史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

大田原 須賀川

2017-07-16 17:16:12 | 栃木県
(雲厳寺)
 雲巌寺は、弘安三年(1283)に仏国国師が開山したという古刹である。銅板葺きの山門は、かつてはこけら葺きであったという。江戸前期の建築といわれる。


雲巌寺

 元治元年(1864)十月一日、天狗党は大子から八溝山麓を西に進んで、須賀川から雲巌寺に出た。この時、諸生派は伐木を並べて発砲し進路を阻んだ。その時の弾痕が雲巌寺の山門に残っていたが、今は埋木してあって、確認することができない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大子 Ⅱ | トップ | 太田 Ⅱ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。