史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

館山 Ⅳ

2017-07-01 08:30:56 | 千葉県
(慈恩院)

 今回、館山の再訪に際し、館山市立博物館のホームページ「たてやまフィールド・ミュージアム」を参考にさせていただいた。この情報を頼りに慈恩寺の墓地を再度歩いた。


高橋周行(ちかつら)翁之墓

 館山藩士高橋周行は、稲葉正己・正善に仕えて、勘定方・公用人・江戸留守居役などを勤め、新政府との交渉にもあたった。通称文平。明治三十二年(1899)没。七十七歳。


代田蓊居士

 代田蓊(しろたしげる)は、明治八年(1875)六月に没した。人物像は不明だが、天保十五年(1844)に在所詰郡奉行の代田隼登(はやと)がいる。


乙幡雲郭(おっぱばうんかく)墓

 乙幡家は館山藩家老職の家柄。通称淳介といい、幕末に藩公用人として『武鑑』に名が見える。儒学者として知られ、慶応四年(1868)に隠居して手習師匠の養成のため私塾を開き、教育振興に尽した。


有無両縁群霊墓

 慶応四年(1868)戊辰七月十日、当寺の二十世が建立。戊辰戦争に参戦した人々の供養塔のようである。ほとんど草に埋もれようとしている。

(上真倉)
 上真倉と書いて「かみさなくら」と読む。上真倉の駐車場の一角に天狗党木村円次郎の墓がある。


妙法 蓮乗劔霊 
元治二丑四月三日 木村円次郎

以下、館山市立博物館の歴史散策マップのコーナーより。
――― 上真倉の字宇和宿に下宿というところがあり、別にかあしんだい(川岸台)というそうですが、汐入川左岸に水戸藩士木村円次郎の墓があります。ここは下真倉からの道があったところで、汐入川を歩いて渡れる場所でした。墓のある場所は刑場だったと伝えられています。木村円次郎は元治元年(1864)の水戸藩尊攘派による筑波山挙兵、いわゆる天狗党の乱に加わった藩士の一人で、降伏後仲間十二人とともに、館山藩に預けられ、翌年四月木村は処刑されました。他の十二人は水戸藩へ引渡されています。

(館山陣屋跡)


館山陣屋跡

 稲葉氏が館山藩主に任じられたのは天明元年(1781)のことで、寛政三年(1791)にこの地に陣屋が建てられた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君津 Ⅱ | トップ | 西麻布 Ⅳ »

コメントを投稿

千葉県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。