自然・音楽・夢・ロリーさん

地球が普通の人の棲む惑星になることを夢見て

目はどこへ行った!?

2017-09-17 12:50:47 | 犯罪
ひき逃げで男性に無罪判決、千葉 道路上の人想定困難

 千葉県で2014年1月、道路に横たわっていた男性=当時(29)=を車ではねて逃走したとして、道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた同県長生村職員の男性(40)に千葉地裁は15日、「人が横たわっていると想定することは困難だった」として無罪(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 県警は14年11月19日、長生村の村道で男性をはねて死亡させたなどとして、自動車運転過失致死とひき逃げの疑いで村職員の男性を逮捕。自動車運転過失致死罪は罰金50万円の有罪判決が確定した。ひき逃げ容疑について地検は不起訴としたが、千葉第2検察審査会が不起訴不当と議決していた。

(共同)
*********************************
この裁判長は車の運転をしないのだろうか?
 
道路に人が横たわっているなんて、想定が困難どころか、想定して運転するドライバーなど
皆無じゃないのか?しかし!運転手には目があるじゃないか!
 
道路の危険物は事前に察知して、障害物があればそれを回避しようとするのが
 
普通の運転ではないのか?暗くて認識できなかったなどという言い訳は、
 
私は信用しない。ここ信州の街灯がろくに無い田舎道でも、ヘッドライトを点けてる限りは、
 
道路の凹凸も認識できるし、なるべく襲撃を和らげるよう気をつけて運転することができる。
 
稀に狸やキツネが道路にいたりするが、夜でもそれはハッキリ分かる。
 
私の推測だが、この加害者はおそらく運転中、よそ見をしてたか、スマホ、携帯、あるいは
 
オーディオを操作していて、前方から目を離していて人を轢いた可能性がある。そして、
 
仮に不注意から車で人を轢いたとしても、人体が柔らかいとはいえ、相当なショックが
 
あったはずだ。それはマンホールの蓋とは大違いのはずだ。
 
普通のドライバーなら一旦停止し、何を轢いたのか確認をすべきだと思うが、それも怠った。
 
この事故には幾つもの過失が重なっているようで、無罪とは考えにくい。
 
なのに想定が困難だったという理由だけで無罪にしてしまうとは、
 
今後同様の不正がまかり通る
 
悪しき前例を作ってしまったといわざるを得ない。
 
 
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠橋さんのこと15 | トップ | 自堀りの墓穴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

犯罪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。