上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】

神奈川県綾瀬市政の動きを縦軸にしつつ、
横軸は四方八方に広がります。
綾瀬市議会議員上田博之(日本共産党)です。

「ブログ村ランキング」の応援クリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村ランキングに参加中です。
「ブログ村」アイコンのクリックを
お願いいたします。

6月28日(水)のつぶやき

2017年06月29日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月27日(火)のつぶやき

2017年06月28日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月26日(月)のつぶやき

2017年06月27日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(日)のつぶやき

2017年06月26日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆いたずらに北朝鮮のミサイル攻撃を喧伝する「国民保護計画の見直しを求める決議」に反対しました

2017年06月25日 | 綾瀬市議会あれこれ

 日本の核武装を政策にしている幸福実現党から市議会に出された「北朝鮮のミサイルに備えた避難訓練等の実施を求める陳情」は総務教育常任委員会で全員の反対で趣旨不了承とされましたが、その後、その陳情の趣旨を要約したようなものを、志政あやせ、公明、あやせ市民会議、新政会の各会派が共同で「綾瀬市国民保護計画の早期見直しを求める決議」なるものとして提案してきました。

 提案者だけで15名ですので、この決議は採択されてしまいましたが、私は日本共産党綾瀬市議団を代表して反対討論を行いました。(反対したのは共産党の2名、無会派の3名の計5名)

 私のこの討論に対し、北朝鮮のミサイル攻撃がない、と言ったと、右派の方から揶揄する言葉があるようですが、私はその方に聞きたいのです。
 北朝鮮のミサイル攻撃を現実の危機として認識しているのなら、なぜ原発の再稼働をすすめているのですか? と。 
 北朝鮮の核開発が進まなくても、原発が攻撃されれば同じ、いやそれ以上の惨状になるのですから・・・。
 
 とにかく今 政治に求められているのは、話し合いの外交で緊張をなくしていくことです。
 ただ角突き合わしていくだけでしたら、政治家はいりません。

 できましたら、日本共産党のQ&Aもご参考にしてください。

 以下、私の反対討論を載せておきます。

 

  決議案第1号「綾瀬市国民保護計画の早期見直しを求める決議」について日本共産党綾瀬市議団を代表して反対の討論を行います。

 この決議はたびかさなる北朝鮮のミサイル実験と日本が標的にされる恐れに対して国民保護計画の見直しを求めるものとなっておりますので、まず北朝鮮のミサイル開発についての日本共産党綾瀬市議団の見解から意見をもうし述べさせていただきます。

  北朝鮮が、国際社会の強い警告にもかかわらず、たびたび弾道ミサイル等の発射を強行することは、世界の平和と安定にとっての重大な脅威であり、国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反し、この地域を航行する船舶、航空機の安全にとっても重大であり、私たちは度重なる暴挙に厳しく抗議するものであります。

  そして、この問題の解決は、今年5月22日の国連安保理の声明が表明しているように、外交的解決しかないと考えています。経済制裁の全面実施・強化が必要ですが、その目的は対話におかれることが重要です。

 関係国が北朝鮮との外交交渉に踏み切り、そのなかで核・ミサイルの開発をとめ、その放棄を迫ることが急務であります。特に、日朝平壌宣言の当事者である日本をはじめ関係国が、6カ国協議を含め対話による解決をはかる努力を、抜本的に強めるよう求めています。

  さて、北朝鮮のミサイル攻撃が切迫しているかのような世論が作られようとしていますが、著名な外交官経験者や国際政治学者の見解によれば、実際に北朝鮮が攻撃をしてくることはない、と断言されています。それは、ひとたび戦火を開けば、北朝鮮の政権は一瞬にして崩壊し、キムジョンウン自身の命も確実に消滅することが分かっているからです。

  北朝鮮はアメリカとの対話を一貫して求めています。なぜアメリカは対話に応じないのですか、と私はある学者の方にお伺いしたことがあります。その答えは明快で「対話に応じたら極東アジアの緊張がなくなって、日本や韓国に米軍を駐留させておく理由がなくなってしまう」というものでした。

 それでは実際にミサイル攻撃の可能性がゼロと専門家が考えているなかで、国民保護計画を見直す必要があるのでしょうか。

 私たちは、もともと国民保護計画を策定する根拠となっている「国民保護法」の制定に反対の立場です。この法律に対して反対する論点は数多くありますが、この国民保護法における国民の避難や誘導に限って指摘すると、国民の避難や誘導などを名目に、国民への業務従事命令、物資保管命令、土地使用などを強権的にすすめ、従わない国民には罰則規定まで用意されていることです。

 これらは、国民の人権や自由を踏みつけにするものであり、国民保護に名をかりた国民の戦争への強制動員の具体化の一部となります。

 念のために申し上げれば、大地震や大規模災害が起こった時には、政府や地方自治体が市民の保護に当たらなければならないのは当然の事です。しかし、国民保護法における「国民保護計画」は、災害救済における、住民避難計画とは根本的に違うもので、市民の自由と権利が侵害されるおそれがある計画だという違いを指摘しておきます。

  以上の見解をまとめますと、この決議案にあるように国民保護計画の見直しを求めることは、いたずらにミサイル攻撃の危機感をあおり、そして戦争を身近な現実のものとして感じさせることによって、戦争を受け入れる国民を作り出していく効果が狙われているということが言えるということです。

  最後にこの決議案が想定している背景をなくしていくために、何が必要かといえば、つまり、いま北東アジアの平和について政治に求められていることはなにかといえば、東南アジア諸国連合(ASEAN)のように紛争を話し合いで解決する平和の枠組みをこの北東アジアでも構築することです。

 ASEANでは、東南アジア友好協力条約を結んで、紛争を絶対に武力衝突にはさせないとの共通認識の中で、ほとんど毎日のように話し合いが行われているということです。

 共謀罪が民主主義を蹂躙した究極の強行採決で成立したことによって、今後日本はさらなる監視社会にされてしまうわけですが、そこに罰則付きの国民保護計画を強化することは、ますます閉塞した全体主義の国へと日本を変質させることになってしまいます。

 私たち日本共産党綾瀬市議団は、そうした全体主義への流れに抗し、自由と民主主義、そして平和を日本国憲法の精神にたって守り抜く決意であることを申し述べて、本決議への反対討論といたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日(土)のつぶやき

2017年06月25日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■自民党には秘書をパワハラ(暴言・暴行)するのが「いっぱいいる」と河村元官房長官が豊田議員を擁護!

2017年06月24日 | 政治を考えるヒント

 

 

 記事によると、

「自民党の河村建夫元官房長官は22日、自民党衆院議員の豊田真由子氏=埼玉4区、当選2回=が男性秘書に暴行したり、暴言を浴びせたりしたと「週刊新潮」が報じたことを受け、離党届を提出したことについて「あれはたまたま彼女が女性だから、あんな男の代議士なんかいっぱいいる。あんなもんじゃすまない」と述べた。豊田氏の言動を容認するようにも受け取られる発言だ。首相官邸で記者団に語った。」

とのことです。

 驚きました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■公明党の共産党攻撃ってレベル低すぎ!!!  日本共産党の3つのKとは??

2017年06月23日 | 政治を考えるヒント

 重要な選挙が始まると、共産党を誹謗中傷する正体不明のビラなどが夜陰にまぎれて配布されることがよくあります。
 そのビラの中身をみると、公明党が日頃から言っている中傷と似ていることがよくあるのですが、今回は、ネットで「公明党広報」とアカウントがバッチリ。
 これをみると、これまでの謀略ビラもやっぱりそうだったのね、とうなづくしかありません。

 しかし、この中身はなに?
 ウソと(意識的)誤解のオンパレード。

 こんな認識しかできない政党ってなに?


 なので、下のように、揶揄仕返されちゃうんですね。



 でもでも、公明党の言っていることどこが間違っているの? と思われる方は、下記のQ&Aをご覧ください。


 また、実績横取りについてはわざわざ調べてくださった方も。ご参考にしてください。


 そして、最後に日本共産党の自己紹介です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【6月議会・一般質問(2)】軍隊や武器を身近にさせる基地との友好は控えるべきでは!

2017年06月22日 | 綾瀬市議会あれこれ

 6月19日に行いました一般質問の概要をお伝えいたします。

 二つめのテーマは、

 軍隊や武器を身近にさせる基地
 との友好は控えるべきでは    です。

 Q 厚木基地で4月29日行われた春の親善祭りで、米軍ヘリの機銃の操作を、米兵が子どもらにレクチャーする事件が起きたが、市はどう対処したのか。
 A 市民が銃器操作を行える展示は好ましくないと申し入れ、今後配慮すると米軍より説明を受けている。

 Q 以前、大和市長が基地との友好を中断したことでNLPが全面的に硫黄島で実施されるようになった。今のままの市の対応でいいのか。
 A これまでどおり対応していく。

 Q 市は基地を観光資源としているが、基地の整理・縮小・返還の市是に反しないか。市民の祭りに米軍が参加することに違和感をもつ市民もいることに配慮を。
 A あるものは有効に活用していきたいと考えているが、慎重に対応していきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【6月議会・一般質問(1)】教育勅語は使用しないと教育長が明言!

2017年06月22日 | 綾瀬市議会あれこれ

 6月19日に行いました一般質問の概要をお伝えいたします。

 一つめのテーマは、

 道徳を戦前の「修身」のような
 教科にさせないために      です。

 Q 戦前に、国民にお国のために命をすてろ、という教育がなされた認識はあるか。
 A 一時期、そのような教育がされたという意見や評価があることは承知している。

 Q その教育のおおもとに教育勅語がある。勅語の12の徳目を評価する声があるが、これは「皇運を扶翼」するための徳目で、しかも「夫婦相和シ」などは男尊女卑の教えであり民主主義と相いれない。この勅語をどう扱うのか。
 A 本市では教育勅語を児童・生徒への指導のための教材として扱う考えはない。

 Q 銃剣道が学習指導要領に位置づけられたが、これは旧日本軍の殺人戦闘術だったもので、日本の伝統武道でもない。これを中学の授業でどう扱うのか。
 A 中学の体育の武道において銃剣道を扱うつもりはない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆凶暴パワハラ暴言暴行ミュージカル代議士「豊田真由子」のバースディカードは公選法違反では?

2017年06月22日 | 政治を考えるヒント

▲豊田真由子氏HPより

 本日発売の「週刊新潮」によれば、自民党の豊田真由子代議士が秘書に対し聞くに堪えない暴言・暴行を繰り返していたとのことです。

 豊田代議士の暴行を告発した元秘書によれば、殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されているとのこと。

 また、暴言の数々はしっかりと録音されていました。それは、「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)とのこと。

 その録音の一部再生によると、

豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!〉

 音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言や、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられていたことが、ワイドショーでも流されました。

 

 あまりのひどさにボーゼンです。

 このパワハラは、代議士失格でしょう。議員辞職を求めていきましょう。

 それと、ことの発端は秘書がバースディカードの宛名を間違えたことだそうですが、有権者にバースディカードを配るのは公職選挙法違反のはず。秘書が間違えたということですから、議員本人の自署でもないと思われますし・・・。 
 ここでも議員失格の可能性が大ですね。


<壮絶>自民党超エリート「豊田真由子」議員が秘書に罵声暴行

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■【詐欺注意】民事訴訟管理センターからのハガキは詐欺!!! 注意を!!!!

2017年06月22日 | 知ってお得のこの制度

 

 この詐欺は、電話をすると最終的にプリペイドカードをコンビニなどで買わせ、そのカードのナンバーを聞き出してそこからお金を詐取するという手口のようです。

 全国の消費生活センターによると、プリペイドカードを不正に取得しようとする「詐欺業者」とのトラブルについて次のように注意が喚起されています。注意しましょう!!!

 「最近寄せられるトラブルをみると、「業者に料金を請求され、その支払手段としてサーバ型プリペイドカードの購入を指示され、要求されるままにカードに記載された番号等を伝えてしまった。だまされたと思うので返してほしい」といった相談のように、プリペイドカードの購入を指示する手口が出てきています。プリペイドカードは様々なところで広く販売されていることから、トラブルの拡大が懸念されます。

 カードに記載された番号等を相手に伝えることは、購入した価値を相手に全て渡したことと同じです。後になって架空請求等によりだまされたことに気づいても、いったん相手に渡した価値を取り戻すことは非常に困難です。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月20日(火)のつぶやき

2017年06月21日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月19日(月)のつぶやき

2017年06月20日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月18日(日)のつぶやき

2017年06月19日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加