ペピーノ好き音楽にならない!

生きることについてたくさん説明していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛乳は育毛に悪影響だとい・・・

2016-09-18 20:34:59 | 日記
皆さん、こんにちは。お元気ですか。牛乳は育毛に悪影響だということが分かってきています。なぜならば、牛乳に含まれるタンパク質が、植物性ではないからです。すすんで摂取すべきとされる植物性タンパク質に対し、反対に、動物性タンパク質は、血の流れを悪くする作用があるため、髪によい栄養の流れをも悪化させ、それが抜け毛の原因となるのです。人間が生きる為に、タンパク質は非常に大事なものですが、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質のほうを進んで摂取されてはいかがでしょうか。また、亜鉛を吸収する際にカルシウムがそれを邪魔してしまい、育毛に役立つ亜鉛が欠乏してしまうので、水分を摂る際は牛乳以外で、ということを心がけるべきです。

頭の皮膚もつるつるカチカチの人、柔らかい人がいますね。硬い頭皮には毛が生えてこないとされますが、頭部の血行が悪いと皮膚が硬くなるのです。育毛を考えている人は、まずは頭皮の環境を整えましょう。頭部の血管を柔らかくし、血液循環をよくすると頭皮は柔らかくなり、太くてつややかな髪が生えてくるようになります。頭皮だけでなく、全身の皮膚に流れる血液の流れを良くすることも必要になってくるので、無理なく続けられる運動をしたり、血液循環を良くする食材などを食べる習慣をつけましょう。

長時間紫外線に当たった日には、髪の傷み方が酷いという感じがしないでしょうか。お日様の紫外線ダメージは髪が一番受けますから、普段から帽子、日傘、紫外線防止スプレーを忘れずに強い紫外線から髪をガードすることが重要です。髪に当たる紫外線を防止しないと、抜け毛の量が秋になる頃に多くなり、結果、薄毛の原因になることもあります。外に出て、日差しが強いと感じたら、紫外線対策で髪を守る育毛を心がけてください。

育毛マッサージというと頭皮を想像する人が多いかもしれませんが、手のマッサージでも育毛に良い効果が得られるそうです。せわしなくキュッキュッと押してもツボ押し本来の効果は得られないので、ゆっくり行ってください。この動作なら人に不快感を与えないので、外でも気兼ねなくできます。日常の動作に取り入れて習慣化するのも容易でしょう。ツボの位置はてのひらに集中しています。親指の付け根付近にある「脱毛点」を刺激するのが良いのですが、痛いと感じる人もいるようですので、最初はソフトに押しましょう。掌の中央(くぼんだあたり)にある労宮は、すぐわかると思いますので、押してみてください。中指の第一関節(指先側から一番目の関節)のシワ付近にあるツボは内臓の働きを良くして体の代謝を促します。あわせて揉むことで、抜け毛を防ぐ効果が高いほか、健康的な毛髪の育成に役立つでしょう。しかし、ツボ押しは直後から開放感は得られるものの、本来の効き目が出てくるには時間がかかります。ツボ押しのほかにも、抜け毛の原因となりそうな生活習慣を改善していくことも大事でしょう。

一般的に男性は、あまり気にしない傾向にありますが、理想的な育毛の際には、クシを真剣に選びましょう。どのくしを選ぶかによって逆に、抜け毛をうながすことにつながりますから、育毛という視点に立ったクシを選択しなければなりませんね。ブラシで髪を梳かすと、頭皮が、より育毛に適した環境になりますので、くしは何より大切なのです。頭皮の状態や部位によって櫛を使い分けるほど、真剣に髪をケアする人もいます。損をしないようにするには黒ずみ イビサクリームをお試しください。

抜け毛の予防と健やかな髪の育成を目指すのであれば、血液が頭皮をうまく循環している事が必須条件と言えるでしょう。育毛には欠かせない栄養素を頭皮全体に届く様にするには血液がよく循環している事が必要です。頭皮が血行不良だと、薄毛を予防しようとしても効きめが現れない事が多いです。第一に血液循環を良くすることを心に留めておきましょう。それでは、今日はこの辺で。有り難う御座いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうは午前中いっぱい雨… | トップ | 昔、炭水化物を少なくする・・・ »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。