goo

鳥栖KJ邸<光が巡る家>現場訪問

先週、福岡出張の機会があり、今春に設計した鳥栖KJ邸の現場に立ち寄ってきました。今回は工務店さん経由の仕事(R+House)なので、現場監理はないのですが、やはり自分が設計したものは確認しておきたかったんです。

 

 

若干の調整事項はありましたが、ほぼ設計通りに立ち上がっていました。訪問時は断熱材の施工がほぼ終了。施工はEarth friendlyさんですが、現場も非常にキレイでゴミも分別整理されているのには感心しました。

 

 

この家のコンセプトは<光が巡る家>。光の取り込みはどの家でももちろん意識していることですが、方位によって光の取り入れ方をがらっと変えたのが特徴です。まだ、平屋だと空間が単調になりがちですが、勾配天井で空間に変化をつけ、ハイサイドライトから効果的に光が導かれるようになっています。

 

 

高気密・高断熱住宅ですが、ハウスメーカー住宅のようにひたすら窓を小さく数値ばかりを追い求めたものではなく、通風や採光にも十分配慮したパッシブ住宅です。それでも、Ua値は0.53で一次エネルギー消費量も基準値の40%ぐらいに押さえられていますし、太陽光パネルも乗せているNet Zero Energy House(ZEH)仕様の住宅です。

ちまたではZEH、ZEHと騒がれていますが、数値を押さえることもさることながら、大事なのは数値化できない部分なんですよね。そういう部分って体感してもらえれば一目瞭然なんですけどね。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 古民家リフォ... 真田十万石の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。