上田博之のあやせタウンWeb【ブログ版】

神奈川県綾瀬市政の動きを縦軸にしつつ、
横軸は四方八方に広がります。
綾瀬市議会議員上田博之(日本共産党)です。

「ブログ村ランキング」の応援クリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村ランキングに参加中です。
「ブログ村」アイコンのクリックを
お願いいたします。

◆プラスチックごみのリサイクルには危険がいっぱい

2008年08月28日 | ほたるの保存と綾瀬の環境
  7月31日のブログの続編です。

  そこでは、今回あらたに回収するプラスチックを粉砕し、紙や木屑と混ぜ合わせで「固形燃料」をつくる計画があり、この行程で、多種多様な化学物質が発生し、これらの化学物質が、そこで働く人や、周辺に住む住民に深刻な健康被害をもたらすかもしれない、と指摘させていただきました。

  この問題は6月議会の一般質問で取り上げましたので、ネットで公開される議事録もどうぞご覧ください(9月2日にネット上に掲載されます。入口は
綾瀬市議会会議録検索システム)。

 プラスチックは便利ですが、いろいろな添加物が使われているため、強い力で粉砕・圧縮などすると、化学物質過敏症だけでなく、発がん性や生殖、遺伝にかかわる毒性をもつ化学物質を無数に飛散させます。
 しかも人間が分析できているのは私たちの周囲にある約10万種の化学物質のうちわずか2000種ぐらいとのことですので、環境基準内となっていても本当に危険がないとはいいきれないわけです。

  東京の杉並区のプラスチックごみの中継所では、目・鼻・口内の異常、呼吸・肺の苦しみ、ホルモン異常、指関節の変形、ガン、記憶力・集中力の低下などあらゆる身体的変調が集団で発生した、俗に「杉並病」と言われる問題も起きています。当時、杉並区の担当課長が「施設の稼働停止」を求めましたが、都は「環境基準内」と拒否し、被害を拡大しています。

  私は、綾瀬市のプラスチックごみを処理する施設を見学したことがありますが、1時間くらいたったところで、目がしょぼしょぼしてきて、頭がぼ~となり、集中力が完全になくなり、一刻も早くこの場所から逃れたい、となった経験があります(のちほど聞きましたら、異変がおきたのは私だけではありませんでした)。
  トップの写真は、2007年2月に見学したときのもので、完成した固形燃料の貯蔵庫では自然発熱によりこのようにもうもうと水蒸気がたちのぼっています。このなかに無数の化学物質が・・・。


▲プラスチックと紙と木片から作られた固形燃料


  今回の質問では、こうした危険性が予測される事業なので、業者任せでなく、市として責任ある対応と、独自の分析を行うように求めました。
  しかし、市はそんな簡単で基本的なことも拒否。口先で「安全に配慮」というだけにさせないため、ひきつづき取り組んでいかなければなりません。 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! さて今何位でしょうか??
                         また、他の議員の方のブログをご覧になりたいときもクリックしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆南関東防衛局に自衛隊新型ジェット機について問い合わせ

2008年08月27日 | 平和○・憲法○・米軍基地×

  これまでもブログでお伝えしてきましたが、自衛隊が国産エンジンで開発している次期固定翼哨戒機(XP-1)は、この8月から厚木基地で性能評価試験等を行うとされていました。しかし、8月もまもなく終わろうとしているのにXP-1が飛来した形跡はありません。
  そこで、大和市平和委員会の宮応会長らとともに南関東防衛局におもむき、報道室官の方々から情報をいただいてきました。
  その主な点をお知らせいたします。

1)XP-1は8月末日をもって岐阜基地において自衛隊に納入される。
2)納入後、岐阜基地において自衛隊のパイロットが飛行訓練をして操縦になれさせる。
3)その後、厚木基地において性能評価試験等をおこなう。
4)そのため厚木基地に飛来するのは9月10日前になると思われる。正確に日程が判明すればマスコミに広報する。
5)性能試験後厚木基地に配備されるかどうかは、試験の結果によるので決定されていない。
6)XP-1の静寂性については、P-3Cと比べて、離陸時で-5db、巡航時で-10db。

  5)については、私が昨年11月に岐阜基地を視察したとき案内にたった自衛官は配備先の一つとして「厚木基地」と明確に回答していましたので、「決定されていない」という言葉は、「正式には決定されていないけれど、厚木基地にはもちろん配備する予定です」、という意味としてとらえなくてはならないでしょう。
  ですから、この聞き取りのなかで、厚木基地にジェット機は乗り入れないとした「ジェット機条項の変更が必要になっていくこともある」、と答弁しています。

  6)については、昨年10月に大和市が独自に調査した騒音比較では、その違いが全くないという結果もでています。測定時にエンジンをふかすかふかさないかで結果はまったく変わってくるようです。

  私は、XP-1の性能評価試験を厚木基地で行うのは、XP-1飛行の既成事実をつくって、自衛隊のジェット機は厚木基地には乗り入れないという昭和46年に国が綾瀬市や大和市にした約束を反故にするための動きと見ています。

  この延長線上には、米軍機だけでなく自衛隊のすべてのジェット機の乗り入れへ門戸を開く道があるのではないでしょうか。

  綾瀬市が、厚木基地の「整理・縮小・返還」を市是としているのは、このような人口密集地に軍事基地は共存できないからです。それは米軍だけでなく自衛隊の基地であっても同じです。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! さて今何位でしょうか??
                         また、他の議員の方のブログをご覧になりたいときもクリックしてください。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

◆綾瀬いきいきまつり、小雨にめげずドドド~ンと大花火でフィナーレ

2008年08月23日 | つぶやき
  夏休み最後をかざる綾瀬市民の一大イベント、「綾瀬いきいきまつり」が8月23日(土)、小雨のなか開催されました。最高気温25度くらいでしたので快適でしたが、やはり人出は雨のため少し少なめでした。

  午後7時半からの花火大会が無事に行われるかとても心配しましたが、なんとか傘をささないでも見ていられる程度におさまり、ホッとしました。しかし、低く雲が流れていて、空高く舞い上がる大きな花火は残念ながら雲の上で炸裂。「あ~、心の中でイメージをふくらませてみなっくちゃ」と私の近くにいた方がつぶやいていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! さて今何位でしょうか??
                         また、他の議員の方のブログをご覧になりたいときもクリックしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆9月5日に映画「日本の青空」上映会~神奈川新聞にでっかく掲載

2008年08月20日 | 平和○・憲法○・米軍基地×
  日本国憲法の戦争放棄の精神は、日本の憲法学者鈴木安蔵氏らが、二度と戦争をしないという平和を願いを具体化させたものだったことがこの映画からわかります。
  今の日本国憲法を「アメリカに押しつけられた憲法」という見方をする方もいますが、実際は、日本人の良心から生まれたもので、映画を見られた方から「日本人としてのプライドをとり戻すことのできる映画でした」と感想が寄せられましたが、本当にその通りです。

  この映画が、9月5日綾瀬市文化会館小ホールで、1回目午前10時から、2回目午後2時から、3回目午後7時から上映されます。文化会館のプレイガイドでチケットを販売していますのでどうぞお買い求めください。(前売り1000円、当日1500円。私もこの映画の上映実行委員会に参加していますので、私にお申込みくださってもOKです。お申込みは、
ueda01@goo.jp まで)

  さて、この上映会のことが8月16日の神奈川新聞にでっかく掲載されました。記事は上映実行委員会に参加されているアメリカ人の方にスポットをあてて記されています。見出しは「米国人が見る憲法の誓い」です。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! さて今何位でしょうか??
                         また、他の議員の方のブログをご覧になりたいときもクリックしてください。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

◆谷川岳登山と利根川上流でラフティング

2008年08月19日 | 山を歩こう
  8月17日から一泊で群馬県水上町に家族旅行してきました。

 17日未明に出発し、午前8時すぎに天神平から谷川岳に登り始めました。水上町は午後から晴れの予報でしたが、山の天気は別で、しだいにガスが立ちこめ、頂上手前の肩の小屋に到着するやいなや激しい風雨となりました。

 少し雨がおさまるのをまって登頂。双耳峰のトマの耳(1963m)だけであきらめようかと思いましたが、空が明るくなってきたので、オキの耳(1977m)まで往復して展望が開けることを期待しましたが、だめでした。
 今回の山歩きは、子どもたちにすばらしい山岳風景を見せたいという思いでしたのでとても残念です。でも、山は最後にしっかりとプレゼントを用意してくれていて、下山途中で谷間にきれいな虹がほんの数分間現れました。

 翌日は、ラフティング(大型のゴム製ボートで急流を下るアウトドアレジャー)を楽しみました。ウエットスーツ、ヘルメット、ライフジャケットに身をつつみ、いざ激流へ(一番の激流の時期はダムの水が放流される5月6月ころだそうですが・・・)。途中で、ボートからおりて、4メートルの高さの岩場からも飛び込みました。勇気をもって、ええい、ままよ、と・・・・ドボ~~ン。やればできる、何事も。


 ふう、筋肉痛の日々がつづくでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! クリックして応援してください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆平和の願い、広島から長崎から世界にとどけ

2008年08月06日 | 平和○・憲法○・米軍基地×
  8月6日です。63年前のこの日、広島に原爆が落とされ、瞬時に数万人の命を奪い、その後も後遺症などで多くの人命を奪い、いまなお多くの方が苦しみ続けています。

  私たちは、二度と戦争はしない、核兵器は二度と使わせない、の決意で戦後の日本を築き上げていました。

  その決意と願いがいま、広島に結集しています。友人のK氏も広島で行われている「原水爆禁止二〇〇八年世界大会」に参加しています。きっと暑さに喘ぎながらも、平和な未来を見据えていることでしょう。

  広島に行けなかった私たちも、毎年広島・長崎まで歩き継がれる「反核平和行進」に参加することで、その思いをとどけています。

  今年の平和行進が綾瀬市を通過したのは、5月12日でした。トップの写真は、その平和行進が、米軍厚木基地の正門前で、アフガンやイラクへの侵略に抗議し、日本国憲法の平和条項9条を守る誓いをしているところです。

  この行進には、前の参議院議員で、現在、日本共産党の衆議院比例代表候補であるはたの君枝さんも参加されていました。


(白い帽子の右から5人目がはたの君枝さん)


  私は、昨年につづき平和行進の「総指揮」をつとめ、行進の一番先頭を歩きました。




ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! クリックして応援してください。

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

◆枝木におおわれて路面を照らさない街路灯が復活

2008年08月05日 | つぶやき

  小園にあるレストビラ脇の街路灯が、写真のように民地からはりだした枝木におおわれてしまい、路面をほとんど照らさなくなっていました。

  地元の防犯部の方も「ぜんぜん役にたっていないんだよな」と心配されていました。

  市に状況を伝えたところ、地権者の方から承諾をいただき、5日に無事伐採されました。


▲無事、伐採がおわりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! クリックして応援してください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

◆浴衣を着て盆踊り踊りました

2008年08月03日 | つぶやき
  8月3日、地元自治会の「納涼盆踊り会」が行われました。昨年は突然の雷雨で途中中止になってしまいましたが、今年は盆踊り日和。私も浴衣を着て踊らせていただきました。踊ったのはたしか「炭坑節」「大昭和音頭」「防火音頭」「ありがとう」だったかな。「綾瀬音頭」はむずかしくて今年はパスしました。来年こそ・・・・。

  事前の練習会にも参加して備えましたので、ぎこちないながらもなんとか踊れたかな。少し??メタボな体型なので浴衣は似合うようで、おほめの言葉をたくさんいただきました。お世辞でもありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! さて今何位でしょうか??
                         また、他の議員の方のブログをご覧になりたいときもクリックしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆米原子力潜水艦、またまた放射能漏れ事故! 横須賀の原子力空母は大丈夫?

2008年08月02日 | 平和○・憲法○・米軍基地×
 ニュースで、今年3月に長崎県佐世保の米軍基地に寄港したロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦ヒューストンが、微量の放射能が混じった水を漏らしていた可能性があることが8月2日報じられました。

  アメリカの原子力潜水艦が放射能漏れを起こしたのは、初めてのことではありません。私の記憶では、2006年9月には横須賀港に寄港した原子力潜水艦ホノルル号も放射能漏れ事故を起こしています。(もちろん他にもたくさんあります)

  米政府は2006年4月公表の原子力艦船の安全にかんする文書で、原子炉は「四重の防護壁」によって放射能の流出はないと強調していました。その直後に横須賀の事故は起きるというおそまつさでした。

  重大な火災事故を起こした原子力空母ジョージワシントンが、9月末に横須賀に配備されるとの報道もありました。重大事故につながる火災事故を起こした原子力空母、「四重の防護壁」があるというのに放射能漏れをおこすアメリカの原子力艦船。こうした事実の前に、どうして安全だと言い切れるのか。万が一事故を起こしたら、日本の首都圏は壊滅し、何百万人の人が死に、綾瀬市も人が住めない地域になるというのに。

  いま、横須賀基地近くの海では、奇形のハゼがつれるそうです(写真は、神奈川県保険医協会提供)。

  その原因は、原子力空母の配備を前に、海底をさらに深くする必要があるため行われた浚渫工事にあるのではないかと言われています。この浚渫で、米軍基地からどんどん垂れ流された有機洗浄溶剤や重金属などが沈殿していた汚泥が拡散され、それらを体内に入れたハゼに奇形が発生したと考えられるからです。

  わたしは、原子力艦船の放射能漏れがその原因だと、言われるときがもうそこまできているようでこわくてたまりません。

  みなさんは平気でいられますか?


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ村ランキングに参加中! クリックして応援してください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加