史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

伊香保

2016-11-20 08:27:36 | 群馬県
(伊香保神社)
司馬遼太郎の「北斗の人」は、千葉周作が始めた北辰一刀流が伊香保神社に額を奉納しようとし、それを阻止せんとする馬庭念流との間で激しい抗争となる。いわゆる「伊香保神社掲額事件」が最後を飾るクライマックスとなっている。この事件は司馬先生の創作ではなく、実際に文政五年(1822)に起きた事件である。結局、北辰一刀流側は掲額を断念する。従って今伊香保神社を訪ねても、当然ながらそこに北辰一刀流の額はない。


縣社伊香保神社


伊香保神社

 伊香保神社本殿に奉納額を発見。しかし、文字が一切読み取れず、残念ながら誰が奉納したものか分からない。


高山彦九郎の腰掛石

 高山彦九郎は、数えで二十九歳のとき、伊香保を訪ねている。「安永二年(1773)十一月十七日、米野から八崎へ出て、渋川手川を目指した。旅の目的は、手川の大島郷右衛門と、伊香保大屋十二軒の一つである大島甚左衛門を訪ね、大島氏の系譜を調べるためであった。」(赤城行)
 この時、伊香保神社に参拝し、この石に腰掛け、日記をつけたといわれる。

(伊香保温泉)


伊香保温泉

 伊香保温泉に入ると、温泉特有の硫黄の臭いが鼻を突く。伊香保温泉は、伊香保神社までの参道が石段となっており、高低差六十八メートル、その数三百六十五段である。三百六十五段というと、さほど大変な階段ではなく、わずか十分足らずで終着点伊香保神社に達する。因みに香川の金毘羅さんの石段は、千三百六十八段。さすがに千段を越えるとタフである。


伊香保関所跡

 階段の途中に伊香保関所が再現されている。伊香保は、高崎から越後に至る街道上に位置し、交通の要所であった。寛永八年(1631)、幕府の命によりこの地に伊香保村口留番書(関所)が設けられ、明治二年(1869)に廃止される二百三十八年にわたりその役割を果たし続けた。


松根東洋城句碑

 関所跡のすぐ下の公園に俳人松根東洋城の句碑がある。松根東洋城は、明治十一年(1878)の生まれで、正岡子規の知遇を受けた俳人であるが、直接「幕末維新」とは関係はない。ただし、東洋城の父は、宇和島藩家老松根図書なもので、ここで紹介した次第である。石碑に刻まれた俳句は、東洋城揮毫のものである。

 秋風や いかな動かぬ 山の大

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤城山 | トップ | 南牧 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。