気まぐれ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
色々な木工作品の紹介やの取り組み
教育の意見や考え

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうすればいいか

2017-02-09 10:18:05 | 日記

一斉授業は効率的合理的なため明治政府は国民の教育を広め富国強兵の理念から強く進めました。

同時に体罰も導入されました。軍国主義への傾倒もベースにあったでしょう。男女は厳しく隔離され全体主義的教育としての一斉授業にっ変貌しました。実際、つい最近までこの傾向が残っていたのですから驚きです。体罰が禁止され男女混合の出席簿になったのは20年ほど前なのです。現場は実際大きな混乱に陥りました。特に中学では集団の統制に体罰がもっとも有効な手段だったのです。これに替わる指導法も提示せず禁止されたのです。学級崩壊や学校崩壊が起こるのは当然です。

今でも時々こんな風景画みられるのですから、根は深いのです。

僕も本当はそうしてました。「けつぱん先生」と言われてたのです。困りました。だれも建前しか言わずどうすればよいかわかりませんでした。

そこで苦しんだ挙句、教育について原点から研究してみました。日本の教育の原点はすでに平安時代にありました。驚きです。この時代は溢れた僧侶によって全国で寺子屋のような塾ができてたのです。

「寺子屋」これだ。

日本の世界に誇れる教育が足元にあったのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一斉授業 | トップ | 寺子屋方式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。