花と野草の写真集

植物園の花や野草と、希に風景などの写真ブログです。

イチゴノキの花と果実

2017-11-15 17:13:56 | 花と果実


イチゴノキ(苺の木)
<ツツジ科 イチゴノキ属>
原産地はフランスやアイルランドで、日本へは戦後に渡来したものと思われる。
庭木や鉢植えとして栽培され、樹高は2m~10mほどにまでなるようだ。
開花時期は10月~12月くらいで花は壷形をしていて淡いピンク色だが白色も見られる。
(撮影場所:服部都市緑化植物園)
撮影日:2017年11月15日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花と果実が同時に見られるシロダモ

2017-11-07 18:27:09 | 花と果実

【雄花】


【雌花と果実】
 
シロダモ(白だも)
<クスノキ科 シロダモ属>
山野に自生する常緑樹で葉に太い葉脈が4~5本走り、
葉の裏側が白っぽいのが特徴。
花期は秋であり実も秋に赤く熟すとは、果実は前の年に咲いた花からのものである。
雌雄異株で花は散形花序で、葉腋に黄褐色の小花を多数つけ、
果実は楕円状球形で長さ12〜15mmである。
(撮影場所:万博記念公園自然文化園)
撮影日:2017年11月6日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲンノショウコ

2017-10-29 06:56:26 | 花と果実
(撮影日:2017年9月18日)


(撮影日:2017年10月26日)

ゲンノショウコ(現の証拠)の種子
<フウロソウ科 フウロソウ属>
開花時期は8月~10月ころまで紅紫色または白紫色の花が開花する。
秋に種子を飛散させた後で果柄を立てた様が、
神輿のように見えることから「ミコシグサ」とも呼ばれる。
(撮影場所:六甲高山植物園)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツルリンドウの花と果実

2017-10-21 17:19:02 | 花と果実

ツルリンドウ(蔓竜胆)の花と果実
<リンドウ科 ツルリンドウ属>
つる性多年草で山地の木陰に生えて
茎は草木にからんで長さ40〜80cmほにまで延びる。
花期は8〜10月であるが花はあまり目立たない。
果実は液果で、枯れ残った花冠の上に突き出し紅紫色に熟し非常によく目立つ。
(撮影場所:六甲高山植物園)
撮影日:2017年10月11日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キンカンの花と果実

2017-09-23 15:07:34 | 花と果実

キンカン(金柑)の花と果実
<ミカン科 キンカン属>
中国の長江中流域が原産で樹高は2mほどになる常緑低木。
夏から秋にかけて3~4回、2~3cmほどの白い五弁の花をつける。
花の後には直径2cmほどの緑色の実をつける。
ただし、初夏につけた花は実がならないことが多いようである。
晩秋から冬にかけて果実は黄色く熟する。
(撮影場所:万博公園自然文化園)
撮影日:2017年9月7日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴノキの花と果実

2016-11-23 07:11:00 | 花と果実
おちょぼ口をした赤い花が可愛らしい。

赤い果実と白い花が咲いていた。

果実は食べられるが味気ないそうだ。

イチゴノキ(苺の木)
<ツツジ科 イチゴノキ属>
地中海沿岸からアイルランドに自生する小型の常緑樹で樹高は2~3mになる。
花と果実が少ない時期でも観賞できる、貴重な花木です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色眼鏡の仙人さん、お髭はまだですか

2016-11-08 07:15:52 | 花と果実
センニンソウの果実になる過程
センニンソウ(仙人草)
<キンポウゲ科 センニンソウ属>
半木本性の常緑ツル植物で花は集まって咲き、遠くからもよくわかる。
開花時期は8月~9月なのに陽当たりが良いのか、果実と一緒に見られました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏に咲く花ギンバイカが果実と一緒に・・・・

2016-10-24 07:44:52 | 花と果実


ギンバイカ(銀梅花)
<フトモモ科 ギンバイカ属>
地中海沿岸原産で欧米では花が結婚式などの飾りによく使われるので「祝いの木」ともいう。
別名をギンコウバイ、ギンコウボク、イワイノキともいわれる。
本来は初夏の6月~7月に白い5弁の花が咲きますが、雄蕊が多く目立ち梅の花によく似ている。
果実は液果で晩秋に黒紫色に熟し食べられる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニバナインゲン

2016-10-20 22:07:01 | 花と果実

ベニバナインゲン(紅花隠元)
<マメ科インゲンマメ属>
中南米の高地が原産で、江戸末期に花の観賞用として持ち込まれました。
つる性の一年草で7-8月に葉腋に3cm程の赤色や白色の蝶形の花を2-3個つける。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイズルソウの果実

2016-10-10 20:30:30 | 花と果実
マイヅルソウ(舞鶴草)の果実
<スズラン科 マイヅルソウ属>
低地~山地の林内に生える多年草です。
果実はまだら模様を経て赤く熟す。

                                      花は美しく6月には咲き始める。(参照)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フウセンカズラの花と実

2016-10-07 20:25:16 | 花と果実
誰かの意図的な悪戯でしょうか、茶色い皮を捲って真っ黒な果実が見られました。
何となく人の瞳が睨んでいるようでしたが、果実を見ると白い部分があってハ-ト型になっています。

未だ小さな花と茶色いか実のコラボが最盛期を迎えたことを知らせているようでした。

今年は僅か5mほどの歩道橋にア-チ型をびっしりと巻き付いていました。

フウセンカズラ(風船葛)
<ムクロジ科 フウセンカズラ属>
熱帯・亜熱帯のアジア・アフリカ原産でつる性の一年草です。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エンジュの花と果実

2016-09-08 20:32:11 | 花と果実

エンジュ(槐)
<マメ科 エンジュ属>
落葉高木で高さは15~25mほどになる。
花は円錐花序に黄白色の蝶形花をつけ花期は7月~8月頃まで咲いている。
中国原産で公園樹や街路樹として植栽されている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤブミョウガの花と実

2016-09-03 08:02:26 | 花と果実

ヤブミョウガ(薮茗荷)の花と実
<ツユクサ科 ヤブミョウガ属>
5月頃から発芽し、夏にかけて草丈 50cm〜1m 前後に生長する多年生草本植物。
初秋にかけて直径 5mm 程度の球状の実を付け、じきに葉を落とす。
実は若いうちは緑色で、熟すと濃い青紫色になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実りの秋には早すぎる

2016-08-31 10:10:54 | 花と果実
ワタ(綿)の実

ワタ(綿)
<アオイ科 ワタ属>
花は1日花であるが、ハイビスカスを小型にした姿で、
花径は4cmほど、花色は淡黄で、中心部が暗赤紫である。
今年は例年より早く咲いたようで、その関係でしょうか実も早く見られました。


タンキリマメ(痰切豆)の果実

タンキリマメ(痰切豆)
<マメ科 タンキリマメ属>
つる性の多年草で左から右巻きで、他の植物に絡み合って長く伸びる。
花期は7~9月の夏から初秋にかけて淡黄色の花が咲く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナイカダの花(雌花)と果実

2016-06-25 19:27:28 | 花と果実
5月上旬に撮したときの雌花です。

完全に熟した果実ですが、葉っぱの上に果実が見られるのは珍しいですね。

ハナイカダ(花筏)
(ミズキ科 ハナイカダ属)
落葉性の低木で、高さは2mほどですが、太くはならないようです。
若葉は、よく知られた山菜でおひたしやテンプラなどにすると美味しいようです。
また、熟した果実は甘くてそのまま食べられとのことですが未だ食べたことがありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加