自然・音楽・夢・ロリーさん

地球が普通の人の棲む惑星になることを夢見て

カエルの子はカエル

2017-06-28 18:24:55 | どーでもいいこと

稲田氏発言、火消し急ぐ政府・自民=野党、都議選にらみ攻勢

6/28(水) 17:35配信

時事通信社

 

 東京都議選の応援演説で稲田朋美防衛相が「自衛隊としてもお願いしたい」と発言、その後に撤回した問題をめぐり、政府・自民党は28日、野党の罷免要求を拒否、火消しを急いだ。

 これに対し、民進党など野党4党は安倍晋三首相の任命責任を厳しく追及する方針を確認。地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子都知事も稲田氏批判の輪に加わっており、都議選の結果を左右しかねない情勢だ。

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、首相から稲田氏続投の意向が示されたことを説明。菅氏も「しっかり説明責任を果たし、今後も誠実に職務に当たってもらいたい」と述べ、辞任は必要ないとの認識を示した。

 稲田氏の発言について、菅氏は「都議選に影響を与えることはない」と強調。「都民が直面する地域の問題について候補が具体的な政策を訴え、地元の皆さんが判断する選挙だ」と語り、国政課題の争点化を狙う民進党などをけん制した。

 これに対し、民進、共産、自由、社民の野党4党は28日、国会内で国対委員長会談を開き、4党首の連名で稲田氏罷免を改めて要求する方針で一致した。

 小池氏は都庁で記者団に、稲田氏の発言について「あり得ない」と述べ、自民党との対決姿勢をさらに鮮明にした。 

*********************

豊田、稲田両氏が政治家として不適切である事が、日毎に常識になりつつあるが、

それ以上に不適切なのが育ての親である事も、文科省の反乱から明らかになってるのに、

当の親は、知らぬ存ぜぬで、説明責任を果たそうともしないのだから、稲田氏も

インタビューには無反応なのだろう。

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いかなる国の政府も国民に特... | トップ | CALLING YOU »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。