ufo君の不健康日記

病気がちのおっさんの怠惰な日々、ほんの少しの努力。

まだちょっと・・・

2006-05-31 13:14:44 | Weblog
 今朝は6時に目覚ましが鳴り、起きましたけど仕事に行くのはやめました。まだ右目の視力が完全ではありません。鼻はすーっと通って快適ですが、まだまぶたは大きく腫れています。先生も「今週いっぱいは我慢してよ」とおっしゃっていましたし、今日、明日はまだ休養することにしました。

 午前中は9時まで寝ていて、結局12時間寝ていました。妻が仕事から帰ってきたので風呂に入り、とは行っても桶にはつかりませんシャワーだけですが、久しぶりに洗髪もしてすっきり出来ました。塩を入れたぬるま湯で、病院でもらってきたポンプを使い鼻洗いです。一度分の塩が一袋にパックされていますが、500cc分ですのでかなりたっぷりです。ゆっくりと鼻の奥を洗いました。もう出血はしませんね。だいじょうぶそうです。

 まあしかし、鏡をのぞきますと右目はまぶたが腫れ上がって大きく被さっていて、赤黒い色をしています。下まぶたも腫れ上がり、内出血していて黒い斑点になっています。目玉をよく見ると黒目は少しシロっぽく少し濁っている感じですし、白目は真っ赤に充血しています。まあそれだけ目に近いところで色々あったのでこういう影響が出ているんでしょうね。結構大変でしたねえ。

 そうこうしているうちに建築士のO先生から電話が入りました。彼は同級生で、彼も5,6年前に同じ手術をY市立大学病院で受けました。それで色々参考にしました。まあ、結構共通点が多かったようで、話はよく通じました。何でこんなに痛いのかと言うことで話が合いましたW
 彼は再発もなく、すっきりと鼻が通っているのは幸せだと思うと言っています。私もこのままうまく行ってほしいです。

 色々調べてみましたが、保険金は三種類が5日目から3日分しか出ません。一種類だけ7日まるまるでました。まあ、これで治療費はペイできますので安心でした。しかし残念なのは、手術見舞金が、2種類の保険で出るかと思っていたんですが、もしかして、内視鏡下の手術では出ないかもしれませんと言ってきました。簡易保険も出ないかもしれないそうです。あちゃー!!当てがはずれそうですねえ。Mac買うどころではなくなりそうです。困ったもんだァ。こんなに痛かったのにー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退院だー!!

2006-05-30 18:15:57 | Weblog
 やはり嬉しい物ですね。今日は早く目覚めました。何とか11時に寝付いて目が覚めたのが4時半、寝直して5時半に起きてしまいました。昨日自動販売機で買った何とか言う高いヤクルトを飲み、少しでも尿量を増やそうとエヴィアンを飲みました。何、持って帰れないから、冷蔵庫の整理ですね。レストランのご主人のNさんから戴いたテレビカードは結局使い切れなかったので、精算に機械に入れると1000円が返ってきました。自動販売機のカプチーノを飲んで目覚ましです。ベッドに戻り色々整理しました。といっても行きより荷物は減っていてバッグにすんなり収まりました。あとはバラの花束を戴いたのを妻に持ってもらうだけです。

 8時前から若い二人の先生が見に来てくれました。こんな早くから来ているんですね。お医者さんも大変ですねえ。いつ寝るのかしらと言う感じです。稼ぎが良いのも分かりますね。

 8時に最後の朝食です。今日も食パン2枚にマーガリン少し、人工甘味料を使ったジャム小袋、リンゴの薄切りとレタスのサラダにノンオイルのサウザンドレッシング、コンソメスープに何故かは臭いとタマネギが少し浮いたやつ、ソフトソーセージ丸形1枚を半分に切った物でした。最初はやはり元気もなくて頭も回らず、パンを焼かずにもそもそと食べてよけいに落ち込んでいましたが、トースターが何台もあるのを発見して焼いて食べることにしたら少しは食欲も出てきました。ああ、リンゴトマトというジュースも付いていましたね。いつもそのまま返していましたが、今日は飲みました。

 食後トイレへ行き最後の採尿、まだ茶色でした。石はどこへ行ったんじゃあ?

 9時半、耳鼻科から呼ばれて外来へ。ボス先生に診察を受ける。まあ、大丈夫でしょうということで目出度く退院へ。ガーゼの件も大丈夫ですよと念を押されました。鼻洗いの器具をくれて、洗うように言われましたが、こんなのいらないのにね。前から鼻洗いは趣味みたいにやっていましたからね。

 部屋へ戻ると妻が来てくれたいました。ちょうど、病棟の事務員さんも来てくれて、支払いの金額もわかりました。13万とちょっと。まあ、こんな物でしょうか。痛いけどね。まあ、結構お見舞いも戴いたし、保険も少しはおりるでしょうから、何とかなるでしょう。妻は自転車で帰り、私はタクシーで荷物を全部積んで帰りました。ああ、疲れた。ゆっくり休みましょう。

 お昼は庭の三つ葉や、芹などを積んでもらい、キャベツなども付けてもらってゆっくりと食べました。やっぱり我が家の食事が一番ですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

退院前夜

2006-05-29 20:31:26 | Weblog
 今朝は、いや今朝も寝不足で目覚めました。隣の肺気腫のじい様がなんか最近非常に元気になって、ガアガアとすごいいびきで眠れませんでした。他の4人も多かれ少なかれかなりのいびきで、通りかかった宿直の看護士さんも笑っていました。笑い事でなく私は寝つけず、5時間ぐらいしか眠れませんでした。必然的に、朝食後、また眠ってしまい、また今晩寝つきにくくなるという悪循環に陥ります。まあ、あとワンナイトだけになりました。もうすぐ帰れますから気になりませんね。

 今日は午前中は点滴もなし、ただ暇こいていました。耳鼻科のドクターが二人、朝の外来の前に来てくれました。2時に病棟の診察室に行くとドクターが三人勢ぞろいしていました。一番若いお姉ちゃん先生が、ガーゼを抜いてくれました。部屋にいるころから麻酔の注射をしてもらい、診察台でも麻酔スプレーを掛けながらなのでなんとか耐えられました。すぐに終わったんですが、その出てきたものを見て三人とも、あれ?っという顔をしています。勿論患者の私もそうです。
 先日手術の際にガーゼが多すぎたのか、鼻から目が大きく腫れました。それで緊急にガーゼを3枚抜きました。その時確認したのは、手術時に入れたガーゼは、上が6枚、下が1枚と言うことでした。それはみんな聞いています。みんな憶えていたようです。それに一番表側はガーゼでなく、その時の大出血を止めるために丸めていれたコットンなんですよね。私の持たされたステンレスの盆にはどう数えても3枚のガーゼとコットンのボールしかありません。あれ?あれ?お兄ちゃん先生が替わって内視鏡を見ましたが、中は奇麗だそうな。
 耳鼻科の権威の大先生も代わって覗きましたが、「ないよ」でした。
まあ、三人が見てないんだから、「ない」んでしょうね。困ったもんです。私が飲んじゃったのか知らん。

 処置が終わって麻酔を覚ましていると、兄が夫婦で来てくれました。ガーゼの話を聞いて悩んでいましたね。笑うわけにも行かないし。

 その後妻が来てくれました。車椅子(まだ麻酔が効いているので、転んだりしないようにとのことですね)を押して行って泌尿器科の検診に付きあってくれました。CTの結果は石は写っていませんとのことでしたが、今日血尿でてるんですよねと行ったら、入院中の点滴のせいじゃあと、PCをのぞき(データは共有されているんですね、病院内で)あら、点滴はもう終わっていますねとのことでした。まあ小さい石なのかなあ。前立腺ガンの検査もしてくれたようですが、ありませんとのことでした。まあ、薬飲んで、水をいっぱいのんで尿酸をながして、酒を控えよということですね。

 妻は早めに帰り、明日退院に合わせてお金を持ってきてくれることになりました。何せ私はもう5000円しかもってませんからね。

 先ほど、道路を渡った向こう側の本屋さんへいつも取り置きしてもらっているMacの雑誌を取りに外出してきました。この入院依頼初めてです。今日の寝巻きはPikoのスウェットにジムトンプソンのTシャツでしたから、スニーカーを履くだけで外にでられました。本当なら出前して貰えるんですが、他の家族が出払って、オヤジさんだけしかいないというので、こういうことになりました。
 さあ、これで保険金が入ったら、新しいMacを買うかなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は少しは

2006-05-28 20:30:48 | Weblog
 昨日はなぜか全く寝つけず、2時にやっと寝たと思ったら、斜め向かいの脳外科の患者のオジサンが大きな声で寝言を叫び、飛び起きてしまいました。その後は隣のセクハラ爺さんも目が覚めたらしく、夜中に缶詰めを明けてなんか食べ始めました。全くうるさいおっさん達で困ったものです。おかげでやっと寝ついたのは3時過ぎでした。それで起きたのは7時ですから、ほとんど4時間も寝られませんでした。まあ、昼寝しましたから、もちますけどね。

 朝、売店はまだ開店してませんでしたが、自動販売機のコーヒーを入れて飲んでいましたら、何と知り合いがいました。30年来のつきあいの居酒屋のマスターのKさんでした。ふだん健康で売った男がパジャマ姿でコーヒーを飲んでいます。こちらもびっくりしましたが、あちらもびっくりしたようです。
 話を聞くとやはり病気ではなく、大掛かりな人間ドックとでも言うようなことらしいです。もともと彼の店は元旦に行ってもやっているぐらいで、もう何年の休んだことがないんですよね。それで心配した彼の奥さんが、還暦記念に一度病院に入ってみたら?と言われてのことだそうです。ダンディーな彼のことですから、お客には内緒で、長い旅行にでているということにしているそうな。私も口止めされました。
 特別室に入ってじっと隠れているそうです。私は6人部屋にいますけどね。

 入院中は色々本を読んでいました。司馬遼太郎さんのモンゴル関係の本二冊、街道を行く「三浦半島紀行」陳瞬臣さんの「十八誌略」、下川祐治さんの沖縄本、あとなんでしたっけ、読み終わると家に持ち帰ってもらうのでそばにないので分かりませんW

 やはり家から持ち込んだ雑誌「サライ」に載っていた話、書道家の矢萩春恵さんの言葉「贅沢の後に残る虚しさや、物欲の浅ましさに気付いていく。それが年を重ねていくこと」良い言葉ですねえ。あの先生の口から出た言葉とは思えませんけど。まあ、実際にそういう境地になりたい、そのように年を重ねてゆきたいとは思いますねえ。
 でも、私は贅沢がすきです。最近やりませんけど。贅沢をしたことがないのにそんな境地にはなれませんからね。

 
 痛みはほとんどなくなりましたが、見た目はひどくなりました。ほとんどお岩さん状態です。右と左の目とのバランスはまだ旨くとれていません。病院には3つの眼鏡を持ってきていますが、その全てでまだ、見える具合がよくありません。まだ、鼻からは少しずつ出血は続いています。クリネックスは一日一箱状態が続いています。
 身体自体は、休養十分で、足の裏の「骨棘」による痛みも消えています。まあ、働きだせばすぐ元の木阿弥になるんでしょうね。でもまあ、早く復帰はしたいです。両目のバランスが回復すれば運転も出来ますからね。まあ、明日のガーゼを抜いてもらうのが楽しみですね。少しは良くなって欲しいと祈っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼやけた頭で

2006-05-27 21:18:56 | Weblog
 昨日だったか今日のことかよく分からなくなってしまっています。たしか昨日、バンバンに腫れた右目を見てもらい、鼻の奥に詰めたガーゼを(7枚詰めたとか)三枚抜いてもらい、痛み止めの薬も飲み、座薬も入れてもらい、なんとか眠れました。

 今日は座薬もなし、錠剤の痛み止めだけで過ごしていますが、何とかなりそうです。明日一日は日曜日ですので進展はない予定です。点滴を受けて昼寝の予定です。

 先ほど会社のG君に電話を入れ、明日の日本ダービーの馬券を注文しました。ジャリスコライト、アドマイヤムーン、メイショウサムソンを組み合わせた馬券を頼みました。痛みで余り考えもまとまらず、病室内ではネットにつなげないので勝手が違いやりにくいですね。まあ、馬券のことを考える身分じゃあありませんしね。まあ、ちょいとした楽しみというところです。

 昼間、妻が来てくれて、庭でとれたミツバのお浸しをもってきてくれました。管理栄養士の考えだけの献立にはない美味しさがありました。早く帰りたいものですね。

 隣の爺さんの患者がいろいろと(はーはーゼーゼーという音だけでなく、文句も病院内一うるさい問題人物のようです)うるさいのでけんかをしないように我慢しているのが大変です。今は病院内だというのに、ロッカー~何か食い物を出してガサガサなんか食べています。やな爺ですなあ。大笑

 さあて私も寝ますかね。もう一回家に電話してきましょう。お休みなさい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手術後二日目

2006-05-26 19:37:11 | Weblog
 昨日の手術は3時から始まり5時には終わったようです。全身麻酔だったのでよく憶えていないんですよね。医師に目は明くか、見えますかと言うようなことを尋ねられたことなんかをおぼえていますがね。そうだそうだ、妻が腫瘍は何もなかった安心よと言ったのを憶えています。それから結構大変でした。

 部屋に戻ってから二時間酸素を吸っていましたが、ぼやけた頭で、口から止めどもなく出てくる出血をクリネックスにとっていました。酸素は全然美味しくなかったですね。

 右の鼻と目が痛くて、結局座薬を入れてもらいやっとなんとか寝つくことが出来ました。妻は9時頃まで病室にいてから帰りました。


 今朝も痛みは続きましたが、座薬はやめて飲み薬になりました。診察室に車椅子で連れてゆかれ、昨日患部に詰め込んだガーゼを何枚か抜いてもらいました。ガーゼが多かったのか腫れているせいか、また内出血のせいかは分かりませんが、眼球が前に飛び出しているような感じでしたね。
 ガーゼを減らしてもらいだいぶ楽になりましたが、出血は今まで以上にどくどくとでて結構びっくりしました。

 今朝から食事がでました。あさはお粥というはずがパン二切れが付きました。これがいちばんよかったですね。昼と夜の全粥と言うのはちょっと辛かったです。おかずもまあ、なんとも心細い感じのものでしたが、病院食なんてこんなものですからね。

 今日は一日まじめに寝て過ごしました。目と鼻をアイスノンで冷してジーッとしていましたね。脅威しに効いたのですが、幸いなことに腫瘍はなく、膿が大量に貯まっていたのを通り道を広げておきましたから、もう大丈夫でしょうとのことでした。カビかどうかは組織検査をしてみますとのことでした。まあ、早く回復できるように安静に努めようと思います。

 妻の姉が見舞いに来てくれました。病院の施設が奇麗になったので驚いていました。前に来たのはもう20年前のことですからね。病院も進歩しました。


 今夜はに右目も明くようになりましたが、まだ二つの目で焦点が合いません。腫れているせいでしょうね。今夜も少し湿布して寝ることにしようと思います。ではお休みなさい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

闘病記(おおげさな)

2006-05-25 11:10:57 | Weblog
二日目その2
 8時に血糖値の測定があるようで、それまでは暇。それからも暇ですねえ。まあ、これから一日半ほど食事無しで過ごすわけですが、その間は点滴ですますわけで、その中に入っているブドウ糖との関係で薬の投与をどうしようかというようなことなんでしょうね。
 泌尿器科の薬は今日は飲まないことになりました。まあ、この薬もでかい錠剤が一度に2個ですから、結構口に応えるんですよね。まあ、鼻が良くなったら尿酸を減らすことに挑戦ですよね。

 今日は多分午後はもう更新出来無いでしょうね。明日の夕方ぐらいまで駄目じゃあないのかなあ。点滴ぶる下げてPHSの使えるスペースまでibookを抱えて行けませんものねえ。

 携帯の使えるスペースへ行ったら、gooがメンテナンス中で駄目。また部屋へ戻りました。暇を持て余し、病棟診察室にあるヘルスメーターに乗ると、昨日よりもう1kg減っていました。明日の朝が楽しみですね。明日は体重測定した後、朝食のお粥をいただきましょう。

 老人患者達がまとまって朝食を食べているロビーで車の雑誌を読んでいるとナースがやって来て血糖値の測定をしてくれた。「112」まあ、宜しいんじゃないですか。
 部屋に戻ると本日の受け持ちの看護士押川さんが見えた。次の検査は12時、その次が手術前の2時となるそうな。

 もうそろそろ限度ですね。ここまでを書き込んでしばしのお別れということになりそうですね。じゃあね。 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

入院二日目 5月25日

2006-05-25 09:31:21 | Weblog

 目覚めたら5時20分、昨日は10時に「消灯します」と言う声をうつらうつらとして聞いて寝ついたから、睡眠時間は7時間半というところか。酒を飲んでいないので意外とすっきりとしていますね。トイレに行き、小用。血尿も無し。治まったかなあ?廻りの人に悪いので、寝たふりをこいて6時までうつらうつらと過ごす。洗面所は6時からなんですよね。歯を磨き、エヴィアンを少し飲む。昨日指示がでていた通り、ノルヴァスクとヂィオバン各一錠のみを飲む。高血圧の薬です。後の薬は今日は全部止め。水を飲んでよいのも7時迄だそうです。意外と空腹感は無し。昨日の摂取量は朝320,昼600,夜560で、合計1480kcalか、すくねえなあ、たまりませんなあ。実感として痩せてゆく気がしますね。おまけに今日は食事は0ですからね。ベッドの頭には「禁食」の文字が大きく書かれています。

 昨日、昼食を取りに行ったとき、隣町の同業者で、もう引退されたMさんに会いました。白内障の手術だそうで、今日あたり反対の目を手術するそうです。うまくいくと良いですね。この人は柔道の高段者で、やはり中年になってからは糖尿病を発病していたようでした。歯が抜けて、入院中は入れ歯を外している指示なのか、別人のようでびっくりしました。まあ、みんな年をとりますなあ。

 入院しているといろんなことを効かれます。煙草は?酒は?入れ歯は?
「吸いません」
「ワインをグラスに3杯」
「全て自分の歯です」
同じように答えますが、反応はさまざまです。
「おお、良いことですねえ」
「そんなものですか?」この人は色々なグラスがあるのを知らない。
「ボトルでいうと?」この人はするどい。正直に「半分です」と答えると「そんなに?!」と言う人と、ふーん、と言う人もいますね。まさか毎日一本と白痴が避けてもいえませんよね。
「全部自分の歯です」と言うときはやはり誇らしい気持ちですね。麻酔科の医師との打ち合わせで、何かのことで歯が破損したときは自費で治すという書類にサインさせられました。まあ、私の歯は極度に丈夫ですからそんなことにはならないと思いますけどね。歯に関してはこういう歯に生んでくれた母に感謝しています。父?父は私が物心ついたとき、まだ四十代の後半でしたが、もう総入れ歯でしたからね。感謝できませんねえオトーサンW

 昨日一日で下川祐治著「沖縄にとろける」を一回半ぐらい読み、司馬遼太郎の「街道を行く42 三浦半島記」半分ほど読む。本が減ってきたので売店へ行き、文庫本二冊、スポーツ新聞などを買い込んでくる。暇はあるけどお腹が空いて倒れそう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院一日目

2006-05-24 20:11:10 | Weblog
 受付後病室へ。逗子から来たのどのポリープの人と一緒でした。この人も心筋梗塞、脳梗塞と色々やった歴戦の猛者らしい。本人は病院慣れしている感じだが、家族(この人は娘さんらしい)が付いてきているあたり、廻りの人は心配しているのだろう。この人とは別々の部屋でした。

 案内された部屋は6人部屋、まあ、贅沢を言える身分ではないので。窓際のベッドを貰ったが、後から来た爺さんにとられました。まあ、良いでしょうと苦笑して廊下側の席へ移りました。

 パジャマに着替えて売店へ行き買い物を。テレビのイヤホンをまず買いました。280円、安い!大量仕入の為せる技か。スポーツ新聞といびき防止のテープを買う。廻りには気を使いますね。こんなものかなあ。あ、それからエヴィアンを1本、後は家から大瓶を持ってきてもらい詰め替えることにしました。

12時ちょうどに昼食、なまじ糖尿病食を希望したので、かなり悲惨な食事。ウナギみたいな魚と人参とミツバの卵とじ、抜き菜の御浸し(かすかにかつぶしがかかっている)御飯が4点、320kcal戸行った感じに食後のバナナが半分。まあ、600kcalあるかなあ、と言う感じでした。まあ、有難くいただきました。

 隣のベッドのお爺さんはどうやら肺気腫らしく、眠っているか、起きていればその間中
「エヘーッエヘーッ」せき払いをしています。まあ、大変ですけど、夜これで寝られるのかしら、私は。何せ、素面ですからね。

 午後、妻が来てくれました。暑いので、頼んでもってきてもらったタオルが有難いです。私が夕食を食べ終わるまでいてくれました。白身魚の野菜あんかけ、御飯4点、ワカメとキュウリの酢みそ和え、葡萄ゼリーでした。560kcalね、と計算していましたね。するどい!
これで明日は完全絶食で、明後日の朝お粥から始まるようです。先が思いやられますねえ。だってもうお腹が空いていますもの。

 明日は3時頃に手術の予定です。夜は多分何も出来ないでしょうね。朝も点滴でも始まれば書き込みは出来ないと思います。ではお休みなさい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さてどうなりますことやら

2006-05-24 07:17:55 | Weblog
 今日は5時半におきまして、ゆっくりと風呂に入り、隅々まで洗っておきました。医療関係者に対する礼儀と、二、三日入れないおそれもあるからです。ただでさえおっさんなんですし、綺麗にしときました。

 家のダイエット食もしばらくお別れですね。猫は安心したように寝室のベッドに寝に行きました。私がいるので安心したようですね。あとで気が付かれないようにそっと出掛けましょう。

 昨日から何度も荷物をチェックしていましたが、結局先日の旅行で、プサンの空港の免税店で妻が見つけてきた、ロンシャンのトートバッグとノートパソコンを入れた小さなデイパック一つになりました。旅行もこんな物でよいということですなW

 病院内では携帯電話が使えるスペースがあり、そこにノートを持っていってPHSを差し込んで
使えばネットに接続できます。まあ、気力があるかどうかですけどね。

 さあ、ちょっと会社へ出て届け物をしてから病院へ出掛けようと思います。

 勝ってー来るぞと勇ましくー、では行ってきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加