史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

根岸

2017-05-13 00:37:11 | 神奈川県
(三渓園)


三渓園

 この日、横浜は雨だった。しかし、花の盛りはこの週末を逃すと、あと一年待たなくてはいけない。意を決して三渓園を訪ねることにした。
 三渓園へは、JR根岸駅からバスで十分。本牧というバス停で下車すれば、あとは歩いて七~八分である。
 三渓園は、明治末から大正にかけて製糸・生糸貿易で財を成した横浜の実業家・原三渓(富太郎)が築いた壮大な庭園である。京都や鎌倉から移築された十七棟の歴史的建造物や、四季折々の自然を活かした庭が見どころである。雨で足元はぬかるみ、ズボンの裾は泥で汚れてしまった。やはり良い天気の日に訪ねたい。


松風閣

 この場所は明治初年に原善三郎が購入し、明治二十年代に山上に松風閣を建てたことに始まる。富太郎が三渓園として造園に着手したのは、善三郎が亡くなった明治三十二年(1899)以降のことである。
 原善三郎が別荘として建てた松風閣は、伊藤博文により命名されたもの。大正十二年(1923)の関東大震災により倒壊、焼失した。今、わずかにその残骸を見ることがきできる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日野 Ⅴ | トップ | 芦花公園 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。