TRoom of P

月曜から金曜までの毎晩絶賛放送中!の『 JET STREAM』 の放送内容を書き留め中(^^♪

フランス☆パサージュ巡り/東ヨーロッパ☆クワス

2017年07月17日 23時20分49秒 | JET STREAM
 2017年7月12日(水)     提供 / JAL 、SEIKO

♪ STARDUST  HENRY MANCINI & HIS ORCHESTRA

♪ GYMNOPEDIE  STEVAN PASERO

パリの7月の平均気温は 摂氏20度 湿度も低いので とても過ごし易い
ただ 昼の陽射しは強いので ホテルを出る時は サングラスを忘れてはならない
今日の日没は 午後の9時54分
太陽に照り付けられる時間が長いので パサージュ巡りに出掛けよう
パサージュとは 18世紀から20世紀に掛けて造られた 屋根付きの アーケード街
多い時には パリ市内だけで 100を超えたというパサージュだが
今では 18カ所ほどしか残っていない
パリの2区 モンマルトル通りを歩いていると 一際大きな抜け道がある
パリに残る 最古のパサージュ パサージュ・デ・パノラマだ
この パサージュが出来たのは 今から217年前 1800年のこと
当時は パリ随一の人気を誇った このパサージュだが
今では 過ぎ去った夢の後 庶民派のアーケード街だ
今も変わらず お店を出しているのは 創業200年を超える 印刷店 ステルヌ(Stern)
時間に余裕があれば ここで 名刺を作ってみては 如何だろう
また 古い切手を売るお店が 多いのも このパサージュの特徴
パリの思い出に1枚買うのも 良いだろう
ここには ミシュランガイドで二つ星を採ったレストランもある パサージュ 53
日本人の佐藤伸一さんが シェフを務めるレストランだ
その他にも パリでは珍しい 日本風のギョーザ専門店 ギョーザ・バーがある
実は この パサージュ・デ・パノラマは 
名古屋の 円頓寺商店街と 姉妹関係にあるという
パリで最古のパサージュは たしかに 日本の商店街のような 香りがする 

♪ MON ONCLE ADIOS MARIO  MON ONCLE サントラより

SOUND GRAFFITI

 今夜は ニューアルバム Melodrama をリリースした
 LORDE を特集します 曲は…

  ♪ ROYALS
  ニューアルバム Melodrama から
  ♪ HARD FEELINGS / LOVELESS
  ♪ LIABILITY

 3曲続けて お聴きください

♪ IN TIMES LIKE THESE  BUD SHANK

もうすぐ 本格的な夏がやって来ますが
最近アメリカでは 昆布茶に次ぐ飲み物として 注目されている飲み物があります
それは クワスです
クワスとは ロシアや ウクライナといった 東ヨーロッパで親しまれている飲み物
1%から2.5%ほどの アルコール分が含まれている 微炭酸の 発酵飲料です
特に 夏に多く飲まれることから 
東ヨーロッパでは 夏の風物詩として 親しまれてきました
このクワス 街で売られている物は ライ麦と 麦芽を発酵させて作られます
また 東ヨーロッパの家庭に伝わるレシピには 
ライ麦パンや ビーツ と呼ばれる 赤カブを使って 発酵させるものもあります
褐色の ビールに近い雰囲気の飲み物
気になる味の方は 甘味と酸味が 程好く感じられる 爽やかな味わい
一時 東ヨーロッパでは コーラに押されて 役目を終えたとまで言われましたが
10年ほど前に ペットボトル入りの クワスが 発売されると 復活
再び クワスが人気を呼ぶようになりました
このクワス アメリカで注目されているのは 乳酸菌が豊富であること
ヨーグルトのように 整腸作用があり 便秘の解消にもつながる
また 免疫力のアップや 血糖値の上昇を抑える効果もあります
さらに ビーツを使ったクワスには 
肝機能を向上させてくれる ベタイン という成分が含まれ 
赤い色素 ベタシアニンには がん予防の効果もあるといいます
残念ながら日本では まだ市販されていませんが 
今年の夏 モスクワに出掛けて クワスを飲んでみませんか 

♪ VENUS  TETSUO SAKURAI

♪ SUE ANN  ANTONIO CARLOS JOBIM
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JET STREAM 50th Anniversary... | トップ | イタリア☆オルチャ渓谷/ベル... »