TRoom of P

月曜から金曜までの毎晩放送『 JET STREAM』 の放送内容を書き留め中(^^♪

スイス☆レーベヒルビ/オーストリア☆シシートルテ

2016年11月08日 00時56分30秒 | JET STREAM
 2016年11月7日(月)     提供 / JAL 、SEIKO

♪ NIGHT LIGHT(1965 VERSION)  GERRY MULLIGAN

♪ WIVES & LOVERS  BURT BACHARACH

赤々と灯るランプが 幻想的なパレードを繰り広げて行く
くるくると回る水車 今にも飛び掛かりそうなライオン そして 大航海時代の帆船
どれも 蕪をくり抜いて作った ランプとは思えない見事なものだ
ここは チューリッヒ湖畔の街 リヒタースヴィール
100年の歴史を誇る レーベヒルビが 今年は 今週の土曜 11月12日に行われるれ
レーベヒルビとは レーべ 蕪の ランプのお祭り
今ではヨーロッパでも それほど食べられなくなったが
中世の時代まで 蕪は 主食にもなっていた 重要な作物
スイスでは昔 農家の女性たちは この蕪をくり抜いて ランプを作り
教会にミサに出掛ける習慣があったという
こうした習慣が元になって始まった この レーベヒルビは
スイス各地で行われているが 最も盛大に行われるのが
ここ リヒタースヴィールである
毎年 この リヒタースヴィールで使われる蕪は およそ26万トン
蕪のランプの中に灯されるロウソクは 5万本を超えるという
レーベヒルビでは 大人から子供まで 参加して 蕪のランプを作る
ハロウィンに登場するような 可愛いランプから 光のオブジェのようなランプ
さらに 山車の上に載った 大掛かりなものまで 大小様々
その 5万を超えるランプが 夕暮れと共に 一斉に灯ると 息を呑むほど美しい
最近 LEDや プロジェクションマッピングを使った 素晴らしい作品を見掛けるが
優しい光を放つ この素朴な 蕪のランプの美しさには 及ばない気がする

♪ THE CHILD OR THE PIGEON  ULRICH SCHNAUSS & MARK PETERS

SOUND GRAFFITI

 今週は ニューアルバム nobody but me をリリースした
 MICHAEL BUBLE を特集します 今夜はその第一回 曲は…

  ♪ COME FLY WITH ME
  ニューアルバム nobody but me から
  ♪ I BELIEVE IN YOU
  ♪ GOD ONLY KNOWS

 3曲続けて お聴きください

♪ STAIRWAY  MY BACK PAGE サントラ

かつて ハプスブルク家が治めていた 音楽の都 ウィーン
昨年 ここウィーンは リングが誕生して 150周年を祝いました
リングとは ウィーンの街を取り囲んでいた 城壁を壊して造られた 環状道路
まるで 指環 リングのように見えることから こう名付けられています
この 一大プロジェクトが無ければ ウィーンは 近代都市へと発展しなかったでしょう
今年は そのリングを造った 皇帝 フランツ・ヨーゼフ1世の 没後100年の年
ハプスブルク家所縁の ウィーンの老舗店では 記念の品々を売り出しています
創業1847年の 老舗菓子店 ゲルストナーが売り出した シシートルテもその一つ
シシーとは この番組で何度も紹介しましたが 
今なお語り継がれる 美貌の皇后 エリザベートのこと
このエリザベートの夫が 皇帝 フランツ・ヨーゼフ 1世です
今回 シシートルテを売り出した ゲルストナーは 彼女がお気に入りだったお店
エリザベートは 旧市街にある この ゲルストナーの本店に 
宮殿を抜け出し 足繁く通ったことで知られています
彼女が最も愛したのは すみれの砂糖漬け 今も ゲルストナーで人気の品です
今回の記念に売り出された シシートルテは 
チョコレートと カシスの マルチパンをミックスして マーマレードを詰めた 
ゲルストナーの オリジナルトルテ
トルテの上には 美貌の皇后 エリザベートの肖像が描かれ 
周囲は ライラック色の砂糖で 彩られています
気品溢れる この上品な シシートルテを 是非今年 ウィーンでお召し上がりください

♪ BALADADIDOU  MARC DESCHAMPS

♪ HOPE  SOREN BEBE TRIO
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンフランシスコ☆ワイントレ... | トップ | キューバ☆ハバナ/イギリス☆... »