史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

君津 Ⅱ

2017-07-01 08:19:28 | 千葉県
(招魂之碑)


招魂之碑

 君津の鹿野山を訪ねたのはこれで四回目か、五回目になる。ブログに榎本武揚書の招魂碑を探しあぐねていることを書いたところ、「よなるで」様より「こちらの碑は、神野寺を背に前の道を右に少し進みますと、左手に墓地に続く未舗装の道がございます。その道を入ってすぐ、右側の丘の上にございます。案内板が出来たのでわかりやすいかとは思いますが、登りづらいので行かれる際はお気をつけ下さいませ。」との情報をいただいた。
 その通り神野寺の前を西へ数百メートル行ったところに霊園入口の案内板があり、そこを入ると直ぐに見付けることができた。
 この招魂碑は、戊辰戦争で旧幕府側について敗れた上総請西藩士の英霊を慰めるために、明治三十年(1897)に建てられたもので、江戸城のあった方向を向いているそうである。碑の右側面には請西藩の従軍者、戦病没者の氏名が刻まれている。左側面には、三十年祭の当事者の一人として祭主林忠崇の名前が見える。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大多喜 Ⅲ | トップ | 館山 Ⅳ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。