史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

池田

2017-06-17 15:16:23 | 福井県
(善徳寺)


善徳寺

 善徳寺の裏山に「水戸浪士の生墓」と呼ばれる墓がある。
水戸浪士約一千が、木本、宝慶寺を経て池田に入ったのは元治元年(1864)十二月八日のことであった。彼らは東俣から谷口までの沿道十か村に分宿し、善徳寺には小野斌男(藤田小四郎の変名)以下、三十人と馬五頭が止宿した。翌九日、浪士たちは出発に当たって、一夜の歓待を感謝して謡曲数番をうたって別れを惜しんだ。この寺に泊まった浪士のうち、石上庄兵尉藤原政治、篠田利助藤原元治の二人は、神妙な面持ちで住職観意和尚の前に出、申し出た。「二人はいずれ近いうちに死ぬ身である。その時は観意和尚に引導を渡してもらいたいが、それもできまいから、髻(もとどり)を持参したのでこれを遺骨代わりに墓を建て、供養してもらいたい」というと、深々と頭を下げ、紙に包んだ髻を老僧に差し出した。観意和尚は「死を急いではならぬ」と強い口調でたしなめた。彼らの髻は今も寺に伝えられ、「生墓」と呼ばれる墓は、裏山にある。


天狗党の生墓

(大庄屋飯田家)
 東俣(ひがしまた)は、中世越前国今南東郡池田庄の集落の一つで、古くから当地には「池田の三関」と呼ばれた関所が置かれていた(他の二つは、志津原、水海)。
 江戸期は越前国今立郡に属し、初めは福井藩府中本多氏の知行地、幕府領を経て、享保五年(1720)以降、鯖江藩領となった。
 武田耕雲斎らは東俣村の飯田彦治兵衛邸に宿泊した。飯田家は代々庄屋を務める家柄で、教養も高く、尊王の志も厚い人で、耕雲斎と話が弾んだという。浪士隊は、当地で一泊した後、大阪峠を越えて今庄宿へと向かった。


大庄屋飯田家

 飯田家の近くに猩々の杜と呼ばれる、樹齢数百年を越える欅の大木から成る森がある。この森に囲まれて、「猩々の宮」と称する祠がある。飯田彦治兵衛家の鎮守堂である。飯田彦治兵衛家は、文政十一年(1828)から安政六年(1859)までの約三十年間、池田郷の大庄屋を務め、苗字帯刀を許された家柄である。今も長屋門を備えた、格式を感じさせる佇まいである。


猩々の宮

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今庄 | トップ | 大野 Ⅴ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。