ゆうちゃんのイカす『やんちゃジジイ』

音楽、サッカー、演劇・・・・
還暦を迎えて、毎日を楽しく遊び、生きる事。
イカす、やんちゃなジジイが目標

爺さんの遠吠え:その1・『電通』の自殺事件

2017年01月24日 | Weblog

今日から社会で話題になっていることについて思っていることを書こうかと思います。
題して『爺さんの遠吠え』
今日はその第一回目。
読んで気分を害する方もいらっしゃるかと思います。
逆に賛同してくれる方もいると信じてます。
炎上するほどコメントが来たら嬉しいけどなぁ・・・・
そうしたら、全部論破してやります。

さて、その第一弾。
最近はたまにしか聞かないようになった『電通』の自殺事件。
正直言って、私は『自殺する奴が悪い』と思っています。

うちの次女は毎日10時間以上の労働をして、帰りは夜中が当たり前。
次女が居るアニメ業界なんて、信じられないほどブラックな業界です。

朝出勤して、夕方に帰るという普通のサラリーマンとは天と地の差があります。
次女の場合、出勤は午後1時。
休憩などを入れて、早くても事務所を出るのが11時。
この時点で毎日10時間の労働時間。
そんな日は滅多になく、普通で終電。

休日は週1日。基本的に日曜日は休みだけれど、土曜日の仕事があると、
帰宅が夜中になるから、翌日の日曜日は夕方近くまで寝ている。
その上、それだけ働いても給料は8万円。手取りで6万ちょっとです。

労働基準法や優生保護法とか、まったく無視している法律違反。
契約書に書いてあることは契約時に
『こう書かないと労働基準監督署に通らないから』
なんて言われている、いわゆる確信犯なのです。

業界全体がそういう体質らしく、映画で大儲けしているのは配信会社と
それに近い連中だけと言うとんでもない業界と会社です。

本題の『電通』問題。
自殺した方には申し訳ないけれど、そんな事して何の得になるのか?
そんなに辛かったら『辞める』という選択肢があったはずです。
派手な業界で、夢を見ていたのでしょうけれどね。

それでも、その業界で生きて行こうと志している人もいるのですよ。
そんな中で一生懸命やっている人に対して、非常に失礼だなって思うのです。

綺麗事並べて、まるでヒロインみたいに扱われて・・・・
メディアにとっては格好のネタで、親も被害者面している。
だから、僕は同情どころか、軽蔑の目で見ています。

僕は娘に言っています。
好きな事やるなら、修行だと思って文句を言わない。
体を壊しそうなら辞めろって・・・・
生きていて、なんぼだろうってね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姉貴と電話 | トップ | 爺さんの遠吠え:その2『横浜... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (A)
2017-01-27 23:02:58
度々ブログ拝見させてもらっております。

あまり炎上を煽るようなことは書かない方が良いですよ。
有名人でなければ余程のことが無い限りはそれ程大きい規模にはならないとは思いますが、炎上は本当に怖いです。
ブログに貴方の事しか書いていないならまだ自己責任ですが、ご家族やご友人等の事も書いていらっしゃいますよね?
今時は結構あっさり個人特定されてしまいますし、最悪その人達も被害を被るかもしれません。そうなったら責任取るの大変ですよ。

とはいえ、電通問題には私も少し思うところがあるので、それに関してもコメントさせてください。

電通問題に限らず、いじめなどでも自殺って多いですが、これは自殺者本人よりもメディアが要因になっていると思うんです。

>綺麗事並べて、まるでヒロインみたいに扱われて・・・・

貴方も少し述べていらっしゃいますが、メディアは死を、特に自殺を美化しすぎなんですよね。
マスコミはテレビでもインターネットでも、亡くなった方を悲劇のヒーロー・ヒロインに仕立てて、遺族が涙を流している報道ばかり。

>自殺した方には申し訳ないけれど、そんな事して何の得になるのか?

これは得することもあると思います。
上に書いたようなマスコミの報道があると、ここのようなブログやtwitter等のSNSが被害者への同情と自殺の原因になった加害者への罵詈雑言で溢れかえるんです。(これは自殺に限りませんが。)
そんな状況を日々虐げられている人たちが見たら自殺も選択肢に入るでしょう。
もしかしたら自分も、同情を誘う遺書を書いて自殺して、上手く大々的に報道されれば、自分を虐げてきた憎き奴等は義憤に駆られた人達のサンドバッグ、さらに社会的にも抹殺できる可能性もありますからね。
ついでに自分も、死んだ後とは言え、全国の大多数の人間から同情してもらえる可能性もあり。
死に至るまでの本当のところはご本人達にしか分かりませんが…
人生が辛くて、周りにも頼れる人達がおらず、生きている意味も見いだせない時にこんな状況を見たらそりゃあ死にたくもなると思いますよ。

電通の女性は会社を辞めれば良かったのでは、とは確かに私も思いましたが、ブラック企業は辞めようとすると脅迫するような所も多いようです。
風評被害になるので滅多なことは言えませんが、もしかしたらそういう背景も無かったとは言えないのではないでしょうか。
「ブラック企業 辞められない」で検索したところ、こういった記事もありました。↓

~「いい人」ほど絶対辞めさせないブラック企業のあんまりな手口~
http://president.jp/articles/-/13423

娘さんもブラック企業に勤めてらっしゃるようで、心配ですね。せめてしっかりと拠り所になってあげて、辞めたがっていたらアシストもしてあげてくださいね。

拙い文章で長々と書き連ねてしまい、申し訳ございません。
ありがとうございます。 (ug)
2017-01-28 16:09:33
確かに今は、色々と調べる事が出来るので気を付けないといけませんね。ご忠告、有難く承ります。
私の表現力不足ですね。
私が言いたいのは、辞められない会社なんて無いということです。
死んで、復讐を果たすなんて大馬鹿者です。
死ぬ気であれば、何でも出来ませんか?
生きていてこそ、楽しい人生なのですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事