庭木の剪定屋さん

神戸玉津の里から植木屋さんがチョキチョキ挟むトコトコ歩く

不要な庭木伐採のすすめ

2017-06-18 07:41:54 | 日記

 狭い狭い庭で生活しようと思うと、おのづと

庭木は境界沿いに追いやられる訳ですが、そう

するとどうなるかを想像しない人は多いです。

境界塀沿いに植えられた庭木は、当然隣地方面

へも伸びようとしますし、落葉の問題も発生し

ますし、蚊や虫の温床となる。

剪定してると隣人が寄ってきて愚痴をこぼす

ことは多いです。家人には言わないけどね。

隣人の我慢(金持ち喧嘩せず)を良いことに、

隣人は大人しくて何も言えない人だと思ってい

たら急に切れだした。なんてことも良く聞きま

すが、何十年落ち葉掃除をしてきた修行僧のよ

うな隣人を思いやる感性は必要でしょうね。

ではでは。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついで客にはろくなのが居ない | トップ | 夏野菜と言えばキュウリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。