花と野草の写真集

植物園の花や野草と、希に風景などの写真ブログです。

梅の花/八重寒紅

2018-02-10 09:21:12 | 万博公園の梅


八重寒紅(ヤエカンコウ)
早くから咲いていたが、気に入った花が見つからなかった
(撮影場所:万博公園自然文化園/梅園)

撮影日:2018年2月3日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の花/名前不詳

2018-02-09 08:30:29 | 万博公園の椿


淡いピンクの色の花が可愛い


枝振りを横から写すと平凡なので写す角度を変えてみた

梅の花の名前は不詳
(撮影場所:万博公園自然文化園/梅林)

撮影日:2018年2月3日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リュウキンカではなく、ヒメリュウキンカでした

2018-02-08 08:46:09 | 園芸種


撮影場所が泥濘んで身体がどうも不安定になる


蕾だったのが今にも咲きそうで、生で綺麗な花弁に引きつられてしまった
ヒメリュウキンカ(姫立金花)
<キンポウゲ科 リュウキンカ属>
原産地はイギリスやヨーロッパ大陸の山地の湿った草原や湖沼畔に生える。
 特徴は 比較的長期間にわたり光沢 のある小さい一重の黄色い花を咲かせます。
花期は3月~4月で頂部に花径2~5㎝程度の黄色い花を咲かせます。
非常に丈夫な植物であることも含め、世界中の愛好家に親しまれています
(撮影場所:万博公園自然文化園)

(Kさん、アドバイスいただき有り難うございました。)

撮影日:2018年2月3日

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

梅の花/玉牡丹

2018-02-07 19:05:23 | 万博公園の梅

二日間ほどカレンダーに空欄が出来てしまった。
実はインフルエンザA型に感染しまった。
外出したら習慣のようになっていた、手洗い・うがいは欠かしたことがない。
外出時にマスクの着用を忘れがちなのが感染元かもしれない。
治りかけてはいるのだが、この時季に油断をすると再発する可能性があるので気をつける
ように医者から懇々といわれているので、もう少しの辛抱だと思っている。




玉牡丹(タマボタン)
例年ならば彼方此方で咲き始めているころなのだが、
未だこの日は見つけなければ
見落とすような咲き方であったが厳しい寒さのためだろうか。
(撮影場所:万博公園自然文化園/梅林)

撮影日:2018年2月3日

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ネコヤナギが膨らんできた

2018-02-04 07:26:24 | 樹木の花






ネコヤナギ(猫柳)
<ヤナギ科 ヤナギ属>
山間部 の渓流から町中の小川まで、広く川辺に自生する。
雌雄異株であり、春の 訪れを告げる植物ともみなされている。
未だ厳しい寒さが続いているようだが、植物は正直で、
春は直ぐそこまで来ているように感じさせてくれる。
(撮影場所:万博公園自然文化園)

撮影日:2018年2月3日


 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ/阿蘇娘

2018-02-03 17:54:45 | 服部都市緑化植物園の椿




阿蘇娘(アソムスメ)
花の名前から想像すると、熊本が産地ではないかと思われる
(撮影場所:服部都市緑化植物園)

撮影日:2018年2月2日

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サザンカ二題

2018-02-03 08:03:46 | 服部都市緑化植物園の椿




立春も間近、ソフトFを使って柔らかく・・・・
(撮影場所:服部都市緑化植物園)

撮影日:2018年2月2日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ/あやめ鳥

2018-02-02 07:38:45 | 服部都市緑化植物園の椿




あやめ鳥(アヤメドリ)
淡いピンクの色で中型の花でした。
産地は島根県のようです。
(撮影場所:服部都市緑化植物園)

撮影日:2018年1月24日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ/加賀八朔

2018-02-01 17:42:09 | 服部都市緑化植物園の椿




加賀八朔(カガハッサク)
今朝は梅の花で同じような名前をUPしましたが、
ツバキにも八朔という白い花がありました。
石川県が産地のようです。
(撮影場所:服部都市緑化植物園)

撮影日:2018年1月24日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の花/八朔

2018-02-01 07:18:28 | 万博公園の梅




八朔(ハッサク)
遅まきながら少しずつ咲き出した
(撮影場所:万博公園自然文化園/梅林)

撮影日:2018年1月19日

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハンノキの雄花・雌花

2018-01-31 17:05:18 | 樹木の花


ハンノキの雄花


ハンノキの雌花

ハンノキ(榛の木)
<カバノキ科 ハンノキ属>
全国の山野の低地や湿地や沼に自生し、樹高は15m~20m程です。
花期は12月~2月頃(北海道では3月頃)で、葉に先だって単性花をつける。
雄花穂は黒褐色の円柱形で尾状に垂れ、
雌花穂は楕円形で紅紫色を帯び雄花穂の下部につける。
花はあまり目立たない。
(撮影場所:万博公園自然文化園)

撮影日:2018年1月29日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の花:香篆が咲き出した

2018-01-31 07:57:07 | 万博公園の梅




香篆(コウテン)
幹が曲がりくねった、珍しい梅の花です。
今年の厳しい寒さで、開花が随分遅れていた。
(撮影場所:万博公園自然文化園/梅林)

撮影日:2018年1月29日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンサクが咲き出した

2018-01-30 07:15:35 | 万博公園の花






マンサク(満作)
<マンサク科マンサク属>
原産地は北アメリカの中部から南部にかけて分布する落葉低木。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
開花時期は2月~3月である。
(撮影場所:万博公園/日本庭園)

撮影日:2018年1月29日

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ/天倫寺月光

2018-01-29 07:52:57 | 服部都市緑化植物園の椿




天倫寺月光(テンリンジカッコウ)
小型のツバキで割合に傷が少なく数輪咲いていた
(撮影場所:服部都市緑化植物園)

撮影日:2018年1月24日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ/初日

2018-01-28 17:16:24 | 服部都市緑化植物園の椿




初日(ハツヒ)
花の先端が開いた壺型で大阪の花である
(撮影場所:服部都市緑化植物園)

撮影日:2018年1月24日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加