うえぽんの「たぬき鍋」

日々のつれづれ、野球ネタ、バカ話など、何でもありの闇鍋的世界?

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その12

2016-11-17 16:58:34 | 野球・ドラフト「怪」説
★広島東洋カープ

1位(×田中正義投手・創価大→×佐々木千隼投手・桜美林大→)
加藤 拓也 (かとう・たくや) 投手 22歳
右投右打 175cm90kg
神奈川・慶應義塾高-慶應義塾大
直球を中心に強気に攻め込む姿は、引退した黒田博樹の若い頃のよう。黒田と同様、じっくり鍛えて投球に厚みを出したい。

2位
高橋 昂也 (たかはし・こうや) 投手 18歳
左投左打 181cm86kg
埼玉・花咲徳栄高
直球はバットを押し返すような重い球質で、スライダー、フォークも有効。球が暴れるタイプだが、四死球は意外に少なめ。

3位
床田 寛樹 (とこだ・ひろき) 投手 22歳
左投左打 182cm74kg
大阪・箕面学園高-中部学院大
一見すると力感のないフォームだが、長い腕を体に巻き付けるように鋭く振り抜くことで、直球にも変化球にもキレが出る。

4位
坂倉 将吾 (さかくら・しょうご) 捕手 18歳
右投左打 177cm82kg
東京・日大三高
巧みなバットコントロールとパワーで1年秋からクリーンアップを任された。「常識」に固執しない柔軟なリードも高評価。

5位
アドゥワ 誠 (アドゥワ・まこと) 投手 18歳
右投右打 196cm80kg
愛媛・松山聖陵高
ナイジェリア人の父を持つハーフ。長身ならではの独特の角度がついた球が持ち味。遊撃を守った経験があり、動きも軽快。

6位
長井 良太
(ながい・りょうた) 投手 18歳
右投右打 181cm77kg
茨城・つくば秀英高
1年秋に捕手から転向。当初は120キロ台だった直球がMAX149キロまで伸びた。マウンドさばきも経験の浅さを感じさせない。

解説
堂々のリーグ優勝。25年ぶりとは思えないぶっちぎりようで、見事なものでした。投手陣も野手陣も脂が乗りきった状況ですので、ドラフトも今年に関してはあまりガツガツ行く必要はなく、押さえておきたかったポイントは「投手」。その中でも特に黒田の後継者と左腕といったところ。最終的な1位指名になった加藤は、黒田の後継者という意味で考えるとなかなか面白い選択ですね。現状ではまだ粗削りな部分があり、黒田と同様に、数年かけて徐々に角が取れて味が出てくるタイプだと見ています。いきなり黒田の穴を埋めるというのは難しいと思いますが、「ドラフト1位の大学生」という視点は一度忘れて、高校生を見るぐらいの長い目で見守りたい選手ですね。2位・3位では左腕に目を向け、高橋、床田とタイプが全く違う2人を持ってきたのが、個人的には一番のヒットです。4位の坂倉で捕手陣に若さを加え、5位・6位では未完の大器タイプの投手を2人指名したあたりも先が楽しみで、指名順が一番最後に回って計算が難しい中、うまくまとめられたのではと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その11

2016-11-16 20:26:43 | 野球・ドラフト「怪」説
★北海道日本ハムファイターズ

1位(×田中正義投手・創価大→×佐々木千隼投手・桜美林大→)
堀 瑞輝 (ほり・みずき) 投手 18歳
左投左打 177cm72kg
広島・広島新庄高
スリークオーターからの力強いクロスファイアは独特の球筋で、右打者も左打者も攻略困難。早期一軍デビューの可能性も。

2位
石井 一成 (いしい・かずなり) 内野手 22歳
右投左打 180cm77kg
栃木・作新学院高-早稲田大
走攻守がまとまった遊撃手。長打力もあり、柳裕也(明治大・中日1位)や加藤拓也(慶應義塾大・広島1位)からも一発。

3位
高良 一輝 (たから・かずき) 投手 22歳
右投右打 178cm78kg
沖縄・興南高-九州産業大
リリースで球を上からしっかり叩けるから、直球やスライダーの質が素晴らしい。制球力も高く、即戦力を期待できそうだ。

4位
森山 恵佑 (もりやま・けいすけ) 外野手 22歳
左投左打 188cm92kg
石川・星稜高-専修大
今春のリーグ戦では神宮球場のセンターに飛び込む推定135m弾を披露した。「ポスト大谷翔平(打者部門)」の有力候補!

5位
高山 優希 (たかやま・ゆうき) 投手 18歳
左投左打 180cm70kg
大阪・大阪桐蔭高
フィリピン人の母を持つハーフ。線は細いが直球は力強く、変化球も豊富。ピンチでも動じない精神力の強さも評価が高い。

6位
山口 裕次郎 (やまぐち・ゆうじろう) 投手 18歳
左投左打 180cm87kg
大阪・履正社高
寺島成輝(ヤクルト1位)とのコンビで活躍した。4位以下の指名の場合はJR東日本へ進むことを表明しており、入団辞退。

7位
郡 拓也 (こおり・たくや) 捕手 18歳
右投右打 178cm76kg
東京・帝京高
俊足強肩好打で、二塁手、外野手の経験もあるなんて、まるで飯田哲也(ソフトバンクコーチ)の再来じゃないか!(笑)

8位
玉井 大翔 (たまい・たいしょう) 投手 24歳
右投右打 178cm78kg
北海道・旭川実業高-東京農業大北海道オホーツク-新日鐵住金かずさマジック
強烈なプロ志向で鍛練を重ね、社会人の2年間で体重が10キロ増え、制球力の良さはそのままで、パワーアップに成功した。

9位
今井 順之助 (いまい・じゅんのすけ) 内野手 18歳
右投左打 178cm88kg
岐阜・中京高
父・茂さんは元・阪急内野手、母・古庄成美さんはプロゴルファー。両親の長所を受け継いだ、通算68本塁打の大型内野手。

解説
昨年と同じような書き出しですが、大物選手をクジ引きで度々当てる強運とは裏腹に、外れるときはどこまでも外れるという極端さは今年も悪い方に出て、田中、佐々木を連続して外してしまいました。大谷翔平が、早ければ来年オフにもメジャーへ…なんて話も出てきていますから、大物右腕はゲットしたかったですね。しかし、外れ外れ1位は堀で来ました。確かに、左腕投手は右腕と比べると質量とも薄くなってきており、高校生ながらもある程度完成度の高い堀は、「なるほど…」と納得のいく選択ですね。2位以降も補強ポイントをしっかりわかっている日本ハムらしい指名ができたと思います。さて、6位の山口の入団辞退問題ですが、彼が志望届を出している以上、日本ハムに指名する権利はありますが、指名されたからといって絶対入団しなければならないなんて義務はありません。ましてや事前に条件を出していたのですから、断られても文句は言えません。お互いがお互いの権利を行使しただけ。山口を貶している人もいましたが、それは全くのお門違いと言えましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その10

2016-11-13 23:04:30 | 野球・ドラフト「怪」説
★読売ジャイアンツ

1位(×田中正義投手・創価大→×佐々木千隼投手・桜美林大→)
吉川 尚輝 (よしかわ・なおき) 内野手 22歳
右投左打 177cm79kg
岐阜・中京高-中京学院大
堅実かつ華麗な守備は、大学の先輩である菊池涼介(広島)が引き合いに出されるほど。走攻守にハイレベルな即戦力候補。

2位
畠 世周 (はたけ・せいしゅう) 投手 22歳
右投左打 186cm78kg
広島・近大福山高-近畿大
MAX152キロの直球が低めにビシッと!年内に右肘軟骨除去手術を受ける予定だが、来年の春季キャンプには間に合う見込み。

3位
谷岡 竜平 (たにおか・たっぺい) 投手 21歳
右投右打 181cm79kg
東京・成立学園高-東芝
鋭く腕を振れるから直球に伸びがあり、変化球もキレが良い。社会人野球の名門で、高卒2年目からエースを務める実力派。

4位
池田 駿 (いけだ・しゅん) 投手 24歳
左投左打 174cm71kg
新潟・新潟明訓高-専修大-ヤマハ
MAX148キロの直球を中心に、臆することなく打者へ立ち向かう強気が持ち味。今年はかわす術も覚えて、投球の幅を広げた。

5位
髙田 萌生 (たかた・ほうせい) 投手 18歳
右投右打 178cm75kg
岡山・創志学園高
松坂大輔(ソフトバンク)に憧れ、フォームや練習法以外にも、話し方まで参考に。MAX154キロは高校時代の松坂より速い!

6位
大江 竜聖 (おおえ・りゅうせい) 投手 18歳
左投左打 173cm78kg
東京・二松學舍大附属高
MAX149キロの直球を中心に強気の投球を展開。強気な中にも、状況に応じてギアを調節できる賢さ、冷静さを持ち合わせる。

7位
廖 任磊 (リャオ・レンレイ) 投手 23歳
右投右打 201cm125kg
岡山・岡山共生高-MLB/パイレーツルーキーリーグ-台湾・開南大
高校時代は呉念庭(西武)と同級生。MAX156キロの直球は角度もあり、昨年対戦した岡本和真が「エグかった!」と評する。

育成枠
1位
高井 俊 (たかい・すぐる) 投手 21歳
右投右打 180cm78kg
宮城・東北高-悠久山栄養調理専門学校-BCリーグ/新潟アルビレックスBC
高校卒業後、軟式のクラブでプレーするも、BCリーグで硬式に復帰。トルネード投法を習得して、直球はMAX152キロに到達!

2位
加藤 脩平 (かとう・しゅうへい) 外野手(投手) 18歳
右投左打 178cm84kg
静岡・磐田東高
足腰が安定しており、緩急に崩されない打撃ができるのが強み。投げてもMAX143キロ&6種の変化球を操るが、野手で勝負だ。

3位
山川 和大 (やまかわ・ともひろ) 投手 22歳
右投左打 167cm73kg
兵庫・芦屋学園高-芦屋大(在学中)-BFL/兵庫ブルーサンダーズ
高校までは軟式でプレー。美馬学(楽天)のように、小柄ながら全身のバネを利かせたフォームで、力強い直球を繰り出す。

4位
坂本 工宜 (さかもと・こうき) 投手 22歳
右投右打 180cm80kg
兵庫・関西学院高-関西学院大[準硬式]
高校時代は控え外野手。大学から準硬式でプレーし、2年から投手に転向して素質が開花した。常時140キロ台後半が出せる。

5位
松原 聖弥 (まつばら・せいや) 外野手 22歳
右投左打 173cm70kg
宮城・仙台育英高-明星大
首都リーグ2部ではベストナインの常連。50m5秒8、ベース1周13秒9の脚で、今年引退した鈴木尚広の後継者を目指す。

6位
高山 竜太朗 (たかやま・りゅうたろう) 捕手 22歳
右投右打 186cm80kg
鹿児島・鹿児島工業高-九州産業大
送球の素早さ、正確さに定評があり、二塁送球は最速1秒79という凄さ。大柄だがパワーを生かしきれていない打撃が課題。

7位
堀岡 隼人 (ほりおか・はやと) 投手 18歳
右投右打 183cm84kg
青森・青森山田高
9月の入団テストに合格し、育成枠ながらも晴れて指名を勝ち取った。腕を高い角度でしっかり振れるのが長所の速球派だ。

8位
松澤 裕介 (まつざわ・ゆうすけ) 外野手 24歳
左投左打 181cm85kg
愛知・誉高-朝日大-四国IL/香川オリーブガイナーズ
昨年は故障で無念の入団辞退となったが、巨人は彼を見捨てなかった。持ち前の長打力を磨き、遅れた1年分を取り戻そう!

解説
昨年秋から騒動続きでモヤモヤ感のあった巨人。一応2位にはなったものの貯金はわずか2つで、CSもファーストステージ敗退。モヤモヤ感が取りきれないまま終わってしまいました。そのせいでもないのですが、1位のクジ引き2連敗。イヤな感じでしたね。ただ、最終的に1位になった吉川は、今のチームに足りないスピードタイプ。本職は遊撃手ですが二塁もOKということで、1年目からのレギュラー奪取も期待したくなります。2位から7位までは投手で固めてきましたが、左右の即戦力型から素材型までガッツリ揃え、なかなか楽しみです。しかし、確かに投手は重要な補強ポイントではあるのですが、野手陣の方も主力の高齢化と若手の伸び悩みが顕著で、長期的な視点で見ると、むしろ投手陣より早い手当てが必要であり「ここまで投手偏重の指名で果たして良かったのだろうか?」という疑念が拭えません。育成枠で捕手1人・外野手3人を指名はしましたが、やはり本指名の方でも1~2人、野手を獲っても良かったのではないでしょうか。やっぱりちょっとモヤモヤ感が…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その9

2016-11-12 22:19:54 | 野球・ドラフト「怪」説
★福岡ソフトバンクホークス

1位
田中 正義 (たなか・せいぎ) 投手 22歳
右投右打 186cm89kg
東京・創価高-創価大
MAX156キロの直球を制球良く決められて、変化球も多彩で精度が高い、今年のドラフトの超目玉。怖いのは肩の故障癖だけ。

2位
古谷 優人 (ふるや・ゆうと) 投手 18歳
左投左打 176cm76kg
北海道・江陵高
古谷拓哉(ロッテ)の親戚。MAX154キロの直球やスライダーは、キレすぎて逆に手を出してもらえないという贅沢な悩みも。

3位
九鬼 隆平 (くき・りゅうへい) 捕手 18歳
右投右打 180cm82kg
アマ球界屈指の名捕手だった父・義典さん(パナソニックコーチ)のDNAを受け継いだ強肩強打の逸材。統率力も素晴らしい。

4位
三森 大貴 (みもり・まさき) 内野手 18歳
右投左打 185cm70kg
青森・青森山田高
線は細いが、豪快な一本足打法から鋭い打球を左右に飛ばす。守備走塁もセンスが良く、大きな可能性を秘めている遊撃手。

育成枠
1位
大本 将吾 (おおもと・しょうご) 外野手 18歳
右投左打 186cm94kg
愛媛・帝京五高
スイングの速さに定評あり。今春就任した小林昭則監督(元・ロッテ投手)によるフォーム改造で長打力が格段に上がった。

2位
長谷川 宙輝 (はせがわ・ひろき) 投手 18歳
左投左打 174cm73kg
東京・聖徳学園高
松井裕樹(楽天)を参考にしたフォームで、投球スタイルも松井そっくり。ホークスファンで、森唯斗が憧れの存在と語る。

3位
田城 飛翔 (たしろ・つばさ) 外野手 18歳
右投左打 179cm72kg
青森・八戸学院光星高
やや細身ながら、体を鋭く回転させて弾き返す打球は力強い。梶谷隆幸(DeNA)タイプの、走攻守にセンスが溢れる外野手。

4位
森山 孔介 (もりやま・こうすけ) 内野手 18歳
右投右打 187cm86kg
神奈川・藤沢翔陵高
今夏の県大会では横浜スタジアムで1試合2発を記録するなど通算27本塁打。バランス感覚に優れ、特技はサーフィンとか。

5位
清水 陸哉 (しみず・りくや) 外野手 18歳
右投右打 186cm76kg
京都・京都国際高
長身痩躯の強打者。通算37本塁打の中には、ネットも道路も飛び越してスーパーの看板を破壊した、推定約140mの特大弾も。

6位
松本 龍憲 (まつもと・りゅうけん) 内野手 18歳
右投左打 175cm72kg
広島・崇徳高
50m5秒8という脚力を生かし、攻守に躍動感溢れるプレーを見せるスピードスター。本指名があってもおかしくなかった。

解説
今年は序盤から快進撃で「3連覇決定的でつまらんなぁ」なんて言われていたのに、夏場に勝ち星が伸びず、日本ハムの神がかり的な猛追も相まって11.5ゲーム差をひっくり返され、まさかのV逸。数字を見ると、やはり投打の主力がケガに泣き、その他の選手の成績も軒並み落ちていました。だもんで「ここ数年は高校生中心の指名で来ているから、今年は即戦力候補中心の指名になるかな」なんて予想していたのですが、恐ろしやソフトバンク。1位こそ超目玉の田中にアタックしてクジを引き当てましたが、2位から育成枠の6位までは全員高校生とは!三軍制を敷いて、12球団一、育成に手間とお金をかけているだけのことはありました。ただ、ここ数年は育成枠含めて大人数の指名になっていますが、ちょっと『数撃ちゃ当たる』みたいな感じが強すぎやしないかという危惧も感じ始めているのです。支配下選手の保有枠はあくまで70人。競争意識を高めるのは良いことですが、あまりに層が厚すぎて、育成選手のまま数年で退団というパターンが増えすぎるのも何だかなぁと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その8

2016-11-11 22:00:27 | 野球・ドラフト「怪」説
★横浜DeNAベイスターズ

1位(×柳裕也投手・明治大→×佐々木千隼投手・桜美林大→)
濵口 遥大 (はまぐち・はるひろ) 投手 22歳
左投左打 173cm80kg
佐賀・三養基高-神奈川大
MAX151キロの重い直球とチェンジアップを武器に、いつでもどこでもアクセル全開!吹かせすぎて空回りする悪癖に要注意。

2位
水野 滉也 (みずの・こうや) 投手 22歳
右投右打 175cm74kg
北海道・札幌日大高-東海大北海道キャンパス
力強い直球に、スライダー、フォーク、シュート、シンカーなどを交え、三振を奪えるサイドハンド。左打者も苦にしない。

3位
松尾 大河 (まつお・たいが) 内野手 18歳
右投右打 174cm75kg
熊本・秀岳館高
春夏の甲子園でもU-18アジア選手権でも大活躍!走攻守の引き出しが多いから、どこを守っても何番を打ってもサマになる。

4位
京山 将弥 (きょうやま・まさや) 投手 18歳
右投右打 180cm74kg
滋賀・近江高
フォームのバランスが良く、ベストボールを低めに決められる。金子千尋(オリックス)タイプの、総合力が高い好投手だ。

5位
細川 成也 (ほそかわ・せいや) 外野手(投手) 18歳
右投右打 181cm85kg
茨城・明秀学園日立高
豪快なスイングで通算63本塁打を記録した、超高校級の強打者。投手としてもMAX146キロを出すなど、パワーは天井知らず。

6位
尾仲 祐哉 (おなか・ゆうや) 投手 22歳
右投左打 171cm72kg
福岡・高稜高-広島経済大
小柄だがパワーがあり、直球はMAX150キロ。カッター、スライダー、フォークなどの変化球も精度が高く、空振りを取れる。

7位
狩野 行寿 (かりの・ゆきかず) 内野手 22歳
右投右打 180cm80kg
埼玉・川越工業高-平成国際大
高校通算0本塁打の「守備の人」が、大学では1試合3発を記録するなど大変身。性格も明るく、走攻守に思い切りが良い。

8位
進藤 拓也 (しんどう・たくや) 投手 24歳
右投右打 186cm90kg
秋田・西仙北高-横浜商科大-JR東日本
今春から腕を下げてサイドハンドで投げ始め、制球力が上がって投球の幅が大きく広がった。スピード豊かな荒れ球で勝負。

9位
佐野 恵太 (さの・けいた) 内野手 22歳
右投左打 178cm82kg
広島・広陵高-明治大
叔父であるソフトバンク・佐々木誠三軍監督の現役時代のような、一発もあるシュアな打撃が持ち味。元・捕手で肩も強い。

育成枠
1位
笠井 崇正 (かさい・たかまさ) 投手 22歳
右投右打 179cm93kg
北海道・旭川西高-早稲田大(在学中)-BCリーグ/信濃グランセローズ
大学の野球部を2日で辞め、野球サークルを経てBCリーグ入り。自らフォームを研究し、MAX151キロの本格派へと成長した。

解説
直前で「寺島成輝1位指名」というブラフをかけ、実は柳の一本釣りという作戦はまんまと成功…と思いきや、中日の直前での方針転換により、まさかの失敗。さらには外れ1位の佐々木も5球団入札という前代未聞の事態になり、これもダメ。正直な話、頭を抱えました。しかし、伸びしろのある左の豪腕・濵口と、まとまりのある右のサイドハンド・水野という好対照な2人を1・2位に持ってきたのはなかなか面白いところ。3位以降もまたボリューミーで、投手はリリーフ型に、野手はスケールの大きい選手にそれぞれ重点を置いて、意欲的な指名を展開しました。特に、2位水野→3位松尾→4位京山→5位細川というあたりは、個人的に「欲しいなぁ」と思って注目していた選手ばかり続いて、ゾクゾクしましたね(笑)。FA宣言をした山口俊の流出の危機を迎え、柳や佐々木といった右の先発型本格派、いわゆる「ポスト山口」を獲れなかったのは非常に痛いところですが、他の部分に関しては、補強ポイントをしっかり踏まえた、充実の指名ができたのではないかと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その7

2016-11-10 23:38:16 | 野球・ドラフト「怪」説
★千葉ロッテマリーンズ

1位(×田中正義投手・創価大→)
佐々木 千隼 (ささき・ちはや) 投手 22歳
右投右打 181cm83kg
東京・日野高-桜美林大
5球団が競合した「史上最強の外れ1位」!MAX153キロの直球と多彩な変化球で、好不調に関係なくきっちり試合を作れる。

2位
酒居 知史 (さかい・ともひと) 投手 24歳
右投右打 178cm80kg
京都・龍谷大平安高-大阪体育大-大阪ガス
昨年の都市対抗では久慈賞と若獅子賞を受賞。今季は腰痛のために調子を落としたが、まとまりの良さは高評価を得ている。

3位
島 孝明 (しま・たかあき) 投手 18歳
右投右打 180cm82kg
千葉・東海大市原望洋高
破壊力抜群の直球とハードスライダーでグイグイ押す豪腕。テレビのドラフト特集番組では、2人の美人姉が話題に(笑)。

4位
土肥 星也 (どひ・せいや) 投手 21歳
左投左打 186cm82kg
香川・尽誠学園高-大阪ガス
プロでもなかなかいない、制球力が良い長身左腕。球離れが遅いため、打者はタイミングが取りづらく、悉く差し込まれる。

5位
有吉 優樹 (ありよし・ゆうき) 投手 26歳
右投右打 178cm87kg
千葉・東金高-東京情報大-九州三菱自動車
スライダー、チェンジアップ、ツーシーム、スローカーブなど、豊富な球種を状況に応じて使い分け、打たせて取る技巧派。

6位
種市 篤暉 (たねいち・あつき) 投手 18歳
右投右打 183cm83kg
青森・八戸工大一高
MAX148キロの直球と、縦横のスライダー、フォークで三振を量産する。特にフォークの切れ味が鋭く、将来性豊かな逸材だ。

7位
宗接 唯人 (むねつぐ・ゆいと) 捕手 22歳
右投右打 183cm90kg
兵庫・神戸国際大附属高-亜細亜大
体格の割に足が速く、本盗を成功させたことも。攻守に破綻がなく、下位指名ながら即戦力候補として期待される大型捕手。

育成枠
1位
安江 嘉純 (やすえ・よしずみ) 投手 24歳
右投右打 185cm80kg
岐阜・中京高-愛知学泉大-BCリーグ/石川ミリオンスターズ
常時140キロ台中盤以上を叩き出す本格派(MAX151キロ)。BCリーグ2年目の今季は制球力が向上し、安定感が大幅に増した。

2位
菅原 祥太 (すがわら・しょうた) 外野手 23歳
左投左打 183cm95kg
東京・駿台学園高-日本ウェルネススポーツ大
左打席から豪快なスイングで長打を飛ばす姿は柳田悠岐(ソフトバンク)をイメージさせる。ロッテには貴重な大砲候補だ。

解説
毎年、完璧なまでの秘密主義で手の内を全く見せず、本番でアッと驚く指名をするドラフト巧者のロッテが、珍しく事前に田中正義の1位指名を公表しました。それだけ喉から手が出るほど田中が欲しかったわけですが、残念ながらクジ引きで外してしまいました。しかしながら、外れ1位の佐々木は1/5の当たりクジを見事に引き、きっちりゲットするあたりが、ロッテの持つ「生命力」の強さですね。ただ、不満なのが、極端な投手偏重であること。確かに、投手の駒が足りないのはわかりますが、野手もかなり苦しい状況。チームの打撃成績はいずれもリーグの下位で、個人的には「首脳陣のやりくりがうまかったけど、よくこれでAクラスに入れたな」と思うぐらいです。そもそも野手の保有人数自体が少なく、故障者がちょっと多く出ようものなら、一軍はともかく二軍の試合でまともにオーダーを組めるかどうかも怪しいレベル。今年の指名は、投手に関してはバラエティに富み、非常に楽しみな陣容であるだけに、もう少し野手の方にも目を向けてくれたらなぁ…と思うのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その6

2016-11-05 23:33:02 | 野球・ドラフト「怪」説
★阪神タイガース

1位
大山 悠輔 (おおやま・ゆうすけ) 内野手 22歳
右投右打 181cm85kg
茨城・つくば秀英高-白鷗大
侍ジャパン大学代表の4番を務めた、右の強打者。大柄だが動きは俊敏で、将来は「3割30本30盗塁」も狙えそうな逸材だ。

2位
小野 泰己 (おの・たいき) 投手 22歳
右投右打 184cm75kg
福岡・折尾愛真高-富士大
全身を無駄なく使ったしなやかなフォームで、スピンの利いたMAX152キロの直球を投げる。細い体にプロの筋力を付けたい。

3位
才木 浩人 (さいき・ひろと) 投手 18歳
右投右打 188cm79kg
兵庫・須磨翔風高
大きな体を上手にまとめ、制球良く投げられる選手はなかなかいない。直球の質も高く、伸びしろたっぷりの「公立の星」。

4位
濱地 真澄 (はまち・ますみ) 投手 18歳
右投右打 184cm88kg
福岡・福岡大大濠高
高い洞察力と安定した制球力を持ち、ギアを巧みに調節してクールにゲームを作る。将来のエース候補として期待は大きい。

5位
糸原 健斗 (いとはら・けんと) 内野手 24歳
右投左打 175cm80kg
島根・開星高-明治大-JX-ENEOS
高校時代から指名候補として注目されていた、広角打法のアベレージヒッター。本職は三塁手だが、二塁、遊撃もこなせる。

6位
福永 春吾 (ふくなが・しゅんご) 投手 22歳
右投左打 185cm90kg
金光大阪高(転出)-クラーク記念国際高-関西独立リーグ→BFL/06BULLS-四国IL/徳島インディゴソックス
MAX152キロの力強い直球を中心に、三振を取る投球が持ち味。昨春にはソフトバンク三軍と対戦して、9回16奪三振無失点!

7位
長坂 拳弥 (ながさか・けんや) 捕手 22歳
右投右打 173cm78kg
群馬・健大高崎高-東北福祉大
リード、捕球、送球、どれをとってもレベルが高く、今年の大学生候補ではトップランクの捕手。一発を打てるパンチ力も。

8位
藤谷 洸介 (ふじたに・こうすけ) 投手 21歳
右投右打 194cm90kg
山口・周防大島高-パナソニック
高校、社会人と無名ながら、今年に入ってソフトバンクやオリックスとの交流試合で好投。直球とカーブの緩急差が効果的。

解説
昨年に引き続き、金本知憲監督の鶴の一声によるサプライズが見事に炸裂しましたね~。会場でも、ネット上でも驚きの声が出ました。ただ、直前まで1位指名と思われた佐々木千隼が、まさかの1巡目全球団スルー。「こんなんだったら1位佐々木、2位大山で行けたんじゃないのか。弱気の指名だ!」という不満を持つ人が多数いたのも、致し方のないところではあります。ただ、大山はオリックスなども上位指名をほのめかしていましたから、2位まで待っていたら消えていた恐れもあるので、何とも言えません。それだけ金本監督が惚れ込んだ選手ということであり、大山にはプレッシャーになりますが、乗り越えていくしかありません。2位以降は、どちらかというと素材型の指名が中心になりましたが、投手陣はいずれも大物感を漂わせるメンツが揃い、「超変革」へ向けての期待を感じさせる内容だと思います。糸原、長坂の両野手は、下位指名ながら、早い内から一軍に顔を出してほしいですね。個人的には、そんなボロカス言うほど悪い指名でもなかったのではないかと…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その5

2016-11-04 21:24:50 | 野球・ドラフト「怪」説
★埼玉西武ライオンズ

1位
今井 達也 (いまい・たつや) 投手 18歳
右投右打 180cm70kg
栃木・作新学院高
3年春まで控えだったが、夏に大ブレイクして甲子園の優勝投手となった。MAX152キロの直球とカッター、スライダーが◎!

2位
中塚 駿太 (なかつか・しゅんた) 投手 22歳
右投右打 191cm105kg
茨城・つくば秀英高-白鷗大
体格も、MAX157キロの直球も、メジャーリーガー級のド迫力!制球力が課題だったが、下半身強化で徐々に改善傾向にある。

3位
源田 壮亮 (げんだ・そうすけ) 内野手 24歳
右投左打 179cm73kg
大分・大分商業高-愛知学院大-トヨタ自動車
堅実かつ華もある遊撃守備は、プロのスカウトも手放しで絶賛。打撃に力強さが出てくれば、1年目からレギュラー奪取も。

4位
鈴木 将平 (すずき・しょうへい) 外野手 18歳
左投左打 175cm75kg
静岡・静岡高
青木宣親(米・アストロズ)タイプの好打者。今夏のU-18アジア選手権では木製バットでも打率.318と、対応力を披露した。

5位
平井 克典 (ひらい・かつのり) 投手 25歳
右投右打 180cm83kg
静岡・飛龍高-愛知産業大-Honda鈴鹿
サイドに近いスリークオーター。社会人3年目の今年、直球の威力が増して得意のスライダーがより効果的になり、急成長!

6位
田村 伊知郎 (たむら・いちろう) 投手 22歳
右投左打 173cm80kg
兵庫・報徳学園高-立教大
上背はないが、パワーがギュッと詰まったような体格で、MAX151キロの直球はホップするような伸び。マウンド度胸も抜群。

解説
西武のドラフトは、他球団とは一線を画す独特さがあって、「え、誰!?雑誌見てもネットで調べても情報全然出てねぇー!」みたいなサプライズ指名が多々あったりしますが、今年はやけにオーソドックスで、逆に不気味なぐらいですね。しかし、チームの弱点をカバーする、的確な指名ができたのではないでしょうか。1位は誰で来るか読めなかったのですが、今井は中日だと思い込んでいたので驚きました。これで4年連続して、1位は競合なし。運の良さは当然ありますが、戦略も上手いですね。今井に続いて2位は中塚。いずれも即戦力とは言いづらいですが、スケールの大きい先発候補として期待したいところです。3位の源田は遊撃手が欲しい現状に即しており、4位の鈴木はこの順位まで残っていたのが奇跡的。さらには5位で平井、6位で田村と、リリーフの即戦力候補もぬかりなく指名しました。個人的には、指名順的にもベストな内容だと思いますね。「できれば左投手も1人欲しかった」とか「右の外野手も1人欲しかった」とか注文付けるのは贅沢言い過ぎよ!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その4

2016-11-02 21:57:05 | 野球・ドラフト「怪」説
★東京ヤクルトスワローズ

1位
寺島 成輝 (てらしま・なるき) 投手 18歳
左投左打 183cm88kg
大阪・履正社高
エンジンが大きいだけでなく、それをきっちり制御して投げられる技術を持った超高校級左腕。でも、急がずに育てたい…!

2位
星 知弥 (ほし・ともや) 投手 22歳
右投右打 183cm84kg
栃木・宇都宮工業高-明治大
鋭い腕の振りから放たれる直球はMAX156キロ。大学ではリリーフが多かったが、今秋のリーグ戦では先発でも好投を見せた。

3位
梅野 雄吾 (うめの・ゆうご) 投手 18歳
右投右打 175cm84kg
福岡・九州産業高
闘志をむき出しにして、MAX154キロの直球を中心に力勝負を挑むスタイル。感情を制御できるようになればもう一皮むける。

4位
中尾 輝 (なかお・ひかる) 投手 22歳
左投左打 180cm83kg
愛知・杜若高-名古屋経済大
名古屋経済大初のドラフト指名選手。MAX151キロの直球とスライダーで空振りが取れる上に、完投能力が高いのも頼もしい。

5位
古賀 優大 (こが・ゆうだい) 捕手 18歳
右投右打 177cm74kg
高知・明徳義塾高
遠投115mの肩と素早い送球で、2秒を切れば優秀とされる二塁送球は最速1秒8。打撃は長打力は乏しいが右打ちが上手い。

6位
菊沢 竜佑 (きくさわ・りゅうすけ) 投手 28歳
右投右打 183cm85kg
秋田・秋田高-立教大-山崎製パン-横浜金港クラブ-米独立/ソノマ・ストンパーズ-相双リテック[軟式]
大学で右肘を痛め、卒業後は一般就職するも、野球から離れられずに様々な球界を渡り歩いた。MAX148キロの直球で勝負だ!

育成枠
1位
大村 孟 (おおむら・はじめ) 捕手 25歳
右投左打 169cm80kg
福岡・東筑高-福岡教育大-九州三菱自動車-BCリーグ/石川ミリオンスターズ
強肩好守が特長。高校の教員免許を持つだけに、投手への目配り・気配り・思いやりは、生徒を見守る先生のごとく細やか。

解説
寺島の指名はドラフト会議の2日ほど前には決まっていたそうで、真中満監督が「隠すのが大変だったよ(笑)」とコメントしていましたが、「DeNAが寺島を指名」という報道があった時は、昨年の「髙山事件」のこともあり、「またクジ引きに参加しなければならないのか」と、内心ドキドキしていたのではないかと思います(笑)。結果的には見事な一本釣りで、2位以下の指名も、チームの弱点であるバッテリーの補強に特化した内容で、悪くなかったですね。特に投手は、既存の戦力に力勝負できる選手が少ないことを踏まえ、速球派に的を絞った点が目に付きます。ただ、全体的には素材型が多く、即効性という面ではいささか物足りなさが否めません。寺島は完成度が高く、割と早く一軍デビューできるとは思いますが、あくまで高校生であり、無理は禁物。球数制限を課すなどして、段階を踏んで育成してほしいです。あとは、若手が払底している外野手の指名がなかったことが気になりますが、野手の指名候補は来年の方が多いので、今年はあえてスルーしたのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラフト「怪」説2016「外れ1位が皆佐々木。これがホントの『千隼フル』」その3

2016-11-01 23:30:09 | 野球・ドラフト「怪」説
★東北楽天ゴールデンイーグルス

1位
藤平 尚真 (ふじひら・しょうま) 投手 18歳
右投右打 186cm84kg
神奈川・横浜高
名門・横浜高で1年秋からエースとなった、MAX152キロの本格派。伸びしろの大きさもまた魅力的な、将来のエース候補だ。

2位
池田 隆英 (いけだ・たかひで) 投手 22歳
右投右打 180cm80kg
東京・創価高-創価大
ソフトバンク1位指名の田中正義とは、高校時代からエースの座を争った。球威なら田中に負けておらず、粗さが取れれば。

3位
田中 和基 (たなか・かずき) 外野手 22歳
右投両打 181cm75kg
福岡・西南学院高-立教大
長打力があるスイッチヒッターは、今も昔も希少価値が高い。50m5秒8の脚力、遠投125mの強肩にも大きな期待がかかる。

4位
菅原 秀 (すがはら・しゅう) 投手 22歳
右投左打 183cm78kg
福井・福井工大福井高-大阪体育大
決め球は、高校の先輩・宋相勲(元・中日)に教わったナックルカーブ。課題の制球力も向上しつつあり、楽しみな本格派。

5位
森原 康平 (もりはら・こうへい) 投手 25歳
右投左打 185cm88kg
広島・山陽高-近畿大工学部-新日鐵住金広畑
社会人3年目の今年に入って直球が一段と速くなり、都市対抗ではMAX151キロを記録。リリーフの即戦力として期待できる。

6位
鶴田 圭祐 (つるた・けいすけ) 投手 22歳
左投左打 180cm86kg
香川・藤井学園寒川高-帝京大[準硬式]
「硬式よりスピードが出ない」と言われる準硬式球でMAX149キロを記録。硬式球で、未知の能力がどこまで引き出されるか。

7位
野元 浩輝 (のもと・ひろき) 投手 18歳
右投右打 181cm73kg
長崎・佐世保工業高
昨秋からフォームの改良に取り組み、直球が13キロ速くなってMAX146キロに。右打者の懐に食い込むシュートも評価が高い。

8位
石原 彪 (いしはら・つよし) 捕手 18歳
右投右打 171cm90kg
京都・京都翔英高
今年、チームを夏の甲子園初出場に導いた、強肩強打の「京都のドカベン」。先日急逝した浅井敬由監督のためにも活躍を!

9位
高梨 雄平 (たかなし・ゆうへい) 投手 24歳
左投左打 175cm80kg
埼玉・川越東高-早稲田大-JX-ENEOS
大学3年の春に完全試合を達成して脚光を浴びた左腕。MAX145キロの直球に多彩な変化球を絡めて、粘り強く投げるタイプ。

10位
西口 直人 (にしぐち・なおと) 投手 20歳
右投右打 183cm80kg
大阪・山本高-甲賀健康医療専門学校
高校時代から複数の球団のスカウトが注目していた本格派。MAX149キロの質が良い直球で空振りを取れるのが最大の長所だ。

育成枠
1位
千葉 耕太 (ちば・こうた) 投手(外野手) 18歳
右投右打 190cm87kg
岩手・花巻東高
投打にスケールが大きく、高校の先輩である「大谷翔平(日本ハム)2世」と言われているが、本人は投手専念を希望とか。

2位
南 要輔 (みなみ・ようすけ) 内野手 22歳
右投右打 175cm73kg
東京・東海大菅生高-明星大
育成枠ながら、明星大初のドラフト指名選手となった。今秋のリーグ戦では.442で首位打者に輝いた、俊足巧打堅守の逸材。

3位
向谷 拓巳 (むかいたに・たくみ) 内野手 20歳
右投左打 170cm68kg
奈良・大和広陵高-BFL/兵庫ブルーサンダーズ
高校時代は捕手で、立田将太(日本ハム)の女房役だった。俊足巧打で、BFLでは2年連続打率3割、30盗塁以上を記録した。

4位
木村 敏靖 (きむら・としやす) 投手(外野手) 21歳
右投左打 176cm76kg
奈良・御所実業高-履正社医療スポーツ専門学校
専門学校には毎日始発で通い、無遅刻無欠席の優等生。投げてはMAX152キロの直球、打っては俊足強打でチームの中心選手。

解説
ここ3年は6位、6位、5位となかなか浮上できず、苦しいシーズンが続く楽天。近年のドラフトの傾向から鑑みるに「1位は高校生の指名が続いてるけど、そろそろ即戦力の投手が欲しいだろう。田中正義か柳裕也か佐々木千隼(桜美林大・ロッテ1位)あたりかなぁ」なんて思っていたら、まさかの藤平一本釣りで驚きました。これで1位指名は5年連続して高校生。楽天フロントは本当に腹が据わっていますね。2位以下も、1年目から確実に戦力になれそうなのは5位の森原ぐらいで、それ以外の選手は少し時間がかかりそうなタイプが多く、「3年連続Bクラスのチームがそんな指名してる余裕あるんかい」という気がしないでもないですが、これはこれで「出来上がった選手を獲るよりも、伸びしろの大きい選手をコツコツ育てていく」というチームのポリシーが出た指名なのかな、とも感じます。ともあれ、各々特徴がハッキリしていて、ものになった時の見返りの大きさは期待できそうな面々であり、現場の育成力に期待したいところ。時間をかけて見守っていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加