庭木の剪定屋さん

神戸玉津の里から植木屋さんがチョキチョキ挟むトコトコ歩く

庭木は4m以下が基本です

2017-05-03 20:10:49 | 日記

 庭木を何年も放置し、剪定して欲しいと依頼してくる人

がいますが、大きくなるまでの間何を考えて生活している

のかと思ってしまう。そのくせ、バランス良くとか見栄え

云々を言ってくる。5m以上大きくして置いて半分にして

ねと尚且つバランス良くと言われても、できませんと答え

る次第ですが、それなりに見栄えをとお考えの方は、樹高

は何mの高さまで、幅はこれくらいまでと、植えた時に決

めておいて対策してもらいたいです。

ちなみに、本日剪定のK様宅ゴールドクレストですが、12

尺(天端高3.6m)の三脚で刈り込んでますが、剪定後で

4mの高さがありますが、これ以上大きい三脚で作業をす

るとなると非常に作業性が悪くなります。業者でも危険な

ので、庭木として管理するなら大きくても小枝の先が4m

までで収まるように抑えて行くことは重要です。

剪定屋さん、15尺(1尺=30cmなので4.5m)の

三脚まで保有してますが、ただ上がるだけなら誰でもでき

ますが、三脚上で両手を使って作業すると足にも力が入る

ので、三脚がシナってヒヤッとすることは多いです。

なお、梯子は立てかける場所が必要ですし、傾斜地など不

整地では使い物になりません。

九州など地方では、伝統的な長尺梯子が剪定に使われてい

ますが、数人でのフォローが必要で簡単なものではありま

せん。

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 除草剤で雑草対策 | トップ | ビワの実摘果袋かけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。