ゆうちゃんのイカす『やんちゃジジイ』

音楽、サッカー、演劇・・・・
還暦を迎えて、毎日を楽しく遊び、生きる事。
イカす、やんちゃなジジイが目標

時間の感覚

2017年04月24日 | Weblog

最近は、一日があっという間に終わってしまう。
『お前は昼近くまで寝てるからだよ…』と言われそうですが・・・・

ところが、最近は朝8時に肩のリハビリへ行くために7時半には起きている。
リハビリから帰宅するのが9時。
それから仕事に出かけても、事務所に到着するのは10時半以降。
午前中は1時間半で昼休みになってしまうのと、
仕事を始めると周りに合わせて7時半くらいまでは居るので、
結果として午後だけで1日6時間半働くことになる。

僕は今年からひと月120時間を目安に仕事する事に決めたから
午前中に無理して出かける必要もないのです。

1日があっという間に終わってしまうと感じるのは、それとは別の問題。
『人間は年齢の速度で人生を進む』
こんな言葉をどこかで聞いたことがある。

若い頃は、1日が凄く長く感じた。
逆に、歳を重ねるごとに1日が短く感じて、定年退職を迎えた。
仕事のペースを落とせば、またのんびりと暮らせるだろう・・・・
そんな風に思っていたのだけれど、実際は何も変わらない。

歳を取ると、行動が遅くなるからかも知れない。
でも、例えば30歳の時に20歳の頃の事を思い出したら、
『大分昔の事になるけれど・・・・』と言う感覚だった。
それが60歳の今は、50歳どころか40歳の頃のことまで
ついこの間にあったような気がするのです。

昭和40年、僕は10歳でした。
親に戦争の話を聞かされても『そんな昔の話をされてもなぁ・・・・』
なんて思っていましたが、40代の親にとって20年前の記憶は
まだまだ鮮明だったのだろうと思うようになりました。

記憶力の差なのか?それとも、記憶容量の差なのか?
よく解りませんが、『人間は年齢の速度で人生を進む』という言葉を、
『そうだよなぁ…』って思うようにもなりました。

速度が早ければ、同じ時間ですり抜ける距離は大きくなる。
列車の窓から見える景色がどんどん変わってしまうようなものでしょう。
だから、やりたい事はどんどんやらないと、やれずに終わってしまう。
一旦、途中下車してじっくりと景色を眺めるような事をしないと、
人生と言う旅は通り過ぎるだけで終わってしまうのでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族優先 | トップ | 人の弱みに付け込むような商... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。