雄次の自由ブログ

色んなテーマについて自由に書く

不当逮捕と軽はずみに言うべきではない

2017-05-19 18:30:00 | 日記
活動家は逮捕されるとすぐ不当逮捕だとわめき倒す。警察も馬鹿じゃない。しっかりとした証拠があるはずだ。

表現活動するのは自由である。憲法でも保障されている。自由に行使すればいい。権力に屈してはならない。

しかしながら、違法行為は許されない。公共の福祉に反する行為は、表現の自由ではないのだ。

それで逮捕されて不当逮捕だとわめき倒すのはおかしい。聞いて呆れる。決して不当逮捕ではない。

まがいなりにも活動家なら、法律は厳守すべき。まずは法律を勉強してから、活動すべきだと思う。

稀に冤罪もある。だから裁判で判決が確定するまで何も言えない。だが、警察も闇雲に逮捕しているのではない。

見せしめに逮捕することもある。僕から言わせてもらうなら、逮捕されるような言動をするから悪いのだ。

逮捕されたくないなら、違法行為をしないことだ。活動家としてのプライドを捨てること。真っ当に生きること。

不当逮捕だとわめき倒す前に、自分たちの活動内容も見直すべきだ。軽はずみに不当逮捕だと言うべきではない。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友問題を政治利用するな | トップ | 竹島は日本固有の領土 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。