県民に寄りそう岡山県政へ 植本かんじのブログ

岡山県知事選挙に向けてがんばる「民主県政をつくるみんなの会」植本かんじの活動を紹介します。

10.16表町練り歩き&天満屋前街頭演説

2016-10-16 16:45:52 | 植本かんじの活動
10.16表町練り歩き&天満屋前街頭演説


10.16県知事選挙
選挙戦も中盤戦に入り、植本かんじ候補は岡山市内で訴えました。13時からは、アートフェスティバルで賑わう表町商店街を支援者70人とともに練り歩き、天満屋前で街頭演説を行いました。12時45分にシンフォニー前に集合した支援者たちは、声を揃えて「住民こそ主人公」「みんなで実現」「植本かんじを県知事に押し上げよう」とメガフォンで訴えました。
練り歩きでは報道陣が囲む中、表町を行き交う人々と握手を交わし、個人ビラを手渡しました。森脇県議が拡声器を使って候補者に代わり「県政を民主的に転換しよう」と訴え、緑ののぼりが後に続きました。
天満屋前の街頭演説では、青年を代表して近藤哲也さん、年金者組合から佐田幸恵さん、新婦人から原のぶよさんがそれぞれリレーでマイクを握り、悪政から県民を守る政治の実現を求めました。植本かんじ候補は「福祉、教育、地場産業支援の3つのチェンジの実現を」と訴え、「とりわけ障害者医療を無料にするための財源は1400万円だ。なぜこれができないのか?冷たい県政と言わざるを得ない」と伊原木県政を批判しました。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日、朝日茂さんの遺志... | トップ | 天満屋前街頭演説・植本候補... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。