史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

八王子 Ⅸ

2017-05-13 00:18:14 | 東京都
(伊勢屋)


伊勢屋

 慶應三年(1867)十二月十四日、甲府城を乗っ取ることを目的とした浪士団(首領は上田修理)が、三田の薩摩藩邸を出立し、翌日八王子に到着した。彼らは妓楼の壺伊勢屋孝右衛門方に宿泊した。その数十二名と記録される。それにしてもわずか十名程度で城を乗っ取ろうなど、豪胆というか無謀というか…。結果からいうと、やはり無謀だったのであろう。韮山代官江川太郎左衛門の送り込んだ密偵であった原宗四郎は、浪士の一部を壺伊勢の向いの柳瀬屋に誘い出し、浪士団の分断に成功した。直ちに日野宿の佐藤彦五郎に通報し、彦五郎は追手を連れて壺伊勢を襲った。激しい戦闘となり、浪士側は六名が死亡、日野側も二人が命を落とした。
 当時、壺伊勢は甲州街道沿いの浅川に面した場所にあったとされる。伊勢屋は今、呉服屋と和菓子屋として、商店街で営業を続けている。伊勢屋のマークが壺型をしているのが、辛うじて「壺伊勢」を偲ぶよすがとなっている。


壺伊勢

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上中里 Ⅱ | トップ | 立川 砂川 »

コメントを投稿

東京都」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。