TRoom of P

月曜から金曜までの毎晩絶賛放送中!の『 JET STREAM』 の放送内容を書き留め中(^^♪

アメリカ☆マンハッタン島インウッド/キャプテン大沢ハワイの休日vol.4

2017年07月21日 22時05分24秒 | JET STREAM
 2017年7月20日(木)     提供 / JAL 、SEIKO

♪ Smoke Gets In Your Eyes  Earl Klugh

♪ Take Me Out To The Ballgame  Larry Goldings

ニューヨークといえば マンハッタン
幅4キロ 長さ20キロに渡って 南北に広がるハドソン川の 中州
その最南端は 観光名所の一つ バッテリーパーク
近くには ウォール街や911メモリアル 海の向こうには 自由の女神が見える
では マンハッタンの最北端といえば ほとんどの方が ご存知ないだろう
セントラルパークを過ぎた北側は 
ハーレムに ワシントンハイツと 決して治安の良い場所ではないからだ
マンハッタンの最北端は インウッド 
ニューヨークを訪れた人で ここまでやって来た人は おそらくいないだろう
このインウッドへ行くには 地下鉄 Aラインに乗る
Aラインは地下鉄とはいっても 地上を走る電車
窓から見る風景も 摩天楼とは無縁の世界が広がっている
駅を降りると 少々危険な雰囲気
見上げると 高架線路に スニーカーが何足か オブジェのように 吊り下げられている
コロンビア大学のスタジアムを 右に見ながら 坂道を上って行くと 
インウッドヒルパークに着く ここはマンハッタン最後の原始林
ヨーロッパ人がやって来る前 ネイティブアメリカンが住んでいた遺跡が残っている
公園にはこんなプレートが掲げられている
マンハッタンの売買は ここで行われた
今から391年前 当時の オランダ総督が 
ネイティブアメリカンから 僅か24ドルで マンハッタンを手に入れたのが この場所
現在のマンハッタンの価値は その125億倍 3兆ドルを超えているという
このマンハッタンの歴史を秘めた インウッドヒルパークには
できれば 明るい内に 出掛けよう

♪ Death And Taxes  Walt Dickerson

SOUND GRAFFITI        JET STREAM Hawaiian Breeze No.4

  ♪ A Million Stars  Mackey Feary Band
  ♪ Hawai'i  Hot Rain
  ♪ Tonight  Ten Feet

♪ Hawaiian Skies  Jeff Peterson

コクピットから見る銀河は いつも煌めいて美しい
明日からしばらく休暇 
そんなフライトの日は さらに輝いて見える
地平線の向こうに広がる新たな世界
今度はどんな出会いが 待ち受けているのだろう
夢から うつしおえ 心ときめく出会いに 胸を膨らませる
さー シートベルトを締め オアフ島のホノルルに向かって 着陸態勢に入ろう

キャプテン大沢 

エメラルドブルーの海って こういう色を言うんだろうね
今ホノルルは 午後の4時半
ホノルル港から サンセットクルーズに向かいます
今日の日没は 7時10分
これから海の色がどう変わっていくのか とても楽しみだ

              
英語での会話・・・分からないので省略(笑)



オアフ島最大のクルーズ船 スター・オブ・ホノルル号
全長70メートル エレベーター付きの 4段デッキを備えた 
1,500人乗りの 豪華クルーズ船だ
夕陽が少しずつ 水平線に落ちかけた 午後5時半 ホノルル港を出港
ハワイアンミュージックの生演奏とともに 
茜色に染まった海を 一路 ダイヤモンドヘッドの沖に向かう
超高層コンドミニアムの建設ラッシュにわく カカアコ地区が見える
ここからも 発展を遂げるホノルル
今度来た時は どんな姿で 驚かせてくれるのだろう
ワイキキの灯りが 次第に灯り始める そろそろ 魔法の国の始まり


アローハ ・・・
♪・・・


デッキの窓から 夕陽が射し込む中 
ピアノの生演奏を聴きながら サンセットディナーが始まる
隣のカップルはシャンパンを飲みながら 幸せそうだ
豪華ディナーのメインは 2品
メイン州から空輸されたロブスターと テンダローインビーフ
これ以上の贅沢はないだろう

金曜の夜は特にお薦め
夕陽が落ち 船がホノルル港に向かう中 
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジから花火が上がる
夜空に 大輪の花が咲く度に 赤々と 様々な国の人々の笑顔が映し出される
花火が消える前に 3回祈れば 願いが 叶うというが 
今宵はきっと皆 素敵な願いが 叶うことだろう 



このロマンチックなサンセットクルーズ
アシスタントジェネラルマネージャーの カート・オバーガンさんによれば
さらにお薦めの 秘密スポットがあるという



(通訳の方と思われます)この船の中に私なりの少し秘密のスポットがございます
えー最上階の展望デッキの中のですね 少し一段高くなっている所を
10人か20人位の人しか お出でいただくことはできないんですけども
そこから見る眺め というのはですね 360度 独り占めできる というような
秘密のスポットになっています
えー海 のみ ならず 陸地のですね 夜景 すべてを一望できる
そこが私のとっておきスポットです
まぁ 説明する時にですね 
おそらく これはハワイのすべての人々の 生活そのものであると
いうことが言えるかと思います
楽しみもここにありますし 日々の生活のあらゆる局面が
海 を中心に回るといっても過言ではないと思います
ハワイのピースフルな 平和的な海というのを私はとっても大好きなんです


今日のサンセットクルーズ
コバルトブルーの海へ船出し 海に落ちる夕陽を眺め 美味しい食事 そして 週末の花火
ハワイの素晴らしさが 宝石箱のように詰まったクルーズでしたが
やはり 様々な国の人の笑顔と出会えたことが 一番の思い出に残りました


♪ Maunaleo  Keali'i Reichel
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリア☆ローマ街の灯り/キ... | トップ | キャプテン大沢 ハワイの休... »