goo

完成しました!<川崎SG邸リフォーム>

川崎SG邸リフォームは、今週、無事お引渡しを致しました。建て主さんは想像以上のものが出来たととても喜んで下さいました。

今回のテーマは限られた面積をいかに広く見せるか。面積自体は増やせませんので、次のようなことを考えました。

・広々としたメインのワンルーム的空間とバックヤード的なサブスペース

・ぐるぐる回れる回遊動線

・バルコニーの外側にルーバーを設け、バルコニーの室内化

・高さ2200mmと2700mmの2種類の天井高を使い分け、高さの変化で広さを演出

・天井までの開口、欄間、シースルーガラスによる視線の抜け

 

ほぼ、意図通りに出来たのではないかと思います。取り急ぎ写真をアップします。家具もこだわって入れられますので、家具入りの写真も後日アップ致します。

 

玄関アプローチ。床を上げたので上がり框は2段としている。右側は皿を飾るスペース

 

リビングから日よけルーバー付のバルコニーを見る。

 

キッチンからリビング、玄関ホール方向を振り返る。

 

 

キッチンからバックヤード的なサブスペース(書斎、納戸、トイレなど)を見る。上が欄間になっており、小部屋でも暗さを感じず開放感がある。

 

ダイニング側はショーケースとなっいるキッチン。家具は全てエクレア製。

 

日よけルーバーを設け、バルコニーと室内を一体化

 

西日を遮る日よけルーバー

 

寝室もバルコニーに面し、開放的。枕元側は木壁とし、上部はエコカラット貼り。

 

洗面と一体となった浴室

 

浴室から洗面を振り返る。奥はトイレの手洗い。

 

水栓やボウル類はクライアントのセレクト。楕円形のシャープなボウルにカクカクっとした水栓の組み合わせが斬新。

 

私が主宰する事務所はこちら↓

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 床暖あれこれ... あけましてお... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。