史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

川端二条

2016-10-29 21:17:38 | 京都府
(頂妙寺)
 文久三年(1863)六月、上京した真木和泉守は、頂妙寺の塔頭を宿舎とした。日記には「長明寺」と記されている。


頂妙寺
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新京極 Ⅲ | トップ | 「菜の花の沖」 司馬遼太郎... »

コメントを投稿

京都府」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。