庭木の剪定屋さん

神戸玉津の里から植木屋さんがチョキチョキ挟むトコトコ歩く

カミキリ虫を見つけたら捕殺すべし

2017-06-14 18:17:28 | 日記

 この時期剪定してますと根元辺りで見かける

カミキリ虫。こいつは厄介な害虫でテッポウ虫

とも呼ばれてますが、幹や枝を食いながら木内

部に侵入し卵を産み付けます。

その卵から孵った幼虫が木内部を食害するので

ひどい場合は枯死する、そういう害虫です。

樹種を選ばない厄介者で、強剪定後の樹勢が衰

えた庭木に侵入しやすく、剪定後は観察が大事

です。カミキリムシが侵入すると、おが屑を出

しながら侵入するので、事後発見となりますが、

進入穴にスミチオン原液を流し込むと良いでし

ょう。専用スプレーも売ってます。

ご用心。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兼業で米作り | トップ | ついで客にはろくなのが居ない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。