ひろひろの生活日記(LIFE Of HIROHIRO)

パソコン講習とソフト開発をしています。自作小説も掲載しています。ネット情報発信基地(上野博隆)Ueno Hirotaka

Ken_Gansyo_Honzon_Kaiji_syo No.0004-03-06

2017年05月11日 09時57分21秒 | 法華経の一説〔解)
Ken_Gansyo_Honzon_Kaiji_syo No.0004-03-06

"体"(Tai):Body

"諸天善神"(Syoten_zenjin):Good god in stage of various gods.(いろいろな神の舞台にいる良い神)

"死の神様仏様"(Death_God):死を運ぶ神様(The God who carries death)
He was protecting the person who does a scripture of a lotus.Therefore he hid in the shadow and was killing a person.But his heart became nervous by the crime.When having that, he "do Buddhism", voice was heard.He noticed disobeying Buddhism.And he promised that he does the good justice.The heart which not kill.The heart which loves and punishes a person.

彼は、蓮の経典を行う者を守っていた。彼は、そのため影に隠れて人を殺していた。しかし、その罪で彼の心は神経質になっていた。ある時、彼は「自ら仏法を行いなさい」との声を聞いた。彼は、仏法に背いていたことに気づいた。そして、彼は良い正義を行うことを誓った。殺生をしない心。人を愛し罰する心。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ken_Gansyo_Honzon_Kaiji_syo... | トップ | 自民党で信用できるのは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法華経の一説〔解)」カテゴリの最新記事