上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】

神奈川県綾瀬市政の動きを縦軸にしつつ、
横軸は四方八方に広がります。
綾瀬市議会議員上田博之(日本共産党)です。

「ブログ村ランキング」の応援クリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村ランキングに参加中です。
「ブログ村」アイコンのクリックを
お願いいたします。

■南京虐殺は“人数に関係はありません”のお立場「三笠宮殿下」

2016年10月28日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆経済建設常任委員会で行政視察報告(豊橋市・安城市)

2016年10月27日 | 綾瀬市議会あれこれ

 10月24日~25日の二日間、愛知県の豊橋市と安城市の2市の事業を視察してきましたのでご報告いたします。

■豊橋市
ドラマなどの撮影を市内で

 綾瀬市では映画やドラマの撮影を綾瀬市内で行なう「綾瀬ロケーションサービス」に取り組んでいます。

 2014年4月のオープン以来すでに40作品以上の撮影が行なわれています。市民エキストラも200人以上が登録されています。最近では剛力彩芽主演の「グラメ~総理の料理人」の撮影も市役所で行なわれました。

 豊橋市では、ロケ隊が市内で消費する経済効果だけでなく、ロケ地の観光地化や地域を舞台にした作品を通じて、地域住民の地域に対する愛着や誇りを高める取り組みが行なわれていました。
 綾瀬市においても、ロケが行なわれたことをもっと市民に知らせ、話題になるような取り組みがされると楽しくなりますね。

■豊橋市
市民協働でゴミ減量化!

 市民の力でゴミの減量化を達成していることでは、綾瀬市民も大いに見るべき成果をあげていますが、いくつか参考になりそうな取り組みがありました。
 市民の中に“環境アドバイザー”を育成し、またゴミの副読本を作成し小学生への環境教育を長年行なっている。
 生ゴミ処理機への補助金を増額するだけでなく、そこでできた乾燥生ゴミを野菜やトイレットペーパーと交換する取り組み。生ゴミ処理機の1カ月無料レンタル制度も。
 スーパーのレジ袋有料化をすすめ、協賛店から寄せられたその袋代をプールし、環境問題にとりくむ団体などへ助成。
 リサイクルステーションを市内6ヶ所に設け、いつでも資源ゴミを分別して出せる。
 
 ゴミの減量化! いっそう取り組みましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月24日(月)のつぶやき

2016年10月25日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月23日(日)のつぶやき

2016年10月24日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月21日(金)のつぶやき

2016年10月22日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月20日(木)のつぶやき

2016年10月21日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月19日(水)のつぶやき

2016年10月20日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月18日(火)のつぶやき

2016年10月19日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月17日(月)のつぶやき

2016年10月18日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■厚木基地にもオスプレイを2機配備・・・か?

2016年10月17日 | 平和○・憲法○・米軍基地×


 記事によれは2025年。
 いまから9年後。
 そのときは空母の艦載機は、岩国か?

 それなら、厚木にはオスプレイは配備されないのか?

 たとえ配備されなくても、頻繁に飛行してくる可能性は高い。

 いや、9年後には撤退させていたい! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月16日(日)のつぶやき

2016年10月17日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月15日(土)のつぶやき

2016年10月16日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月14日(金)のつぶやき

2016年10月15日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆“ホタル博士”になって、環境学習のお手伝いをしました

2016年10月13日 | ほたるの保存と綾瀬の環境

 私が“綾瀬城山ホタル保存会”の副会長だということは知る人ぞ知ることですが、ここ数年、私が“ホタル博士”に年に2回くらい変身していることはほとんど知られていないでしょう。
 今年も10月11日に城山公園のホタル生息地で、北の台小の3・4年生にホタルの不思議についてお話をさせていただきました。
 これは「NPO法人 ふるさと環境市民」が環境教育として行なっているもので、ホタル博士だけでなく、エネルギー博士、地球博士、歴史博士、カルタ博士、ソーラー博士など計6名の博士が子どもたちと一緒に学校の授業の一環として学習しています。

 手作りの博士ハットに、ガウンをまとっている姿、いかがでしょうか? キマッテいますか?
では、ここで、ホタルクイズ! イエスかノーでお答えください!
①ホタルは世界に約2000種類いますが、その幼虫のほとんどは、水中で暮らしている。
②ゲンジホタルのエサは、カワニナという巻貝だけである。
③ホタルは、卵のときも幼虫のときも光っている。
④同じゲンジホタルでも、関西のホタルと関東のホタルでは、光る間隔が違う。

 さて、いかがでしたでしょうか。答えは①はノー、他はすべてイエスです。
 水中で生活するホタルは、ゲンジホタルとヘイケホタルのほかは世界広しといえど数種類しかいないのです。
 実は生物学上、非常に希少なゲンジとヘイケ。綾瀬市内でかろうじて生き残っているホタル。もっと大切にしたいですね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月12日(水)のつぶやき

2016年10月13日 | 政治を考えるヒント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加