雄次の自由ブログ

色んなテーマについて自由に書く

公人の靖国参拝は正しい

2017-05-16 18:30:00 | 日記
公人の靖国参拝は正しい。中国や韓国は、口を挟むべきではない。極左の方々も日本人なら容認すべきだ。

政教分離だとか批判をするが、最高裁で合憲と判例がでてる。信教の自由とは関係ないのだ。一緒にするな。

もし、政教分離だとするなら、公明党はどうなるのか。色んな解釈をしているではないか。靖国参拝も同様だ。

A級戦犯の問題もあるだろう。しかしながら、日本の為に戦ってくれたことにはかわりない。命は平等である。

公人は、堂々と靖国参拝すべきだ。外交問題は考える必要はない。日本の国会議員なら、日本の為に働くのだ。

中国や韓国の批判は放っておいていいだろう。しかし、戦争を美化するな。一番醜い争いが、戦争だろう。

靖国参拝は日本人の責務である。祖国の為に命を賭けて戦ってくれた。参拝するのは当然だ。日本人として。

安倍晋三総理大臣の靖国参拝は正しかった。また靖国参拝して欲しい。批判されるのをわかった上での靖国参拝。

他の大臣や国会議員の靖国参拝も正しかった。日本の誇りである。批判は放っておけば、いずれ収まるものだ。

公人の靖国参拝を是非とも継続して欲しい。批判をおそれず、戦争で命を落とした方々を追悼すべきである。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮には正義の鉄槌を | トップ | 人工中絶に反対 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。