは 
ローマ皇帝をはじめ 多くのイタリア人に 愛されて来た
ピエモンテを代表する赤ワインといえば バローロと バルバレスコ
バローロには 王様 バルバレスコには 女王の呼び名が付いている
この2つのワインはともに ネッピオーロ という葡萄から造られる
ネッピオーロの名前の由来は イタリア語の ネッピア 霧
ピエモンテ州では ブドウの収穫期になると 霧が発生することから 来ている
気候が温暖なイタリアでは 葡萄を収穫するのは 9月から10月だが
冬には 雪が降る 冷たい気候のピエモンテ州では 11月を待たねばならない
美しいモザイク模様の畑に 冷たい霧がかかるようになると 
じっくりと 実を熟した葡萄から 極上の赤ワインが 生まれる

♪ vedenneito  Dalindeo

SOUND GRAFFITI      JET STREAM All TIME HIT No.2

  ♪ By Your Side  SADE
  ♪ If You Don't Know Me By Now  Simply Red
  ♪ Home  Michael Buble

♪ A Quiet Thing  Wes Montgomery

19世紀の後半 ワインの歴史上 重大な事件が起こっている
フィロキセラの 大発生であった
葡萄の品種改良の為 フランスのワイン商が アメリカから持ち込んで来た 苗木に
フィロキセラ という寄生虫が忍び込んでいたのである
この フィロキセラの大発生に 
抵抗力を持っていなかった ヨーロッパの葡萄は 壊滅的な打撃を受けた
この時 ヨーロッパを代表する 歴史あるワイナリーが 姿を消したといわれている
大西洋の真ん中に 火山によって生まれた小さな島が浮かんでいる ピコ島
かつて このピコ島で造られるワインは ヨーロッパ中の人々に愛されていた
琥珀色の高級ワインとして アメリカや アジアにまで輸出されていた
ヨーロッパから 遠く海を隔てた この ピコ島にも フィロキセラが大発生
現在 ピコ島に残っているのは 
その頃 ワイン造りで財を成した ポルトガル貴族の 豪華な館だけ
今も尚 このピコ島で 葡萄を栽培している農家は 250軒程である
15世紀に発見されたピコ島に 最初に移り住んだのは キリスト教の修道士たち
修道士たちは 黒い溶岩に覆われた 不毛の地で ミサの為に ワイン造りを始める
世界遺産になっている ピコ島の葡萄畑は こうして生まれた
ピコ島の葡萄畑は 長方形の小さな畑が 網の目のように 整然と並んでいる
強い潮風から 葡萄の木を守る為 一つひとつ 手で積み上げられた 石垣
その全ての石垣を繋げると 地球2周分にも達するという
今では ピコ島のワインの繁栄を知っているのは この見事な 石垣だけだ

♪ My Song  Keith Jarrett
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界遺産を巡る 10のワインの... | トップ | 世界遺産を巡る 10のワインの... »