kazutomiのブログ

しがないプログラマが日常の話題を載せていきます。

今年

2016年11月19日 02時49分18秒 | 日記
 『お歳暮』とか『クリスマスケーキ』とか『年賀状用の写真』というキーワードが妻の口から出始めると、年末を意識してなんかそわそわする。

 手術続きだった去年に続き、地震があった今年も一生忘れない年になるだろう。


 仕事に対する姿勢は変わった。生意気かもしれないけど、大人たちの考える落とし所が少しわかるようになった。
 本をあまり読まなくなって、代わりに、見たり、考えたり、人と話すことが増えた。
 技術一辺倒だった僕が、少し違う世界を見たくて前の会社を辞めたのが7年くらい前。もしかしたらこういうのを経験したかったのかも。


 心に残った歌はAKB48の「365日の紙飛行機」と宇多田ヒカルさんの「花束を君に」の二曲。
 「花束を君に」の歌詞をきちんと見た時、文学だと思った。あの短い歌詞で、あんなにきれいに「愛する人の死」を描くなんて。改めて宇多田ヒカルさんは天才だと思った。
 「365日の紙飛行機」にはずいぶん励まされた。「思い通りにならない日は 明日頑張ろう」「人は思うよりも一人ぼっちじゃないんだ。すぐそばの優しさに気づかずにいるだけ」「風の中を力の限りただ進むだけ」。あたたかい。書いてるだけで涙が出そうになる。


 1月終わりに叔父が、今週は伯父が亡くなった。
 なんかね、父や母も年齢的にいつそういうことが起こっても不思議じゃなんだよね。大好きな父と母がね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かげ口 | トップ | 講演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。